単なるレッドヘッドと思うことなかれ!メガバスだからこそ表現できるクラシックカラーが限定復刻!

ルアーに美しいカラーを塗らせれば右に出るものはいない。そう言い切ってしまえるほど、優れた塗装技術をもつメガバス。そんなメガバスの30年以上にも及ぶ歴史の中から期間限定で伝説のカラーが復活する。それが「リスペクトカラー」シリーズだ。

<最新「リスペクトカラー」をギャラリーでみる>

●文:ルアマガプラス編集部

2024 イカメタル特集

ILレッドヘッド

レッドヘッドといえば、ソルト用ルアーを中心に、古くから愛用される超定番カラー。

ベースカラーをホワイトとし、ヘッドからボディ全体の1/3~1/6程度までがレッドに塗られることがほとんど。

基本的には超シンプルなカラーだが、だからこそ、作り手の創意工夫が光るカラーであるともいえる。

アイシャドーや混合するカラー、レッドヘッド部分の角度やボケ具合など、こだわればその奥行は深く広い。

一見するとビンテージカラーの印象を受けるレッドヘッドだが、水中で早い段階で色を失うレッドを頭部分に塗ることで、ボディシルエットを小さく魅せる効果があるとも言われている。

そんなレッドヘッドのメガバス的解釈のひとつが、今回登場する「ILレッドヘッド」だ。

その誕生は2002年頃のライブXマーゲイSWにまで遡るという。

写真は2004年のコンセプトアルバム

冠する「IL」はメガバスのカラーパターンのひとつ「イリュージョン塗装」のことであり、見る角度によって色味の変わる魅惑的かつ非常に塗装難易度の高いカラーパターンで知られている。

さらにヘッドのレッド部分はブラウン系カラーが配合されており、イリュージョン塗装と相まったその色合いが、不思議な金属感を醸し出している。

伝統的カラーをメガバスが塗るとこうなる。

手にすれば懐かしさと新しさ、その両方を感じさせてくれるだろう。

<次ページ:「ILレッドヘッド」ルアー一覧>

〈次のページは…〉限定復刻のILレッドヘッドはどんなルアーに塗られてる?

※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。