[すごい]シリーズ最大!VS-7095Nはどれだけ入る?収納力を実際にチェック!

大人気のタックルボックス、明邦化学のラン ガンシステムボックスシリーズに、最大モデ ルとなるVS-7095Nが登場! あらゆる釣 りに対応する充実の収納力を活用すれば、 釣りがさらに充実することまちがいなしだ!

>>VS-7095Nの収納例を写真で見る<<

●文:ルアーマガジンソルト編集部

2024 チニング特集

ランガンシステムボックス VS-7095N[MEIHO]

ランガンシステムボックスは、コンパクトなモデルから大容量モデルまで、スタイルに応じたサイズを選択できることでも人気のシリーズ。

[SPEC]
●サイズ:475mm× 346mm×320mm
●付属品:本体可変仕切板×2枚/滑り止めゴム

最新のVS-7095Nは、その中でも最も容量の大きいモデルで、好評のリフトアップシステムやハンドルストッパーも搭載し、ストレスなく使用できるのが特徴。カスタムパーツで自由にカスタマイズできるのも嬉しい。

ランガンシステムボックスのVS‐7095Nは 、内部にトレーと跳ね上げ可能なフタ付きインナーケースが付属する。トレーは写真のように外側にも取り付けられるので、ルアーや小物など、一時的に置いておくような使い方も可能。フタ付きのトレーは跳ね上げが可能なので、下段の収納にスムーズにアクセスできる。

買ってそのままでも 十分使える高機能!

そこまで大きくなくていい、という場合の一回り小さい選択肢 

一回り小さいと言っても、VS-7095Nがリリースされるまでは、ランガンシステムボックスの最大サイズだったVS-7090N。収納容量も十分で、最新の機能を搭載しているため使い勝手もいい。そこまでの大容量が必要ないという場合は、このVS-7090Nが最適な選択肢となるだろう。 

ランガンシステムボックス VS-7090N [MEIHO]
サイズ:440×293×293mm
付属品:本体可変仕切板×2枚/滑り止めゴム

様々なタイプのケースで、バーサスVS−7095Nの収納力をチェック!

では、シーリーズ最大の収納力を誇るバーサスVS−7095Nが、実際にどれほどのケースを入れることができるのか? 明邦の各種ボックスを収納することで、チェックしていこう。

深底タイプのNDDサイズを横に6個、縦に4個収納可能

底が深く、ルアーなどをタップリ収納できるNDDサイズの収納例。横なら6個をスッポリと入れられる。縦に並べた場合は4個入り、写真右側に別のものを入れる余裕ができる。

[NDDケースの参考スペック]
サイズ:255mm×190mm×60mm

NDサイズは、縦だと6個並べて入り、さらに余裕のスペースも!

NDDよりも底は浅めのルアーケース(VS-3020NDなど)を、VS-7095Nの下部収納に入れてみたところ、縦位置では6 個が入って写真右側には余白ができる。真ん中に仕切り板を設置すれば、ルアーケースとその他の荷物と分けて収納できて便利だ。

[NDサイズ参考スペック]
サイズ:255mm×190mm×40mm

スリムなNSサイズなら、かなりの数を収納可能! さすが大容量!

スリムなケースVS-3020NSなら、写真のように大量に収納可能だ。縦位置だと9個と、さすが大容量ボックスの収納力だ。 間仕切り板をうまく使えば、NSサイズのケースとその他の収納物と分けてきれいに収納可能だ。

[NSサイズ参考スペック]
サイズ:255mm×190mm×28mm

NDD、ND、NSなど混合での収納もアリ

様々なサイズのルアーを使用する釣りにおいて、いろんなサイズの収納ケースを使用する場合も多い。NDDとND、NSなどの組み合 わせにも、VS-7095Nは対応する。付属の間仕切り板をうまく活用するのが収納のコツとなる。 

ルアーマガジンソルト2023年8月号に記事掲載!

2023年6月21日に発売したルアーマガジンソルト2023年8月号には、今回の記事がフルで掲載されている。続きが気になった方は、是非とも本誌でチェックしてみてほしい。


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。