【モザイクチャター】シャローカバーかウィードか!?狙いによって使い分けやすいチャター!【国産ブレーデッドジグオールマニュアル】

ブレーデッドジグが日本に浸透し、各社から独自のモノがリリースされてひと段落したころだろう。そこで、今日本に現存する国内メーカーのブレ-デッドジグを集めて大検証!もちろん、それぞれビルダー、もしくは使い手であるアングラーに詳しく解説してもらっているので、あなたが求めるブレ-デッドジグがきっと見つかるはず!今回紹介するのはコブラチャター。琵琶湖でその名を轟かせる長谷川耕司さんのチャター系ルアーだ!

●文:ルアマガプラス編集部

この記事の詳細はルアーマガジン2023年11月号をチェック!

Profile

長谷川耕司(はせがわ・こうじ)
ジーコの愛称で知られる琵琶湖の敏腕ガイド。バスルアーブランドのボレアスの代表を務め、「長谷川ピンク」などの人気カラーコラボ商品もプロデュース。 [写真タップで拡大]

3/8ozはシャローカバー1/2ozはウィードエリアで

モザイクチャターの大きな特徴は、ヘッドからアームが伸びている特殊形状。

長谷川「モザイクジグのアームアイ構造を応用したのですが、こうすることで低重心化になり泳ぎが安定します。モザイクジグよりもアームの長さを見直して新設計にして、速く引いてもゆっくり引いても確実にバランスを崩さずにチャターが動くようにしています」

モザイクチャターは直進安定性と立ち上がりの良さが強みだ。

長谷川「ストラクチャーに当たった時にイレギュラーな動きが出て、そこからのアクションの戻りも素早いです。動き出しが速いので、キャストして巻き始めで食わせたい時、ウィードのポケット状のスポットなどでも使いやすいですよ。アームアイ構造はウィードに強いのですが、枝などのカバーには弱いので、3/8ozにはブラシガードをセット。3/8ozはシャローカバー、1/2ozはウィードエリアという使い分けで使ってみてください。トレーラーワームはデビルズテール。バランスよく動いてくれて、障害物に当たったときにイレギュラーアクションが出やすく、スキッピングもしやすいです。ピンテールですが、切れ込みを入れることでアクションを少し変えることもできますよ」

モザイクチャターにはボレアスのプロスタッフでもある舞木雅和さんの意見が強く反映されている。 [写真タップで拡大]

モザイクチャター

【スペック】
重さ:3/8oz、1/2oz
カラー:9色
価格:1050円 [写真タップで拡大]

オリジナルのアームアイ構造を採用することで重心が低くなり、高いレンジキープ力とスイミングバランスを安定性を実現。ブレードはやや厚めのステンレス製で、強い水押しを出し、浮き上がりを抑えている。

3/8ozモデルはシャローカバーを想定したガードが搭載されている。 [写真タップで拡大]

3/8ozモデル(上)と1/2ozモデル(下) [写真タップで拡大]

TRAILER

デビルズテール

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

TACHLE

●ロッド:ブラックレーベルLG 6101MHFB(DAIWA)
●リール:リョウガ2016H(DAIWA)
●ライン:モンスターブレイブZ 14~16lb(DAIWA)

スペック検証

モザイクチャター3/8oz

全長(アイからスカートまで)87.1mm
実測重量14.48g
ブレード厚み0.5mm
針の太さ1.2mm
針の長さ0.4 mm
ゲイプ40.4mm
ブレードのピッチ46回/3秒
立ち上がり20~25cm
環境音以下
巻き感ゴゴゴゴ
チドリ評価チドらない
適正スピード幅25~55

※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。