【釣りの幅がもっと広がる】DAIWAの未来形リールに新型登場! 『IMZ TW200-C』!

昨年、センセーショナルなデビューを果たしたDAIWAの次世代ベイトリール「IMZ」。極上の使用感に加え、デジタル制御ブレーキといった画期的システムが搭載されていたリールだが、2024年にはその新型が登場する!!

●文:ルアマガプラス編集部

2024 新製品情報

IMZ TW200-C(DAIWA)

驚くほどに快適な巻き心地を生み出す「ハイパードライブデザイン」や、アプリとの連携が可能であり優れた拡張性を持ち合わせたDAIWA初のデジタル制御ブレーキ「インテリジェントマグフォース」を搭載した『IMZ リミットブレイカー』。

IMZ リミットブレイカーTW HD-C(DAIWA) [写真タップで拡大]

2023年はその革新的なまでのリールが登場し、大きな話題となったことは記憶に新しいだろう。

そんな次世代ベイトリール「IMZ」に2024年は新モデルが登場する。

その名も「IMZ TW200-C」。

IMZ TW200-C(DAIWA) [写真タップで拡大]

そのサイズが故に、ビッグベイトゲームや遠投のための釣りへの適性が高かった23モデルよりもボリューム感を抑えたことで、快適に釣りができるスタイルの幅が拡大している。

[写真タップで拡大]

スプールは、リミットブレイカーと同等の38ミリサイズG1ジュラルミン製を採用していながら、フロロカーボンライン18lbを100m、PEラインは2号200m巻けるスペックとなっている。

重量も5g軽い245gをマークし、90ミリアルミ製ハンドル+新型ハイグリップIシェイプパワーラージノブを採用するなど、一回りコンパクトになって様々な釣りで使いやすくなっている。

[写真タップで拡大]

もちろん、IMZを象徴する「IMコンセプト」は踏襲。

アプリとの連携により使い込むほどにバージョンアップし、当たらなデジタル制御のブレーキセッティングが開放されていく。

その日その日の釣りを楽しむだけでなく、「釣りを続けること」すらも楽しみへと変えていく。

IMZが今年も釣りを進化させてくれそうだ。

〈次のページは…〉大きい画像でIMZ TW200-Cを隅々までチェック!

※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。