《まるで水族館》大量に小魚が沸く海にルアーを投げたらとんでもないことに…

五島列島にある沖磯に渡ったところ大量のベイトが乱舞。凄まじい数のキビナゴを追ってヒラマサ、マダイ、ヒラスズキがベイトの奪い合いをするとんでもない現場に遭遇したYoutuberヨネスケさん。五島のポテンシャルをしかと見届けましょう。

→《まるで水族館》 魚が乱舞

●文:ルアマガプラス編集部

2024 新製品情報

[写真タップで拡大]

ヨネスケ

釣りの聖地「五島列島」に移住し、夢の魚を釣るため日本全国を旅する釣り人。北海道から沖縄県まで釣り旅をする「突撃!ヨネスケの釣り旅ch」のYouTubeを運営中。

ヨネスケさんの詳細は、下記YouTubeアイコンからチェック!

今回紹介する動画はコチラ!

五島列島にある沖磯での釣行を収めたこの動画、ベイトフィッシュが乱舞するシーンは迫力に圧巻されること間違いなし、ぜひ4K画質でご覧いただきたい。

舞台は五島列島にある沖磯

どうやらこの五島列島にある沖磯、とんでもない量のベイトフィッシュが湧いているとの噂。ヒラマサなどの魚が乱舞しているというロマンのある情報だということで急遽かけつけた。ということで朝から夕方まで12時間、10kgヒラマサを夢見て釣行スタート。

とにかく最近、ベイトがヤバイ。 [写真タップで拡大]

肝心の朝マズメは反応が薄め

この日は朝マズメからオープンウォーターをトップで攻めるも予想以上に潮の流れがはやく、攻め方をミノーに変更。いちどだけチェイスがあったが、それ以上の反応はなく時間がすぎる。

趣向を変えて磯際を攻める

日が昇り始めライトタックルに持ち替えたヨネスケさん、ロッドは『Staccato102MHYS-HX(Tulala)』で、リールは『CERTATE LT500D-CXH(DAIWA)』で1.5号のPEラインを巻いており、リーダーは40lbだ。

誰もが攻めたくなる磯際 [写真タップで拡大]

朝マズメとは趣向をかえて磯際を攻めてみることにすると、これが正解だった。早々に魚が喰いつくもフックアウト。同じところをトレースするとすぐに魚が喰いついた。磯際でラインブレイクしないよう丁寧に魚を浮かせると美しい銀色の魚体がエラ洗い、ヒラスズキだ。

この日ファーストフィッシュは73cmのヒラスズキ。自己記録とのこと。 [写真タップで拡大]

さらに同じ磯際を丁寧に攻め続けていると、コンコンとアタリがあるもののフッキングしない状態が続く。そしてついに魚がヒット、魚を浮かせてみるとクロダイだ! なかなかフッキングしないと思ったら正体はクロダイ。同じコースを再度通すと立て続けとなるクロダイをキャッチ。

立て続けにクロダイ2枚をキャッチ [写真タップで拡大]

ショアレッド見参!

完全にこの日のパターンを確立したヨネスケさんは磯際を攻め続ける。するとまたまた魚がヒット、そして引きがおかしい「青物か?」と疑問符をつけながら魚を浮かせてみると「うぉ〜!」とヨネスケさんから声が漏れる。あがってきたのはなんとマダイ。ショアからマダイを釣りあげて歓喜するヨネスケさん。

ついに手にしたショアレッド [写真タップで拡大]

興奮冷めやらぬなか磯際トレースを続けると…魚がヒット! 先ほどと同じような引きを見せる魚は、まさかまさかのショアレッド。立て続けにマダイを釣り上げた。

[写真タップで拡大]