「ブラックバスが釣れたら大いに喜べ!ありがとう太陽!」バス釣りの必須所作を全力解説!

バス釣り歴数週間のビギナーも、ウン十年のベテランもフィールドに立てばみ~んな平等。僕たちのココロをつかんで離さないバス釣りに関する気になること、興味はあるけどいまさら聞けないあれこれを、すべてのバス釣りアングラーの強い味方、メジャークラフトのヒロセマンが真心込めて全力解説!! そう、すべてはもっともっとバス釣りを楽しむために!

●文:ルアマガプラス編集部

2024 新製品情報

Profile

バス釣り伝道師:広瀬達樹(ひろせ・たつき)
a.k.a.ヒロセマン

ハイコスパタックルブランド、メジャークラフトのプランナー兼プレイヤー。ルアーの釣りが大好きだ~! [写真タップで拡大]

バス釣りを続けるための所作とは!?

今回のテーマはバス釣りの必須所作です。

「所作とは振る舞い。どんな動きをするかってことですね」

そうです。

「まずは“寝る”ですね」

少し早いかな~。

「でも釣り人って釣りに行く! って決めた瞬間からワクワクしてますよね。だから前日はしっかり寝ることが大事です。早起きもしなきゃだろうし」

確かにそうです(笑)。

「まぁ具体的には投げるとか探すとか細かくありますが、ひとまずそれは置いといて、“楽しむ”ことが大事ですよね。だって趣味ですから。難しく考えたり、悩んだり、ましてやストイックになるなんてのはメディアに出る側だけで十分。ま、僕は取材も楽しんでますけど」

釣り以外の方が楽しまれている気はしますが(笑)。

「それも置いといてください(笑)。ただ、考えて、悩んで釣れるとより楽しいですけどね。でも釣れなくても気楽にやるのが大事。それが長く楽しむためのコツだと思います」

いきなり番外編!
「冬の体もカラッカラ! とベー(鶴瓶)師匠が言ってます」
てことで、乾く前に飲む! 水分補給は忘れずに! [写真タップで拡大]

実績ありのため池にて
「元気サイズが食いました!」
ファーストエントリーするとす~ぐバイト。が、衝撃の展開が!?(次回に続く) [写真タップで拡大]

ENJOY!! レッスン1

バス釣りの必須所作:釣る前編

釣り場に立つ前から釣りは始まってる!

「まずはどこで釣るかですよね。考えてエントリー。初場所なんかだと地図アプリを見たりして釣れそうなスポットをチェックする。行き当たりばったりでも釣れるし、それでも悪くはないんですが、やっぱり狙って釣りたい。そのための助走も必要ってことです」

[写真タップで拡大]

前所作①:探す

季節によるバスの動きと照らし合わせたスポット。プレッシャーの低い隠れた小場所など、まずは目的に合った釣りができる場所を探す。

前所作②:準備する

まずは観察してからの流れもありだが、ヒロセマンは得意のジグヘッドワッキー勝負で釣れなきゃ移動という釣法優先スタイル。

[写真タップで拡大]

前所作③:歩く・漕ぐ

釣り場まではもちろん歩くのがオカッパリ。場合によってはやぶ漕ぎも。歩数計もあると運動した感を得られるのでおすすめだ!

[写真タップで拡大]

前所作④:マナーを守る

駐車スペースはもちろん、ゴミは出さない、騒がないなど、近隣住民への配慮はマスト。釣りをさせてもらっていることを忘れずに。

[写真タップで拡大]

前所作⑤:選ぶ

フリックのジグヘッドワッキーほぼ一択のヒロセマンも現場の状況によっては巻いたりもする。「シーズナルでルアーは選ぶんダナ」

ENJOY!! レッスン2

バス釣りの必須所作:釣り中編

エキサイティング
「いわゆる“釣り”の部分。投げたり巻いたり動かしたりファイトしたりなどなど。ただアプローチとは別の部分で、無心になるとか、わざと別のことを仲間と話したりとか“殺気を消す”みたいなのも釣りらしくておもしろいですよね。ハウツーにはならないですが」

[写真タップで拡大]

中所作①:考える・観察する

見る、感じるはもちろん、風や陽射しなどあらゆることを考えて釣る。バスが岸を向いてホバリングするのを見たら大チャンスだ!

[写真タップで拡大]

中所作②:投げる

距離はどうあれ、これをしなければ始まらない。ヒロセマンは細PEを用いた超遠投派。
「人が届かないからこそ釣れるんダナ」

[写真タップで拡大]

中所作③:操る

バスを誘う超重要行為。放置もあるが、基本はルアーは動かさないと意味がない。シェイクやただ巻きなどバリエーションも豊富だ。

[写真タップで拡大]

中所作④:ファイトする

バイトを感知してフッキングからのファイト。障害物などを避けつつロッドを低くして跳ねさせないこと。主導権を握ることが大事だ。

[写真タップで拡大]

中所作⑤:取り込む

ランディングとも。ネットと抜き上げがあるが、ロッドが耐えられるのなら抜き上げのが確実。地面にバスを落とさないように!

[写真タップで拡大]

水面をジャンプして必死の逃走をみせる。バス釣りの興奮するシーンのひとつ。
「ホントは跳ねさせたら負けですよ!」 [写真タップで拡大]

ENJOY!! レッスン3

バス釣りの必須所作:釣った後編

釣ったら全力で、「ヤッター!」
「釣ったらそれでヨシ! じゃなくて、状況、ルアー等々、なぜ釣れたかを考えて次の1本次の釣行に繋げることが重要です。極端な話、釣れない方が勉強になったりします。つまり、バス釣りはそこまでイージーではない! なので、まずは素直に喜びましょう(笑)」

後所作①:大いに喜ぶ!

得意のジグヘッドワッキーが火を噴き、連続ヒット!
「ジャンボが釣れればそりゃ嬉しいですが、釣り方がハマった連発もサイコー! ありがとう太陽!」
すべてに感謝!

サイズは問わず!
減水したため池にて、連発劇の一本目!
「季節のハザマでショートバイト。でも元気サイズよりもいいサイズッ!」 [写真タップで拡大]

今月のコレいいモノ!

収納上手の小バッカン

「海のメタルジグ用ですが、バスルアーはもちろん、ワームを袋ごとでもいいし、ビッグベイトもいける。整理上手は釣り上手! 思い付いたらすぐ結べる! が理想です」

[写真タップで拡大]

メジャークラフトのジグバッグセット。ロングジグが入るサイズだが、使い方はアナタ次第! 中のネットは1個付属。別売りもあり! [写真タップで拡大]

ENJOY!! 今月のイッポン!

バスパラ BXS-662L

注目ポイント
全機種2ピース or 振り出しモデルで持ち運びやすさも追及。継ぎ目に番手が印字されているので複数本持ってても間違えることなし! [写真タップで拡大]

SPEC
●全長:6ft6in
●アクション:ファスト
●対応ルアー:1/16~1/4oz
●対応ライン:4~8lb
●価格:8,800円(税込)
[写真タップで拡大]

ヒロセマンおすすめのワケ
「最初の1本から長期愛用する1本まで。あらゆるニーズに応えるハイコスパシリーズ。この662Lで一体何本釣ったんだろう。三桁といっても大げさではないですね。スゴい!」 [写真タップで拡大]


※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。