マゴチ・メッキ・キビレ!河川のボトムゲームがお手軽で楽しすぎる!釣れる最強タッグルアーを紹介!

河口域から中流域でのボトムゲームは、チヌを始め、多彩なターゲットがヒットしてお手軽に楽しめる釣りだ。そこで、メジャークラフトの広瀬さんに、ボトムゲームの解説をお願いした。

●文:ルアマガプラス編集部

2024 チニング特集

アングラー紹介

広瀬 達樹(ひろせ・たつき)

「ヒロセマン」の愛称でお馴染み。様々なルアーフィッシングに精通し、誰もが理解し実践できるハウツーをあらゆる釣りメディアでお届けする“ルアーフィッシングの伝道師”

郡山 善充(こおりやま・よしみつ)

九州宮崎県を拠点に、ショア・オフショア問わず釣りを楽しむサラリーマンアングラー。メジャークラフト社のフィールドスタッフを務め、ヒロセマンを強力にサポートしてくれた。

活性の高い魚を求めて、上流側から実釣開始!

朝イチで向かったのは河川の中でも比較的上流のポイント。

郡山「 朝の活性が高い時間帯はベイトを求めて、上流部まで遡上していることが多いです。そんな魚を狙ってポイントを選びました」

浅くなった対岸までキャストしサーチ、 少しずつ移動し探っていく広瀬さん。

ヒロセマンと郡山さんは、リフト&フォールアクションを軸に時折ズル引きを織り交ぜて狙っていく。早速反応をとらえたのは郡山さんだった。

郡山「 マゴチです。チヌキャンディとチヌクローの組み合わせでヒットしました」

ファーストヒットは郡山さんに良型マゴチが飛び出した。「このポイントではマゴチもよく釣れるターゲットです」

【ヒットルアー】

チヌキャンディ+チヌクロー2.3in[メジャークラフト]

新たにリリースされたチヌクロー。特徴はリトリーブやフォール中に水の抵抗を受け波動を起こしアピールするクロー(爪 )や、抜群の集魚効果を発揮するエビ風味の強い匂い。チヌのみならずフラットフィッシュやロックフィッシュでも実績の高いワームだ。
広瀬「チヌキャンディとの組み合わせでは2.3in、テキサスリグやフリーリグで使う場合は2.7inが おすすめです。匂いはターゲットを強く引き寄せますが、パッケージはしっかりと閉めておかないと大惨事になります(笑)」

広瀬「 マゴチもチニングでは定番のゲストですね。テーマやアイテムはチヌを対象にしていますが、エリアによって差がありますが他にもメッキやヒラメ、シーバス、ハゼ等いろんな魚が釣れます。外釣りです」

しばらくして広瀬さんにも反応が。上がってきたのはロウニンアジの幼魚メッキ。

チヌキャンディとチヌクローの組み合わせで、フォール中にヒット! すごい威力…!

【チヌキャンディ】

ズル引きに適したアイテムだが、リフト&フォールにもしっかりと対応。上方向に向いて保たれたハリ 先は、フッキングの良さと同時に、根掛かりの軽減にも寄与している。

広瀬「 同じくチヌキャンディとチヌクローの組み合わせでヒットしました。いろんな魚がベイトを追いかけて河川に入っていますね」

ところで、どんなものがベイトになっているんですか?

広瀬「カニやエビといった甲殻類、それとハクなど。チヌは雑食なのでなんでも食べていると思います。意外と多いのはハゼです。ハゼが多いところもチヌ狙いでは好ポイントの目安です。関西の身近な釣り場だと、淀川や武庫川のハゼ釣りで賑わう場所も良いです。チヌを狙っているとハゼが掛かる時があるんですが、その掛かったハゼを狙って、すごい勢いでチヌが追いかけてくることがよくあります」

【河川にいるベイト】

広瀬「 このままではメッキマンとマゴチヤマやな~(笑)」

笑いに走る広瀬さんに釣れた状況やアクションのコツを聞いた。 

広瀬「 状況的にはやっぱり、ズル引きよりもリフト&フォール。フォールでバイトが多く出ています。フォール中のバイトにしっか り対応できるかどうかが大事なので、感度の良いタックルが必要になってきます。根掛かりが多いボトム狙いでは、根掛かり回避能 力も重要なポイントです」

するとここで、待望の本命バイト!

広瀬「 キビレです。マチヌと比較してアグレッシブにルアーを追いかける性格の魚です。地域によってどっちが釣れるかといった傾向があります」 

郡山「 宮崎では圧倒的にキビレが多いですよ。少し移動して他の場所も探ってみましょう」 

ヒロセマン流 アイテム&サイズの使い分け

広瀬「チヌクローは2.7inのほうがボリュームがあり、チビレ(小さいキビレ)が多いとき等に交換して大型狙いの場合に使ってみても良いかと思います」

チヌクロー(メジャークラフト)。上が2.3inで下が2.7in。ボリューム感に違いに注目。

チヌクローのニオイは強烈!「く…臭いっ!でも、コレが効くんですよ〜!」

広瀬「チヌキャンディやチヌブレードのサイズ(重さ)は 、重いと根掛かりやすくなるので出来るだけ軽いものを使用し、狙うポイントの距離に合わせて使い分けてください。またフグが多いエリアでは、ワームをかじられて一瞬でボロボロになってしまうことがあります。 ワームでは釣りにならな いため、チヌブレードはマストで用意しておきたいアイテムです」

チヌブレード(メジャークラフト)
リフト時やリトリーブでブルブルと波動を出しアピール力の強さが特徴の小さなメタルバイブ。根掛かり軽減を考慮したダブルフックを採用しボトムズル引きにも対応する。

次ページ:即アワセのリフト&フォール!早アワセ厳禁のズル引きテク!