「うわ、デカい」「想像の倍デカい」ワカサギ釣り中に、とんでもない化物が…

渓流でのルアーフィッシング動画を中心に展開する釣りYoutuber「fishing jv」で、驚きの動画が公開された。ワカサギ釣りをしていた際に発生したハプニングなのだが、その意外過ぎる結果が話題となっているので紹介しよう。

>>とんでもない大物の正体を写真で見る<<

●文:ルアマガプラス編集部 ●引用元:fishing jv(Youtube)

2024 新製品情報

fishing jvとは?

[写真タップで拡大]

fishing jv(ふぃっしんぐ じぇーぶい)

渓流や源流釣りをメインに活動する人気YouTuberで、現在はアングラーズ公認釣り人「アングラーズマイスター」としても活躍中。アップする動画の中では、相棒のミツまる氏と共に本格的かつエクストリームなルアーフィッシングを展開。ジャクソンのテスターも務めている。

今回紹介する動画はコチラ!

ワカサギ釣りで40cmオーバーがヒットするとこうなる!!!

氷上でのワカサギ釣り中に事件は起こった…

[写真タップで拡大]

氷上でのワカサギ釣りとは、結氷した湖で、氷に穴を空けてそこに仕掛けを落とし込んで釣る、冬の風物詩とも言える釣りだ。

ワカサギ
全国各地の様々なフィールドに生息する。最大15cm程度の成魚が冬から春に産卵し孵化。5月頃には体長3cm程度になる。主要なワカサギレイクでは春頃に、4mm前後まで育てた稚魚放流が盛んに行われている。 [写真タップで拡大]

fishing jvは、渓流でのルアーフィッシング動画を中心に展開するYoutubeチャンネルだが、今回紹介するのは、氷上でのワカサギ釣り。

[写真タップで拡大]

ワカサギと言えば、15cm程度の小魚で、繊細なアタリを掛けて釣り上げるのが醍醐味の釣りだ。しかし、この動画は冒頭からワカサギ釣り用の繊細な竿がグニャリと曲がり、ただごとではない様子だ。とんでもない大物がヒットしていることが画面からも伝わってくる。

[写真タップで拡大]

同行者の女性がヒットさせたようだが、あまりの引きの強さに選手交代し、慎重にやり取りを行う。何と言ってもワカサギ釣り用の仕掛けなので、ムリは禁物だ。こうなったら、どうしても正体が見たい! ラインブレイクだけは避けたいところ…。

[写真タップで拡大]

しばらくやり取りしながら、慎重に引き上げていると、かすかに魚体が見えた! どうやら、大型のイワナがヒットしたようだ。ワカサギの仕掛けにイワナ…!? そんなことが起こるとは。

[写真タップで拡大]

カメラで穴を覗き込むのだが、イマイチ判然とせず、映像では魚体までは確認できない…。ん〜、もどかしい! ちなみに、ワカサギ釣りの遊漁券なので、イワナは対象外ということで、釣り上げてもリリースする必要がある。なるべく、魚にダメージがないよう釣り上げてから、針を外して逃してあげたいという思いから「助けてあげたい…」という声が漏れる。

[写真タップで拡大]

しかし、残念なことに、あと一歩の所でワカサギの仕掛けが切れてしまう! マジか…! 巨大イワナの姿が見たかったのに…!

[写真タップで拡大]

と、落胆しかけた瞬間、実はもう1つ投入していたワカサギの仕掛けに、巨大イワナが絡まっていて、まだ、ギリギリ引き上げる望みが残っている! 何とドラマチックな展開だ!

[写真タップで拡大]

もう、手が届きそうなところまできているのだが、魚が大きすぎて穴を通らないという、絶望的な状況に…! 一体、どうするのか…!?

[写真タップで拡大]

それでも何とか、メチャクチャ冷たい水の中に腕まで突っ込んで、巨大イワナを引き上げることに成功! オチを見せてしまうと、ネタバレとなってしまうので、緊張感のあるやり取りと魚体は、是非、動画でご覧頂きたい。

巨大イワナの姿を動画で視聴する


※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。