[正式発表]Fishmanが公開した新作2機種のスペックがヤバい。実機に触るチャンスあり!

こだわりのベイトロッドを多数リリースするFishmanから、以前より開発が進んでいたニューモデルの正式スペック&発売時期がアナウンスされた。さらに、各種イベントでの展示も行わるとのことで、気になる詳細をチェックしていこう。

●文:ルアーマガジンソルト編集部

2024 新製品情報

ライトゲーム用&ショアジギング用、ベイトロッド2機種を発表

今回、Fishmanが新たに発表したのは、バーサタイルに使用できるライトゲーム用モデル「Beams inte7.7UL(ビームスインテ7.7UL)」と「BRIST VAJRADANA10XH(ブリストバジュラダーナ10XH)」となる。いずれも、春~夏にはデリバリーで、3月下旬頃には予約開始となっている。

この2機種に関して、特長やスペックを紹介。また、フィッシングショーでも展示が確定しているので、気になったアングラーは、是非とも会場で製品を実際にチェックしてみてほしい。

【Fishmanのニューモデル2機種】

  • スーパーライトバーサタイルロッド「Beams inte7.7UL」
  • ショアジギングロッド「BRIST VAJRADANA10XH」

全国の様々なターゲットに対応!Beams inte7.7UL(ビームスインテ7.7UL)

無駄を削ぎ落としFishmanロッドの特性を活かしつつ軽量化。そこに尺メバルと真っ向勝負できる張りを持たせることで、硬いが曲がる魔法のようなブランクスを実現したのが、ビームスインテ7.7ULの特徴だ。そして、開発のテーマは「乗せと掛けの融合」

バーサタイルに使用できる、ライトゲーム用ベイトロッド、Beams inte7.7UL(ビームスインテ7.7UL)。 [写真タップで拡大]

ライトなリグやプラグを遠くに飛ばし、ついばむような微細なアタリをアングラーに伝え、掛けにいくことも乗せにいくこともできる。それでいてバットは大物とのファイトにも耐えうる強さを持ち合わせている。

[写真タップで拡大]

その特性はさまざまな魚種への応用を可能にしており、アジングやメバリングはもちろんのこと、フリーリグチニングやライトエギング、そしてキジハタゲームといったロックフィッシュゲームなど、幅広いゲームに対応するモデルとなっている。例えば、ターゲットが不明な遠征先のフィールドでも、この1本があれば問題なくゲームが展開できるはずだ。

Beams inte7.7UL(ビームスインテ7.7UL)の各パーツの解説とスペック

●グリップ
ブランクタッチのリールシートと、小さなアルミフォアグリップをオリジナル形成して感度重視のデザインに。 [写真タップで拡大]

●グリップエンド
グリップエンドは肘の内側に収まる長さに設定。可動域が広がり7.7ftながら取り回しも良好。 [写真タップで拡大]

【Beams inte7.7UL(ビームスインテ7.7UL)のスペック】

  • 全長:234cm(7.7ft)
  • 継数:3ピース
  • 仕舞寸法:91cm
  • グリップ長:34cm
  • 自重:125g
  • 素材:4軸カーボン
  • ガイド:Kガイドチタン+ステン
  • ルアーウェイト:2~10g
  • ライン:PE0.3~1号
  • 価格:59,800円(税抜)
  • JAN:4571487900443

【Beams inte7.7UL(ビームスインテ7.7UL)推奨リール】

シマノアルデバランBFS、カルカッタコンクエストBFS、スコーピオンBFS
ダイワスティーズCTSVTW、ミリオネアCTSV、アルファスエア、SSエア、モアザンPETW、HRF PE スペシャル、月下美人AIR TW
アブガルシアレボALC-BF7、レボALC-IB

ショアジギ用ベイトロッド、BRIST VAJRADANA10XH(ブリストバジュラダーナ10XH)

バジュラダーナに10XHの開発コンセプトは、不安定な足場でのファイトの安全性と、安定したキャストの持続性。この特性を得るために、しなやかな調子を採用するモデルとなっている。柔よく剛を制すという基本コンセプトはそのまま“ジグを扱うこと”に特化してテーパーのデザインや持った時のバランスなどは全く異なる設定だ。

BRIST VAJRADANA10XH(ブリストバジュラダーナ10XH)[Fishman] [写真タップで拡大]

既存モデルの11XHは、プラッギングに寄せたレギュラーテーパーとなっている一方、ジグをメインに扱うことを想定した10XHはレギュラーファーストテーパーを採用。竿を下に下げてダイペンをサビくためあえて先重り感を作った11XHに対し、10XHは竿を起こしてジグをシャクる動作を楽にするため手元に重心を置きティップに軽快感を出しているのが特徴となる。

[写真タップで拡大]

また、その軽快感により、ミノーのジャーキングやジグミノーの誘い上げなども非常に扱いやすくなっているという。100~120gなどヘビーなダイペンをキャストする際は、11XHよりも楽に振り抜ける特性ももっている。グリップデザインは11XHを踏襲し、どんな握り方でも「ハンドワインディング」をスムーズ行える。

BRIST VAJRADANA10XH(ブリストバジュラダーナ10XH)の各パーツの解説とスペック

●グリップ
11XH同様にEVAのフォアグリップを設け、どんな握り方でもハンドワインディングしやすい形状を採用。 [写真タップで拡大]

●デザイン
古代インドの武器(ヴァジュラ)をモチーフにデザインした刻印を採用。 [写真タップで拡大]

●ブランクス
ブランクスは大型青物をいなすパワーを備えながら不安定な足場でのファイト、安定したキャストの持続性をを得るべく“柔軟さ”も兼ね備えたテーパーデザインとなっている。

【BRIST VAJRADANA10XH(ブリストバジュラダーナ10XH)のスペック】

  • 全長:305cm(10ft)
  • 継数:3ピース
  • 仕舞寸法:106cm
  • グリップ長:84cm
  • 自重:430g
  • 素材:4軸カーボン
  • ガイド:Kガイドチタン+ステン
  • ルアーウェイト:40~120g
  • ライン:PE2~8号
  • 価格:69,800円(税抜)
  • JAN:4571487900436

【BRIST VAJRADANA10XH(ブリストバジュラダーナ10XH)推奨リール】

シマノカルカッタコンクエスト300・400、グラップラー、TRANX400・500(輸出モデル)
ダイワレクサ400(輸出モデル)
アブガルシアレボビースト、ビッグシューターWM50・WM60、ビッグシューター
テールウォークエラン スーパーワイドパワー
海外メーカーシグラー社SM、アベット社 MXJ5.8MC、アベット社 JX6.0MC、マクセル社 HY20JPN、マクセル社 トランスフォーマーF30・F40・F50

いかがだっただろうか? Fishmanから正式発表されたニューモデル2機種、いずれも、釣りフェスティバル2024の会場で実際に触れて確かめることが可能となっている。なお、両機種とも3月下旬頃に予約が開始となっている。

Fishmanの新しいロッド「Beams inte7.7UL」と「BRIST VAJRADANA10XH」は、いずれも2024年3月下旬頃に予約がスタートとなっている。 [写真タップで拡大]


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。