【秘密はリップにあり】浅いだけじゃない!? 新作『ワンテン』は芸達者!

キングオブジャークベイトとして世界中、とくにバスフィッシングの聖地アメリカで不動の地位をモノにしているメガバスのジャークベイト「ヴィジョン ワンテン」。これまでにも沢山の派生モデルが展開されてきたが、つにシャローレンジ版が登場。しかもどうやら浅いレンジを泳ぐだけではないようだ

●文:ルアマガプラス編集部

2024 新製品情報

ヴィジョン ワンテンRS(メガバス)

トーナメンターならタックルボックスに入っていないひとはいない…。サポート外アングラーがこっそり使って好成績を残した…。伝説に事欠かないキングオブジャークベイト「ワンテン」。

オリジナルモデルを筆頭に、「ワンテン」の名がつくルアーだけでも20アイテム以上が存在するとんでもないジャークベイトだ。

そんなワンテンだが、ロングリップ化した「+1」など、システマチックに潜行レンジを深めていた一方、実はシャローレンジ対応モデルは2024年の新作『ヴィジョン ワンテンRS』が初(ハイフローとモデルを除く)。

●全長:110.5mm●重さ:1/2oz●タイプ:スローフローティング [写真タップで拡大]

その潜行レンジは最大60cm程度と、オリジナルモデルよりも1mほど浅い設計となっており、激シャローはもちろん、水面ギリギリまで岩やウィードが伸びるエリアでも使いやすくなっている。

また、飛びとブレーキのメリハリが魅力的なオリジナルよりも大幅にダート性能が向上。入力に応じたロッドワーク次第で、ライズアップやロール・フラッタリング、フラッタリング&ダートなど、多彩な演出ができる。

2024 新製品情報

その大きな要因がリップ部分。

オリジナルモデルと同等のボディながら『ワンテンRS』ではリップ部分を大きく改修。

付け根がかなり太くなるとともに、X80などと同じくリップ先端がくぼんだスコップビルデザインを採用しているのだ。

これにより、ショートビルでもしっかりと水を掴み、大きなアクションを発生することが可能となってるのである。

2024年、新たなキングオブジャークベイトが生み出す新たな戦略に注目だ!


※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。