根の荒い海底に潜み、定置網には滅多にかからない。毒針あるけど超うまい高級魚!

今日は節分なので豆まきをしている方も多いのではないだろうか。「鬼は外、福は内」掛け声とともに豆をまいて鬼を追い払い、家内へ福を呼び込むのだ。ところで今回の「THEフィッシング」は高級魚であるオニカサゴを狙う。こんな鬼ならぜひ釣り上げてみたいものだ。

●文:ルアマガプラス編集部

2024 新製品情報

【THEフィッシング】絶品の高級魚!駿河湾のオニカサゴ

2024年2月3日夕方5:30から放送の「THEフィッシング」。今回のターゲットは沖釣りで人気のオニカサゴ。 根の荒い海底に潜むため、定置網にはめったにかからない。市場に出回ることの少ない貴重な魚。その味は上質な白身が絶品!この時期、鍋にして最高の高級魚だ。今回は自分で釣らなければ中々味わえない高級魚オニカサゴを駿河湾で狙う!

[写真タップで拡大]

アングラーは沖釣りのエキスパート・田渕雅生と、オニカサゴ釣り初挑戦の杉野美星。

[写真タップで拡大]

早朝4時、土肥港を出船。駿河湾の中央に位置する石花海(せのうみ)まで船は走る。水深150〜200mのポイントで仕掛けを投入!オモリで海底を4〜5回叩いて、竿を大きく聞き上げる。付けエサをヒラヒラと漂わせて、海底に潜むオニカサゴにアピールしていく。

[写真タップで拡大]

開始からおよそ1時間、杉野の竿が引き込まれる。慎重にアワセを入れて巻き上げる。かなりの重量感だ。残り100mぐらいで首を振るような感触が。これはオニカサゴ特有の動き。そのまま上げてくると、本命のオニカサゴが!しかもデカい!果たしてサイズは!?

さらに、ゲストで幻のあの魚も登場!?

[写真タップで拡大]

釣りのあとは絶品のオニカサゴ料理を堪能!釣り人ならではの楽しみが詰まった30分! どうぞお楽しみに!

[写真タップで拡大]


※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。