汽水湖の「対ボイル最強」シーバスルアーとは!?涸沼の達人が激推しする『ジャイアントドッグX SW(メガバス)』

茨城県の涸沼は汽水湖で、タイダルによる流れはほぼ無い。ここでのシーバスフィッシングはかなり独特になってくる。ハイシーズンに突入した涸沼において、スーパーロコである田口さんに涸沼名物の朝マズメボイルにイチオシのルアーを解説して頂いた。

●文:ルアマガプラス編集部

2024 チニング特集

解説していただくのは涸沼の超エキスパート・田口さん

【田口知宏(たぐち・ともひろ)】

茨城県在住。涸沼まで10分ほどの場所に住み、真冬以外はこのフィールドに通い混む。地元の釣具店に勤務し、多くのアングラーが彼のアドバイスを聞きに来店するほど支持を集めている。メガバスプロスタッフ。

ベイトの動きをよく観察することがボイル祭りを攻略する近道

ルアーマガジンソルト11月号の実釣取材時の夜、シーバスはルアーの届かない遥か沖でボイルしているようで、捕食音だけが時折聞こえてきた。その沖にいたシーバス達が、朝マズメに一気にシャローに出してボイルを始めた。

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

ようやくシーバスが射程圏内に入ってきたが、涸沼のボイルはかなり難しい。ベイトの量が多すぎるためか、シーバスがルアーを選んでくれないのだ。

この悶絶ボイルに悩まされるアングラーも多いことだろう。しかしそこは涸沼のスペシャリスト、田口さんは次々とこのボイルを攻略していった。使っているのは『ジャイアントドッグX SW(メガバス)』。田口さんのボイルパターンで一番使用頻度の高いルアーだ。

ジャイアントドッグX SW(メガバス)

サイズ的に春から夏のイナッコにマッチ・ザ・ベイト

長年愛される超名作ペンシルベイトのSWモデル。98mm16.5gで、サイジングは春から夏にかけてのイナッコと同サイズだ。レスポンス良く動かすことができ、そのアクションはベイトが多い状況でも存在感をアピール。

【スペック】

  • 全長:98mm
  • 自重:16.5g
  • タイプ:フローティング
  • フックサイズ:#4×2

田口「ジャイアントドッグX SWはボラのサイズがハクからイナッコに成長する、春から夏にかけてのボイルパターンの最強ルアーです。アクションは連続ドッグウォークでOKです。

大事なのはベイトの動きにルアーを合わせることですね。最初、ゆっくりめに動かしてたんですが、それで食わないので速めに動かしたらバイトが出始めました。ベイトの動きを観察して、それにマッチさせたんです」

ペンシルベイトは追われるイナッコの動きと速さをマッチさせて動かすのがコツ。ベイトの動きを良く観察してアクションを入れていこう。

田口「あとは、通称すり替え作戦。ピョンピョン追われているイナッコは、その進行方向にルアーをタイミングよく入れて、イナッコとルアーをすり替えるんです。シーバスは、今まで追ってたイナッコがルアーにすり替わっていることに気付かずに食ってくるというテクニックですね」

逃げるイナッコにタイミングよくルアーをすり替える!

ピョンピョンと単独でイナッコが跳ねて逃げるボイルには、その進行方向にタイミングよくルアーをアプローチし、イナッコとルアーをすり替える。タイミングを合わせるのは難しいが、うまく決まるとシーバスが疑うことなくバイトしてくる。

実釣取材時、ボイルは広範囲に渡って発生しており、周囲には他のアングラーもいたが一番多くヒットさせていたのが田口さんであった。

ベイトが多い場合は「チャート」が強い!

ベイトの量が多い時は、ルアーカラーはチャートなどの派手なものがやはり強い。リアルカラーではベイトの群れの中に埋れてしまい、シーバスに気付いてもらえないのだ。

ベイトの動きに合わせてルアーの動かし方、スピードを調節し、時には逃げるイナッコをそのままルアーにすり替える。熟練の技を駆使すれば涸沼ボイルも楽々攻略。「釣れないボイルは無い」が田口さんのモットーだ。ぜひ田口さんのテクニックを参考ににしてボイル祭りを攻略して欲しい。


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。