ショップ店員が選ぶ「釣れる」トップウォーターランキング!《ラインスラック》

ルアーショップのスタッフに聞いたおすすめトップウォーターランキングを、ご当地ならではの使い方や釣れる理由も合わせて紹介! 今回は「ラインスラック」の小倉英次さんにお話を伺った。それではランキングスタート!

●文:ルアマガプラス編集部

2024 チニング特集

ラインスラック

東京の下町浅草にある、フィッシングギア&タックルメーカー。オリジナルの商品をメインに扱う1Fのアンテナショップでは、ルアーの動きをチェックできる水槽も設置。小倉さんが採ってきたオヤニラミを多数飼育中(里親募集中)。
●住所:東京都台東区浅草6丁目40番4号
●電話番号:03-5824-0330

小倉英次さん

牛久沼をホームに、2オンス以上のトップでデカバスを狙う過激なスタイルで話題になった人物。ラインスラック商品開発者として、各所メジャーフィールドでテストした可愛くてよく釣れるルアーを数多くリリースしている。

「ラインスラック」釣れるトップウォータールアーランキング

1位 セビレ[OGU ラインスラック]/セビレは着水後の巻き始めが一番釣れます!

「やはり一番釣果報告が多いのがセビレ。キャストしたら、まず5秒待ってからスローリトリーブ。巻き始め30センチまでで食わせるイメージで使ってください。やたらめったら投げて長く引くルアーじゃありませんよ。一級ポイントに投げて巻き始めで食わせてください!」

2位 スーパールーパー7[OGU ラインスラック]/これからの時期に効果的なコンパクトサイズ!

「バスが神経質になるアフターの時期にはスーパールーパー7がおすすめ。ただ巻きでも線の釣りもできるし、一点での首振りもできます。ひと口サイズなんで、どんな場所でも使ってもらえますよ」

3位 パニックジャック[OGU ラインスラック]/立ち浮き系のパニックペンシルベイト

「ロッド操作だけでなくリーリングのデジ巻きで綺麗にパニックアクションします。小さなリップで飛沫やサウンドが出るようになってます。飛距離が抜群に出るので、突然起こるボイルにも対応できますよ」

4位 スーパールーパー10[OGU ラインスラック]/オールマイティに使えるジョイントウエイクベイト

「これも着水後はちゃんと待って、2~3アクションで食わす。移動距離を抑えての首振りもできるし、クランクベイト的に巻いても釣れます。ちょうどいいサイズ感で、自分の中で使用頻度が高いルアーですね」

5位 ロペ[OGU ラインスラック]/カバー上でシェイクしてゴロゴロ鳴らす!

「ダブルフックでフロッグのようにカバーの上を引いてこれますよ。カバーの上でシェイクして、ゴロゴロとタングステンボールを鳴らして誘ってください。琵琶湖ではロクマルもキャッチしました!」

  • 6位 スーパールーパービッグ[OGU ラインスラック]
  • 7位 ヘラ[OGU ラインスラック]
  • 8位 タイニージャック 今年発売予定[OGU ラインスラック]
  • 9位 ジミーJ[OGU ラインスラック]
  • 10位 トップジョージ[OGU ラインスラック]

『ルアーマガジン』2023年9月号 発売情報

ルアーマガジン史上初めてのスモールマウス×オカッパリの表紙を飾ってくれたのは川村光大郎さん。大人気企画「岸釣りジャーニー」での一幕です。その他にも北の鉄人・山田祐五さんの初桧原湖釣行や、五十嵐誠さんによる最新スモールマウス攻略メソッドなど、避暑地で楽しめるバス釣りをご紹介。でもやっぱり暑い中で釣ってこそバス釣り(?)という気持ちもありますよね? 安心してください。今年の夏を乗り切るためのサマーパターン攻略特集「夏を制するキーワード」ではすぐに役立つ実戦的ハウツー満載でお送りします! そして! 夏といえばカバー! カバーといえば…フリップでしょ!! 未来に残したいバス釣り遺産『フリップ』にも大注目ですよ!


※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。