掛けていくスタイルにピッタリ! 攻めのフィネス・リボルテージ2本!【ジャッカルNEWリボルテージを編集部が使ってみた!】

ジャッカルから登場する話題のバスロッド・NEWリボルテージをルアマガスタッフが最速レビュー! 私利私欲にまみれたインプレッションなので、各スタッフが選り好みしたモデルのインプレッションになっているのはご愛嬌!? 今回はフィネス野郎・福ピンクが注目した「RVII-S510SUL」と「C69L+BF」をご紹介!

<NEWリボルテージの全ラインナップ>

●文:ルアマガプラス編集部

2024 チニング特集

インプレッションはMAV(宮城アングラーズビレッジ)で敢行!

群馬県前橋市にある管理釣り場で、夏はブラックバス、冬はトラウトをメインに営業。バスの魚影が濃く、1日に数回エサ撒きタイムがあるので魚は常に高活性だ。ストライパーやマーレイコッドなど、ここでしか釣ることができない魚も楽しめる。

インプレスタッフ:福ピンク
編集部イチのMAVフリーク。マーレーコッド放流の際は0時より並び、日本最速マーレーコッドゲッターとなった。図体や性格の割に繊細な釣りを好む。最近はポップRを削るのが趣味。

加木屋守さんなりきりタックルで挑戦!

スピニング・ベイト共にラインナップ中、最もフィネスなタックルを使わせてもらいました。

どちらもT1100G、M40Xといったハイクラス素材を使用しているだけあって、軽いし強い! 双方ともにかなりシャキッとした印象で、意図的にラインスラッグを作って自分から掛けてくスタイルの人には特にオススメかなと思いました。

自前のゼノン(2000SH、MG7)を組み合わせた『マーモなりきりタックル』で挑みましたが、これらのリールとの相性も良かったです!

S510SULは固めのソリッドティップを搭載しているので、5フィート10インチというかなり尖った番手ですが曲がりは自然です。短いがゆえの振り抜けの良さも相まって、投げ心地も操作感も良かったです!

最高峰クラスの素材を使っている恩恵を強く感じるシリーズ中最もライトなベイトロッド『C69L+BF』です。バランスも非常によくて、スピニングで使うようなライトリグ(2.7グラムダウンショット)も快適でした。

イチオシの1本『C69L+BF』:フィネスのネオバーサタイルだ!

エクストラファストアクションではあるのですが、チューブラーティップの具合が非常によかったです。ライトリグをライトリグらしく使えるし、その一方で小型の巻きモノも使いやすかった…!デラバズとの相性が良くて楽しめました!

〈次のページは…〉次ページ:インプレロッドのスペックと価格

※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。