秋エギングの「超本命」!DAIWAの大人気エギに待望の3号サイズが登場!『エメラルダスピーク タイプS/タイプS RV 3.0号』

秋の気配が増す中、全国のエギングファンの胸が高鳴る「秋イカシーズン」がいよいよ到来!序盤はイージーな数釣りを楽しめる一方、秋が深まるにつれて難しくなると同時に、サイズアップのアオリイカも狙え、初心者からベテランまで幅広く楽しめるのがこの季節。そんな秋エギングに最適なエギがDAIWAからリリースされた!

●文:ルアマガプラス編集部

2024 チニング特集

エメラルダス ピーク タイプS/タイプS RV 3.0号(DAIWA)

エメラルダス ピーク タイプS [写真タップで拡大]

エメラルダス ピーク タイプS RV [写真タップで拡大]

【スペック】

  • タイプ:ノーマル(ラトルなし)/RV(ラトルインバージョン)
  • 重量(g):13.5
  • フォールスピード(秒/m):6
  • カラー:各10色(ノーマル、RVそれぞれカラーが異なります)
  • 価格:1,250円

ダート系エギの完成形に、攻略の幅を広げるスローシンキングモデルの「タイプS」

エメラルダス ピークは、プロエギンガーであり、DAIWAフィールドテスターを務めるエギング界の帝王こと山田ヒロヒト氏が監修したダート系エギ。

エメラルダス ピーク

エギの各部位の重量バランスや形状を徹底的に研究し、アングラーからのシャクリ動作などをレスポンスよくエギに反映させ、左右のダートから適度な跳ね上げまでも、軽快かつ簡単にアクションさせることが可能に。

またボディやシンカーはピーク専用設計となっており、適度な抵抗感と潮を捕らえ釣れるレンジをキープしやすいように設計。

さらに低重心設計を採用し、イカがアタックしやすい安定したフォールアクションを演出。

飛行姿勢も良く、大分型系エギの中で最大級の飛距離を実現する。

そんなダート系エギの究極の完成形ともいえる、エメラルダスピークをシャローエリアや藻場、またはナーバスな親イカ攻略のためにスローシンキングチューンしたのが「タイプS/タイプS RV」。

画像左がピークタイプS、画像右がピークタイプS RV。カラーリングはそれぞれ異なる10色で展開している。

山田ヒロヒト氏が考える、使いやすくて釣れるスローシンキングを形に、フォールスピードも6秒/mに設定。オリジナルモデルを踏襲し、釣れる要素とアングラーに使いやすさに拘っている。

ダート&フォールの安定性、潮噛みの良さ、飛行姿勢の安定性を実現したこだわりのシンカー形状。 [写真タップで拡大]

各サイズに合わせた形状、素材、太さと、専用設計でフッキング率を最大化し、掛けた後のバラシを軽減するこだわりの日本製カンナ。 [写真タップで拡大]

そしてピークタイプSは今年度のDAIWA注目の新製品として発表され、第一弾は2月頃に発売。春の大型アオリイカを照準とした3.5号と4号サイズが先行してリリースされた。

また先日、もうひとつのエギング最盛期である「秋」に向けた3.0号サイズがリリース開始!

春に生まれた「新子」と呼ばれる小型サイズのアオリイカ狙いがメインとなる秋には、うってつけのサイズであり、またベイトが小さい時期やプレッシャーの強いエリアにも有効なサイズ感となる。

3号サイズかつスローシンキング設定のピークタイプSは攻略が難しいスレたイカやハイプレシャーポイントにも有効なエギとなるので、是非ともケースに忍ばせておきたい一品だ。


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。