【千鳥で喰わせアクションも発生】超ロングキャスト可能なのにシャローに強いシンペン誕生!?【メガバス新製品スクープ!】

圧倒的なロングキャスト性能を持ちつつも、浅いレンジを引けるシンキングペンシル。言葉だけをみれば、まるで矛盾しているかのような相反する要素。これらの両立を実現したルアーをメガバスが現在開発中!

●文:ルアマガプラス編集部

2024 チニング特集

【本記事はルアーマガジンソルト最新号!】

『ルアーマガジンソルト2023年11月号』(9/21発売)では、今回の記事の全文を掲載。特集はエギング、エキスパートのテクニックや最新タックル情報など満載!

超遠投型千鳥シンキングペンシル(メガバス・プロト)

【スペック】

  • 全長:85mm
  • 重量:28g程度を予定

コンパクトボディではあるものの、後方重心&ボリュームのあるボディで超遠投が可能!

優れたその設計により、着水後のリトリーブ直後から素早く浮き上がってロール基調のアクションを発生。

スピードに応じて横方向へのスライド(千鳥アクション)も自発的に発生。この動きがシーバスにスイッチを入れてくれる!!

浅いレンジをただ巻きするだけで千鳥ってくれるニューコンセプトプラグだ。

涸沼をホームに活躍する田口知宏さんが関わり現在開発が進む。すでに田口さんもランカーシーバスを量産中!田口さんいわく「やばい物ができつつある」とか。続報に期待せよ!

85ミリボディの手のひらサイズだがウエイトは1オンスクラスと、スペックを聞けば圧倒的な遠投性能の高さは想像に難くない。

その上で、シャローレンジをストレスなく引いてこられるのがこのルアーの凄いところなのだ。


本ページはプロモーションが含まれています ※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。