【右投げなのに右ハンドルも使うの!?】伊藤巧が教えるカバー撃ち用タックルの基礎理論と具体例

利根川水系を始めとしたマッディシャロー系のフィールドを得意とする伊藤巧さんは、カバー撃ちに対する造詣がかなり深い。ここではカバー撃ちに対する基本的な考えや使うべきタックルに関して紹介しよう。

●文:ルアーマガジン編集部

2024 チニング特集

伊藤巧さんのプロフィール

伊藤巧(いとう・たくみ)

TBCでの活躍からはじまり、陸王・艇王を獲得。今ではバス釣りの本場・アメリカで行われるB.A.S.S.バスマスター エリートシリーズに参戦。日本人最強クラスのトーナメンター。

撃つ場所の意識と『道具立て』が8割

ストレスなくカバーを撃てる道具が必須

伊藤「難しく考えずに、まずはいいなと思ったところをストレスなく撃てるものを使いましょう。僕が狙う魚は基本、カバーを使ってごはんを食べたい魚です。なので、しっかりルアーを届けさえすれば、アグレッシブに食ってくることがほとんど。故に、カバーの奥で食っても掛けられる、獲れる道具立てが結果的に釣果に繋がります。もちろん、食いが浅い場合や口を使ってくれないと感じた場合はフォローやフィネスに切り替えますが、まずはテキサスリグのような王道のモノを撃ってからでも遅くないはずです」

昨今、釣るのが難しくなったと言われるカバーの釣りで伊藤さんはシンプルかつバルキーなリグで真っ向勝負。それを支える技術と知識を備えているのはもちろんだが、やはり『カバーは食卓』という捉え方と狙う魚の違いが大きい。

伊藤「でも、カバーの釣りは障害物を撃つのでパワーの伝達不足ややり取りなど、文字通り食ってからの障害も多い。だから、せっかくの貴重なバイトをしっかり獲って、キャッチするまでの道具立てが重要なんです」

ココが巧!

撃つ場所にいる魚の状態を意識せよ!

写真のカバーは、流れが一番当たる左上、枝の密度が濃い真ん中、流れを避ける右下など、撃つべき場所の状態が違う。

伊藤「自分がこれから撃つ場所にもし魚がいるならどのポジションで、どの向きにいて、どの状態であるかを意識できますよね。常にこれを考えることが重要です」

カバー撃ちの代名詞「テキサスリグ」用タックル

エスケープツイン【ノリーズ】

スリムなボディとバルキーなツインパドルでカバー抜けの良さとアピールを両立したエスケープツインを主に使用。フックはリミットの3/0を針先を出さずにセットし、ヘビーカバーにも対応。

タックルデータ

  • ロッド:ロードランナーストラクチャーNXS エリートスペックSTN730Hプロトタイプ(ノリーズ)
  • リール:メタニウムXG+夢屋シャロースプール(シマノ)
  • ライン:スマックダウン ステルスグレーブレイド 65lb(シーガー)
  • リーダー:グランドマックス 6号(シーガー)
  • フック:リミット3/0(リューギ)

ヘビーカバータックルは右巻き

ピッチング主体の釣りでは手返しを重視して左ハンドルが基本の伊藤さん。しかし、ヘビーカバータックルだけは利き腕によるパワフルな巻取りを重視している。

カバーを切り裂くPEライン

写真のようなブッシュを攻める場合、何本もの枝をまたがってアプローチすることもしばしば。 [写真タップで拡大]

そんなシチュエーションでもPEラインなら、安心の強度かつ、フッキング時にカバーを切り裂くこともあるためキャッチ率が上がるそう。 [写真タップで拡大]

ナイスプロポーションのヘルシーな個体。

伊藤「やる気があるから落ちパクです! 積極的にフィーディングしている魚でしょうね。バスがカバーを使ってフィーディングする限り、カバーの釣りは不滅ですよ」

PEラインは強度以外にも、伸びがないので枝越しでもフッキングパワーをしっかり伝達。針先を出さないフックセットのデメリットも解消できます!

カバー撃ちバリエーション1:リアクション誘発の長距離砲

フリップドム【ノリーズ】

高比重フォールベイト。飛距離はもちろん、スキッピング性能抜群。長距離のカバー撃ちに重宝。

伊藤「撃つ先が枝などの堅いカバーの場合は、枝に絡みにくいファットイカを使います」

スキッピングによる『壁ドン』

アシ壁や垂直護岸など、スキッピングでアプローチし、壁際に追い込まれるベイトを演出。壁に衝突した衝撃でリアクションのスイッチを入れる攻めのアプローチ。

タックルデータ

  • ロッド:ロードランナーストラクチャーNXS STN720H(ノリーズ)
  • リール:メタニウムHG+夢屋シャロースプール(シマノ)
  • ライン:R18フロロリミテッドハードBASS 20lb(シーガー)
  • フック:インフィニ4/0(リューギ)

カバー撃ちバリエーション2:フィネスフリップの超定番

4inヤマセンコー【ゲーリーインターナショナル】

ライトカバーからインビジブルストラクチャーに対応するカバー撃ちの超定番。伊藤流はグラブガードを装着し、回収効率をアップ。

カバー越しでの落ち感がイマイチの時はお尻側に1.3gのネイルシンカーを挿入。

タックルデータ

  • ロッド:ロードランナーストラクチャーNXS STN720MH(ノリーズ)
  • リール:アルデバランBFS XG(シマノ)
  • ライン:R18フロロリミテッドハードBASS 12lb(シーガー)
  • フック:リミット3/0(リューギ)

バンクもある意味カバーかな(笑)? コンクリート護岸で手長エビをフィーディングするバスにすかさずヤマセンコー投入。バンクに一度乗せてからのコロポチャでヒット!

カバー撃ちバリエーション3:吊るし

カメラバ4g+スイッチオントレーラー【ノリーズ】

タックルデータ

  • ロッド:ロードランナーヴォイス ジャングル 700JHS(ノリーズ)
  • リール:ヴァンキッシュ2500SHG(シマノ)
  • ライン:R18 完全シーバス1.5号(シーガー)

サンカクティーサン7g ネコリグ【ノリーズ】

タックルデータ

  • ロッド:ロードランナーストラクチャーNXS STN670MH-St(ノリーズ)
  • リール:アルデバランXG(シマノ)
  • ライン:R18フロロリミテッドハードBASS 12lb(シーガー)
  • フック:ダブルエッジ1/0(リューギ)

『吊るし』による1点のアプローチ

伊藤さんがカバーの釣りで奥の手にしている3枚のカードのひとつが『吊るし』。食い渋ったカバーの奥にいるバスにも有効。「この釣りは居つきのカバーにも有りですね」。ちなみに残り2舞は『水面』と『逃がし』。


最新の記事