魚のバラシを劇的に軽減!秘密は良く曲がり粘るロッド。ワームの使い分けをレジェンドに訊く!

東京湾で大流行中のフリーリグを用いたチニングゲーム。なかでもパイオニア的な存在であるガイド船「オレンジフィッシングボート」の船長を務める若杉さんにチニングに使用するロッドの解説と、状況別ワームセレクト術について解説していただいた。

●文:ルアマガプラス編集部

2024 チニング特集

解説は東京湾ボートチニングのレジェンド若杉さん

若杉貴裕(わかすぎ・たかひろ)
オレンジフィッシングボートの船長として、東京湾ボートチニングを広めたレジェンドチニンガー。元々は陸っぱりチニングを年間300日以上やり込み、そのノウハウをボートでも発揮。レジットデザインフィールドスタッフ。

濁っているほど良く釣れ、澄んでくると警戒心UP

手軽さとファイト、引き味などルアーフィッシングの醍醐味が存分に楽しめることで、関東でも人気急上昇中なのがボートチニング。そんな関東チニングを牽引してきたのが若杉船長。これからシーズン最盛期へと突入し、どう釣っていけば良いのかを聞くと…。

若杉「ボートチニングはキビレとチヌで若干時期は変わってきますが、一年中釣ることは可能です。その中で重要になってくるのが水の透明度」

水温よりも透明度が大きく関わってくるのだという。

若杉「春になってくると水温が上昇し雨量も増えてきます。徐々に濁りも出てくるのでチヌの警戒心も薄まってアタック数が増えてきます。それから夏から秋の始め頃までは濁りがあるので良く釣れます。しかし、秋が深まってきて冬になると水温が低下してプランクトンの量も減少。透明度が良くなって水質がクリアになってきます。そうなってくるとアタックも減ってくるんです」

濁りと澄み潮。この2つに注意して釣りをすることが鍵になってくるという。

若杉「使っているのはバラシを軽減したフリーリグ。これに付けるワームで濁りと澄み潮に対応していきます。濁っているときは波動が強くてアピール力の高いワーム。逆に澄み潮のときは波動を抑えたアピール力が弱めのワームが効果的」

濁りと澄み潮に良いワームをそれぞれ3つ選んでもらったが、喰いが悪いときほど1チャンスをものにできるバラシにくいロッドが必須だという。

若杉「反応が悪いときほどティップが曲がって入ってくれるレギュラーファーストの乗せ調子ロッド。粘りがあって引きに追従してくれるので、ファイトも楽々。良く曲がるからキャストもしやすいんです」

良く曲がって粘りのあるロッドでバラシ軽減!

スクアドチニングSKS610ML-CHINING

陸っぱり使用もOKなショートレングスで張りのあるファーストテーパーのスピニングロッド。ボート上でのキャストもしやすく、バットから曲がってくれるのでバラシを軽減しつつ、短いのでアタリの感度も良く手元へ伝達してくれる。

スクアドチニングSKC76ML-CHINING

レギュラーファーストで良く曲がるので、チヌを乗せやすくキャストも楽々。また、バット部分にはアラミド繊維を使用しており、チヌの硬い口にもガッツリとフッキング可能なパワーを持っており、しっかり粘ってくれるので不意な突っ込みにも対応できる。

濁り/澄み潮によるワームの使い分け

濁っていればワームの波動が強いもので誘う(春〜夏)

濁りが強いときは波動の強いワームを使い、しっかりアピールさせて喰わせていく。濁りがひどいときは一番アピール力のあるクレイジーフラッパー。その次に波動が強いリトルスパイダーを使い、3番手のベローズスティックはアピール力のバランスが良く一年中使える。

クリアな水質では波動の弱いワーム(秋〜冬)

秋も深まり水質がクリアになってきたらアピール力が抑えられたナチュラルな波動で誘うワームを使う。アピール自体は4番手のハリーシュリンプをまず使い、シルエットを下げて相対的にアピールを抑えたアーバンシュリンプ。最後はボトルシュリンプで喰わせていこう。

仕掛けはフリーリグを使用

チヌの硬い口でもバレにくいフリーリグを使用。「魚のファイト時でもフックが自在に動いてくれるのでバレにくい構造になっています」。バサーズシンカーTG10〜14g(DAIWA)を使用。

9月2日(土)『TokyoBay SALT WATER Festa』にレジットデザインも出展!

つり具の上州屋池袋店さんにてSALTブランド10社による『TokyoBay SALT WATER Festa』にレジットデザインも出展。

東京湾のオフショア&インショアゲームに精通するブランドがそれぞれこの秋のターゲット『シーバス、タチウオ、サワラ、真鯛』をメインに遊漁船、チャーターボートで繰り広げられる各種釣り物に合わせたアイテムを販売する。

レジットデザインもソルトウォーターブランドSKUAD(スクアド)のボートシーバス、サワラ、タチウオ、チニング、アジングロッド等を一挙展示販売するぞ。

ルアーマガジンソルト2023年8月号に記事掲載!

2023年6月21日に発売した、ルアーマガジンソルト2023年8月号には、今回の記事の全文が掲載されているので、気になった方は、是非とも本誌でチェックしてみてほしい。


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。