【一度に4台収納!】リールを安心安全に保管&持ち運べる『リールケース2S(アブガルシア)』が便利!【ブラックフライデーで購入!】

Amazonブラックフライデー開催中!ということで、ルアマラプラスの福ピンクも早速利用(というかフライング?)!速攻届いたアイテムを速攻紹介します!

●文:ルアマガプラス編集部

2024 新製品情報

持っておきたいリールケースを購入!

Amazonブラックフライデーといえば、ルアマガプラスも応援しているちょっとしたお祭りイベントなわけです。

まあ色々な釣具がかなりお安く買えちゃったりしますからね。

毎年楽しみにしているひとも多いと思いまs。

副ピンクもそんなひとりでして、モニターにかじりつくように情報を物色するその様子は業界ではちょっとした風物詩?になっているとかいないとか…。

そんなわけで今年のブラックフライデーで福ピンクが購入したアイテムがこちら。

リールケース2S(アブガルシア)

[写真タップで拡大]

外寸:17×17×12cm
内寸:16×16×9cm
素材:EVA

名前の通り、リールの収納ケースです。

こういうアイテムって、いらない人はまったく使わないし気にならないでしょうけど、欲しい人はめっちゃ欲しいんですよね。

福ピンクは後者なのですが、今まではリールを購入した際に入っていたハードケースを利用していました。

正直、そちらで困らないといえば困らなくはあったのですが…もちろん買うに至った理由はあります。それに関しては後ほど紹介するとして、まずはディティールを見ていきましょう。

外見

[写真タップで拡大]

EVA製のブラック単色で、見た目はなかなかカッコいいですね。

結構ツルルした質感で水もしみにくいし汚れも落ちやすいそうです。

側面は柔らかめですが、上蓋(アブガルシアロゴのある側)と底面はセミハードタイプであり、けっこう頑丈な印象をうけます。

[写真タップで拡大]

ジッパーはW。上部には持ち手用のハンドルも設けられています。

サイズ感はリール購入時についているハードケースより二周りくらい大きいです。

内側

[写真タップで拡大]

上蓋を除く5面はクッション状。その上蓋はメッシュポケットになっていて、小物等を入れられるほか、実質的にはクッションの役割も果たしそうです。

[写真タップで拡大]

内部にはクッション素材のセパレーターも入っており、面ファスナーで固定されるため着脱可能&位置を自由に変えられます。

実践

[写真タップで拡大]

実際にリールを入れてみました。

ゼノン2000とゼノンMG7です。

こうしてみてみると、結構まだ余裕がありますね。

ベイトとスピニング、それぞれもう1台ずつ入りそうな余裕があります。

試しにゼノン2500とゼノンLTXもいれてみました。

[写真タップで拡大]

ピッタリ?

遊びがなくなった分、より安心な気もしますね。

[写真タップで拡大]

上のメッシュポケットですが、ハンドルを入れておく他にはリーダーをいれておくのにちょうどいいかもですね。もちろん、予備パーツ(遠心ブレーキ用のシューやマグネットブレーキ用のネオジウム磁石など)をなくさないようにするのにもちょうどいいです。

自分だったら工具類をいれるかも?

リールケースをわざわざ買う理由

そんなわけで、Amazonブラックフライデーで購入した「リールケース2S」の紹介でした。

そもそもこうしたハードケースにいれたい理由。

それはもちろんリールの保護です。

普段はリールにつけっぱなしだったりすることも多いのですが、取材先で使う、会社で撮影に必要、といった具合に、リールだけを持ち運ぶ機会が自分の場合はそこそこあります。

そんなときに表面に傷をつけない目的だけなら標準で入っていることの多い袋やカバーでもいいんです。

でも個人的には、リールのあちらこちら出っ張っているパーツ。これが気になる。

両リールともにハンドルはその最たる例。

ベイトだとスタードラグもちょっと気になりますし、スピニングならベイルアームやリールフットが気になる。

この気になるがどういうことなのかというと、カバンなんかのなかにそのままいれておくと、なにかの拍子にそういった出っ張っているパーツが引っかかってテコの原理で折れるんじゃないか!?と、きになってしまうんですよね。

あと逆にそういったパーツが鞄の中の他のものを傷つけたりしないかも心配だったりします。

ハードケースなら、そういった出っ張りもまるっと保護できちゃうわけです。

しかもこのリールケース2Sなら最大?4つもいれられるわけです。

パックロッド4本とリール4台あれば、旅先でもかなりのシチュエーションに対応できるはずです。

安心安全にリールを運びたい。

そういう機会があるかたはぜひ試してみてください。

なにせブラックフライデー!

通常2970円が今なら20%オフの2376円で購入できました!

あとはこのリールたちをうまく収納したいところ… [写真タップで拡大]

Amazonブラックフライデーを攻略するための事前準備

開催日にAmazonにアクセスすると、特選セール会場などが表示される。ポイント還元もあるのでセール対象外でも、人気商品がすぐに売り切れてしまう場合があるので注意が必要。

Amazonプライム会員に登録した方がお得

Amazonプライム会員でなくてもセール品を購入できるが「Amazonブラックフライデー」の良いところだが、プライム会員限定特典やキャンペーンが豊富なので、事前に会員登録しておこう。というのも、プライム会員のみセール開始の30分前からセールに参加できるからだ。人気商品はセール開始直後に売り切れることもあるので、プライム会員に登録しておくことで時間差で買い逃すことことを避けられる。

ポイントアップキャンペーンのエントリーを忘れずに!

ついつい忘れがちなのが「ポイントアップキャンペーン」だ。Amazonブラックフライデーでお買い物をする人は絶対にエントリーしよう。

Amazonギフト券にチャージする

昨年のAmazonブラックフライデーでは、Amazonギフト券へのチャージで0.5%のポイント還元キャンペーンが開催されていたので、今年も開催する可能性あり。詳細判明次第、記事をアップデートする予定だ。

アブガルシア


※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。