《ヤバい》たった1つのルアーに大量のブラックバスが追尾してくる、秘境の湖が存在した!

本企画は岸釣りのスペシャリスト・川村光大郎が、まだ見ぬ釣り場を探して全国を旅する不定期連載。今回の舞台は長野県!スモール天国の信州に潜む、3つのフィールドに最強陸王がいざ挑戦!

→《バス釣り天国》秘境の湖の場所はこちら

●文:ルアマガプラス編集部

2024 チニング特集

【前回記事はこちら】

EXTREME BONUS ご褒美シークレットステージにコタロー、大興奮!!

プライベートポンドで究極のバカンス釣行!

ブルーベリーペンションが管理する私有水面。標高約900mに位置し、周囲は約2km、最大水深は6mあり、ボートは最大6艇まで。ブルーベリーペンションに宿泊した人だけが利用できる秘境の湖。

希望湖、野尻湖の次に、コータローがクリアすべき最後の湖は…、秘境で名高いブルーベリーポンド。鹿島さんの案内の元、現地についたコータローは湖を一望し、飛び跳ねた…!

「うっひょ~、ヤバい! バスどんだけいんの!? うわどうしよ、テンション上がってきた~」

その魚影の濃さは、船に積み込むべき荷物の選別が不可能になるくらい、平静を保つことが難しくなるほど。

オーナーの鹿島さんからは、「45アップのスモールを釣って欲しい」というオーダーを受け、期待に応えるべく出撃。あらゆるルアーでバスからの反応を得つつ、終盤はでかスモール狙いに集中。沖のハンプを回遊する巨体の前にアベンタクローラーRSを投じ、ゆっくりクロール…。

「出たッ!! 」

プロトのヘビーロッドを胴まで曲げる強烈な引き。格闘の末に上がってきたのはグッドコンディションの45cm。

「マジ引いた~! 濃密な3日間でしたね。マジ楽しかった~! 」

アドレナリン爆発からの疲労を抱えた帰路、睡魔と戦い、なんとか午前様にボトムアップ社へ到着した。

無論、記者がそこで力尽きたのは言うまでもない…。

リアル・ハーメルンの笛吹
でっカブメスJr.を投じると無数のバスが追尾。この光景が見れるフィールドはここ以外に存在するのだろうか…?

ジャーニーレイク③ ブルーベリーポンド

鹿島樹男さん
かしま・しげお/ブルーベリーペンション二代目オーナー。元々はブルーベリーポンドの常連だったが、その魅力の虜となり、脱サラして先代から引き継ぎペンションを経営。バスへの思いやりが人一倍強い心優しいナイスガイ。

ルール

  • ボート・フローターの持ち込み、オカッパリ禁止。
  • 釣り可能時間(午前6時30分~午後4時30分)以外は釣り禁止。
  • ラインはスピニングで8lb以上、ベイトで10lb以上を使用。
  • ハードルアー(プラグ・スピナーベイト・バズベイト・フロッグ・メタルジグ・スプーン・スピナー)のみ使用可能。
    • ※ ソフトルアー(ワーム・スイムベイト等)・ラバージグ・アラバマ系リグ・フライ・餌は使用禁止。
  • バーブレスフックのみ使用可能。
    • ※ バーブをプライヤーで潰して使用する場合は必ずヤスリをかけてください。
  • ラバーネットを必ず使用し、ボートの上へ引っこ抜くことは禁止。
  • ライブウェル使用禁止。
  • 釣った魚の湖からの持ち出し禁止。
  • 釣ることのできる魚の数は1人1日20匹まで。

これぞ、信州パラダイス!

スティーズペンシル60F[DAIWA]

チビーブル1/4oz[ボトムアップ]

ジョリー[ボトムアップ]

スピンテールログ[スミスウィック]※Gillオリジナルチューン

記者も釣りしたらすぐ釣れた。ダブルヒットも全然夢じゃない。

「もうサイコー!! 」
45cm、GOOD SMALLでSMILE!!

目標の45アップスモールで〆! この後、白目を向きながら茨城まで運転。お疲れ様でした!!!

アベンタクローラーRS[イマカツ]
浮力の高いウッド素材と後方にセットされたウイングが、異次元の超低速を可能にしたクローラーベイト。

【前回記事はこちら】


※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。