ワーム単体でアラバマリグ!?不思議な集合体型ワーム『アンブレラワイヤー(レイン)』

超絶定番の「レインズスワンプ」を筆頭に、釣れ筋ワームを数多くラインナップする「reins(レイン)」が今年もヤバい新製品を展開! サイコロ系とスキニー系の合いの子?いやいや。まったく新しい「アラバマワーム」だ!

●文:ルアマガプラス編集部

2024 新製品情報

アンブレラワイヤー(レイン)

ストレートワームのド定番「レインズスワンプ」シリーズや、ビギナーの味方でありながらときに爆発的な釣果を生み出す「Gテールサターン」など、釣れ筋ワームを多く展開する『reins(レイン)』。

ときに衝撃的なアイテムを展開していることでも知られているが、2024年の新製品がまさにそれ。

レインで開発担当も務めるトーナメンター・篠塚亮さんが語ってくれる。

篠塚亮
しのつか・りょう/JBトップ50の桧原湖線や北浦戦を優勝した経歴も持つ凄腕の現役トーナメンター。2005年から務めるレインのワーム開発担当。 [写真タップで拡大]

篠塚「ちょっとぐにゃぐにゃしていて全容がわかりにくい(笑)のですが、六面体のそれぞれの面からスワンプワイヤーが生えたような形状になっているワームです」

[写真タップで拡大]

篠塚「アクションのイメージは『アラバマリグ』。ワームの一本一本が独立して動くことで、生物の集合体みたいな存在感を放ちます。ダウンショットやジグヘッドなんかで小魚の群れをイメージして使ってもらえるといいのかなと思います」

イナッコなど、かなり高い密度で泳ぎ回る姿を釣り場で見かけるが、そのイメージに近いとのこと。海の魚では有るが、ゴンズイ玉も近いイメージだとか。

[写真タップで拡大]

篠塚「ロコアングラーの方がクロススワンプワイヤーを3本掛けしていたことをヒントに開発が始まりました。単体でも5gほどと重量があるので、ベイトフィネスでも使いやすいと思いますよ!」

ワーム単体で「群れ」を表現する驚きのソフトベイト。

2024年のフィネスは『アンブレラワイヤー』から目が離せない!

〈次のページは…〉アンブレラワイヤーの詳細

※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。