【ヤバいボウズか!? そんな時に!】秋丸美帆の超シャローを攻略する左右ダート&スロー作戦とは!?【最後の一手】

意気揚々と釣りに出かけて数時間。竿が曲がる気配は一向に無い。朝の威勢はどこにやら。投げるルアーもどんどん消極的になっていくのもよくある話。そんな危機的状況を、エキスパートならどう攻略するのか!? みっぴこと秋丸美帆さんにお聞きしよう

<ボウズのがれエギとその必殺技をイラストで見る>

●文:ルアマガプラス編集部

2024 チニング特集

【本記事はルアーマガジンソルト最新号!】

『ルアーマガジンソルト2023年11月号』(9/21発売)では、今回の記事の全文を掲載。特集はエギング、エキスパートのテクニックや最新タックル情報など満載!

秋丸美帆

あきまる・みほ/DAIWAスーパーフレッシュアングラーとして選ばれてから多くのメディアで活躍し「みっぴ」の愛称で知られるマルチアングラー。エギングは得意の釣りの一つで、その経験とテクニックは秀逸!

磯のシャローに溜まる秋イカへダートで誘う

秋丸「ボウズ逃れのエギですか? う〜ん…一年中でいえばフォールで底を狙う感じですが、秋に磯の浅場で見えるけど抱かない。そんな秋イカ狙いならダートIIタイプSSですかね」

数はいるけどスレ気味。そんな見えているけど抱いてこないイカ相手に効果的なエギを教えてくれた。

秋丸「水深が1m無いくらい、もう40㎝とかですかね。他のエギでは磯や海藻にすぐ引っかかるような場所でも1m8秒で落ちるのでゆっくり見せて誘えるんです」

そういった場所でどう使うんですか?

秋丸「軽くチョンチョンとシャクってあげるんです。名前通り左右へのダートが得意なエギなので、イカへしっかり興味を持たせてスローフォールで抱かせます。あと、春の大型狙いでも実は効果的なんですよ」 

その理由とは!?

秋丸「シャローへ入ってきた警戒心の高い春イカって、どうしても反応しないときってありますよね。そんなイカへスローフォール+移動距離の短いタイプSSで本当に最後の一手!という感じで使っています」

オススメエギ

エメラルダスダートII タイプSS 3号(DAIWA)

【使用タックル】
●ロッド:エメラルダスX IL83ML
●リール:エメラルダスRX LT2500
● ライン:UVFエメラルダスデュラセンサー×8LD+Si2 0.6号
●リ ーダー:エメラルダスリーダー エクストリームII 1.75〜2号
*すべてDAIWA製品


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。