[ニュルンと寄生虫]釣った魚の胃袋におびただしい数→「チャンジャにして食べます」

20kgのヒラマサを捌いていくと、胃の中からアニサキスのような寄生虫を発見。夥しい数の寄生虫のカズだが、しっかり排除すれば食しても問題なし。これをチャンジャにしていくというが、気になるお味は…?

[注意]ヒラマサの胃袋にいた大量の寄生虫の画像

●文:ルアマガプラス編集部

2024 チニング特集

いろは少年

佐賀県・長崎県をメインに、全国各地でいろいろな魚を狙う釣りユーチューバー『釣りいろは』。そのサブチャンネルがいろは少年。釣りいろはのメンバーの日常に起こるさまざまな出来事を配信している。

今回紹介する動画はコチラ

【発見】ヒラマサの胃袋をひっくり返したら大量の寄生虫が…

ヒラマサの巨大胃袋を見てみると、そこには大量の寄生虫が!! しっかり除去して美味しいご飯のお供を作ってみました!!

釣り上げた20kg級のヒラマサを捌いて調理!

【ご注意】
十分な下処理・加熱調理をおこなった上で食べています。

先日、解散を発表して話題となった、釣り系ユーチューバーの「釣りいろは」。現在は、リーダーのとくさんが単独で活動中。そのとくさんだが、先ごろ、Youtuberの大手事務所であるキャリーオンに所属するというニュースも流れてきており、今後のさらなる活躍が期待されている。

ヒラマサを解体し、今回は胃袋を調理。

さて、今回紹介する動画は釣りいろはのサブチャンネル「いろは少年」でアップされたもの。いろは少年では、料理やアウトドアなど、幅広い企画の動画がアップされているチャンネルである。

捌いているのは20kgのヒラマサだ。

企画の内容は、釣りいろはメンバーが釣り上げた大物、20kgのヒラマサをさばいて食べよう!という内容続きのもの、だったのだが…。

残った、ヒラマサの胃袋をどうしよう?

メンバーが釣り上げた20kgのヒラマサだが、すでに身は食べ終えていた。しかし、内臓はまだ手つかずのままだったのだ。この胃袋をどうにかして食べられないかと考え、メンバーの発案により、チャンジャ作りに挑戦してみることに。

早速調理開始。

まず、胃袋を取り出し、しっかりと水洗いして切れ込みを入れて広げていく。捌いた胃袋の見た目はまるで鶏皮のようで、食材としての雰囲気が存分に出てきた。

ちゃんと火を通していく。

これを茹でていけば下処理はOK。この時点ですでに素材として充分美味しそうである。茹でている間に、ヒラマサ胃袋チャンジャ用の調味料を作りにとりかかるとくさん。

味を決める調味料作り

胃袋を下処理した後は調味料作り。以前、クエでもチャンジャを作ったことがあり、その時はキムチの素のみで味をつけた。その経験を生かし、さらに変化球を入れるためにニンニクを追加することにした。

味の決め手はキムチの素。

タレを作る調味料の内容は、擦ったゴマ、おろした生姜、おろしたニンニク、みりん、調理酒、めんつゆ、ごま油、コチュジャン、キムチの素など。これらを目分量で入れて、混ぜていけば調味料は完成。

ニンニクがバッチリ効いた味に。

味見をすると、ニンニクがかなり効いていてなかなか美味しく仕上がっているようだ。調味料を作っている間に茹でていた胃袋。しっかり火を通したら、茹で上がった胃袋を水にあげて流水で洗う。

茹でた内臓を流水で洗う。

胃袋の粘膜もここで綺麗に取り除いていく。茹で上がった姿は豚などのホルモンにも見えてきた。これは出来上がりにも期待ができそうだ!

茹で上がった内臓は、まるで豚の臓物。

茹で上がり、流水にさらした20kgのヒラマサの胃袋を、まな板の上で水気を拭き取っていく。こうすることで、最後の味付けが水っぽくなることを防ぐ。

水気を取って切っていく。

いよいよ魚の胃袋チャンジャ完成、そのお味は?

茹でた胃袋を、水気をちゃんと取ったら、包丁で細かく切っていく。切り終えたら先ほど作った調味料に入れてあえる。これで、ヒラマサ胃袋チャンジャが、ほぼ完成だ!

細切りにカット。

内臓を触ったとくさんの手は超ツルツル! コラーゲンや油分などがたっぷり含まれていると思われるので、美容にも良さそうだ。綺麗な肌のために、ヒラマサの内蔵を食べてみるというのもいいかもしれない?

内臓を触ると手はツルツルに。

切った内臓を調味料にin。

そして、出来上がったヒラマサの胃袋のチャンジャ。味見をしてみると、食味は問題ないが、味が胃袋に全く染みていなかった。

そしてここで味見。

そこで、2日をほど寝かすことに。味は決まっていたので、味が身にしっかりと浸透すればなかなかのおつまみになりそうな雰囲気である。

まだ味は染みていなかった。

味が染みるまで数日寝かせることに

2日間寝かせるつもりが、なんと、2週間も日がたってしまった…。例の20kgのヒラマサの大胃袋チャンジャはどうなったのか!?

…のつもりが2週間ほど寝かせることに。

冷蔵庫から恐る恐る取り出す。見た目は、かなりドロドロになった感じ。食べてみると、美味しいという感想が!

2週間寝かせたヒラマサの胃袋のチャンジャ。

キムチの素以外の調味料もちゃんと役目を発揮しており、深い味わいを醸し出しているようだ。胃袋はコリコリとした食感で、味付けはコクが出ており、お酒やご飯が進む味に仕上がっているとのこと。食べた人たちの感想も上々!

味は美味しい!

試食した人も味には満足。

ただかなりのニンニク臭だ。

ヒラマサの胃袋チャンジャは大成功! 食べた人たちの評判も良く、魚の内蔵でもしっかりと下処理と調理を行えば、美味しいチャンジャが作れることが証明された。のだが…!

ヒラマサ胃袋チャンジャ、大成功!

実は、胃袋の中におびただしい数の寄生虫がいた

美味しく出来上がったヒラマサの大胃袋チャンジャだが、実は調理工程で、驚愕の事実が発覚していた。そう、おびただしい量の生きたアニサキスの姿が確認されたのだ。かなり衝撃的な画像のため、次ページに掲出している。耐性のある方は下のリンクから閲覧してみてほしい。

〈次のページは…〉[注意]ヒラマサの胃袋にいた大量の寄生虫