【SCHC-65MH-ST】尖ったロット達に囲まれたバーサタイルロッドの実力は?【スペルバウンドコアハイクラス編集部インプレ】

シチュエーションに特化したロッドを求めるのは、釣り歴が長くなるほど普通なことになってくるだろう。あのとき、こんなロッドがあれば…。あの魚を釣るにはどういったロッドが欲しい…。御存知の通り、エンジンの「スペルバウンドコアハイクラス」はまさしくそんな現場のリアルを反映させたロッドシリーズだ。今回はルアマガスタッフ陣がお借りして実際に使用。その尖りっぷりを体験してきたぞ。

●文:ルアマガプラス編集部

2024 新製品情報

スペルバウンド

エンジンのバスロッドシリーズ。いくつかのシリーズが存在したが、現在のメインストリームは「スペルバウンドコア」へ。

スペルバウンドコア

エンジンが手掛ける本気のバスロッドシリーズ。羽生和人さんを筆頭に、各地で強烈な存在感を放つプロスタッフ陣が全精力を注入。「SPELLBOUND」=「惹きつけるもの」の名を冠したましくコアなスペックが揃うロッドシリーズだ。

スペルバウンドコアハイクラス

その名の通り「スペルバウンドコア」の上位モデルであり、各種素材やセッティングをブラッシュアップ。より尖ったシチュエーションにおいても信頼できる究極的なスペック&ラインナップが揃う。全10モデルを展開し、羽生さんを中心に池原ダムのサイトマジシャン・井上慎二郎さんなど、達人が「釣る」ために作り上げたモデルは誰にとっても強力な武器になること請け合いだ。

主な特徴

インプレした編集部員

フルカワ
自称ストロングアングラーの本誌編集長。某高級スピニングリールを3台所有してからはフィネスにお熱な35歳。 [写真タップで拡大]

SCHC-65MH-ST デクステリティー

●全長:6フィート5インチ●重さ:96グラム●対応ルアー:1/8 ~1/2オンス●適合ライン:モノフィラ8 ~ 16ポンド●継数:1●アクション:MH●モデル:ソリッドティップ [写真タップで拡大]

スペルバウンドコア的バーサタイルロッド

ハードソリッドを採用した、なんにでも使えてしまいそうな今風バーサタイルロッドですね。

6フィート5インチというレングスなんですけど、リアグリップが結構ショートなので実際の有効レングスは6フィート8インチくらいのロッドと同じくらいの感覚で使えます。

ティップの硬さが絶妙で、スト系の釣りではスラックを作りやすいですし、フィネスリグは竿先で投げることができるので、キャスト性、操作性ともに申し分なしかと。取り回しも良く、懐も広いので一番使用頻度が高くなっちゃう系のロッドですね。

スモラバから、ヘビダン、ネコリグ、シャッドテールやバックスライド系のノーシンカーワーム、3/8オンスくらいまでのラバージグ、フットボール、ワイヤーベイトなどなど、挙げたらキリがないくらい使えるルアーが多いかも。写真はクランクベイトで釣った1尾です。 [写真タップで拡大]

こちらの内容はルアーマガジン1月号でも掲載中!


この記事にはPRが含まれます ※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。