ハイアピールだけど喰わせ能力抜群!? 一見矛盾した能力のスピナーベイト『ジャングルウォーカー』

「風が吹いたらスピナーベイト」と言われるぐらい、荒れたシチュエーションに強い印象のあるスピナーベイト。それは高いアピール力の証ではあるのだが、昨今のバス釣りシーンにおいてはそこまでのアピール力は逆効果となることも多々。そんな中、「人に釣らせる」ことを生業にする琵琶湖ガイドが新たなスピナーベイトを生み出した!

●文:ルアマガプラス編集部

2024 チニング特集

コンバットルアーズ ジャングルウォーカー(エバーグリーンインターナショナル)

【スペック】

  • 重さ:5/8oz,3/4oz
  • カラー:10色

琵琶湖で活躍る大人気バスフィッシングガイド・大西健太さんがプロデュースしたスピナーベイトがこの「ジャングルウォーカー」。

魚の個体数が少なくなり、それに反比例するかのようにハイプレッシャー化が進むバスフィッシングシーンに対応するべく、『アピール力』と『喰わせる力』を融合。

一見する相反するこの2つの要素は、

アピール力:大きめのブレードによる水押し&シルエット
喰わせる力:細身で回転角の狭いタイトなブレード回転

とすることで実現。

また、独自形状のヘッドが抜群の障害物回避性能を発揮し、カバーに対するヒット&アウェイやハングオフによってバスに口を使わせるきっかけを作る能力にも長けている!

誰よりも多くバスを釣り、誰にでも別け隔てなくバスを釣らせるバスフィッシングガイド・大西建太さんだからこそ生み出せた現代シーンにマッチしたスピナーベイトなのだ。