ディープパラドックス第1弾スプーン「グラビティ」完成!【キャンタ】

群雄割拠のエリアスプーンの世界。そんな激戦区の中で、次々と【新しい価値観】のスプーンを開発し続けているキャンタ。【斬新にして王道】そんなスプーンを作り出すことができる、エリア業界の未来を担う開発者・キャンタの新しい挑戦が始まった。

●文&写真:立川宏

2024 新製品情報

[写真タップで拡大]

狩野祐太(かのう・ゆうた)

新ブランド「ディープ・パラドックス」発表で、さらに注目度が集まるエキスパート。トラウトキング選手権大会ダブルマイスター。独自の理論にのっとり、スプーンにこだわったモノ作りでエリア界に革命を起こした寵児。

キャンタ開発【グラビティ】というスプーン!

巻き上げの向こう側を見てみませんか?

[写真タップで拡大]

キャンタ「ウエイトは1.65g。オールレンジに散った高活性を効率的にキャッチするためのスプーンです。

一番の特徴は任意のレンジから浮き上がりにくいこと。1.6~1.8g前後のスプーンは市場にも沢山ありますが、既存のどのスプーンと比較しても、グラビティの浮き上がりにくさは群を抜いています。

普通に巻くだけで同レンジ付近をキープできる、扱いやすいスプーンです。

トラウトがレンジから動かない状況において活躍します。そのため、どのレンジが効くのか? を調べるサーチ能力に長けていますが、同時に振り幅を、意図的にあまり大きくしていないので、食わせ能力も高いです。サーチと食わせ、その両方こなせるスプーンです」

新ブランド「ディープ・パラドックス」 [写真タップで拡大]

キャンタ「使い所は、放流から使えますが、グラビティが一番輝くのは、放流が少し落ち着いたタイミング。いわゆるセカンド~サードです。

さらには、これからの寒い時期、トラウトはボトム付近に溜まりがちです。スプーンをボトム付近に通したいけど、スプーンは巻くと浮上してしまいます。

そんなときにグラビティをゆっくり巻けば、ボトム付近のレンジを探れます。

グラビティの真骨頂はレンジキープ~巻き上げです。

グラビティは巻き下げ用のスプーンではありません。同レンジキープから巻き上げで使ったときに、最も輝くようにセッティングを調整したスプーンです。

スプーンをストレスなく簡単に使えるのが、巻き上げです。簡単に使って最大限の効果が得られる【巻き上げの向こう側】を体験したい方には、グラビティは本当にオススメです」

※グラビィ1.65gは2024年1~2月発売予定。
※グラビティ1.35gはその後、順次発売予定。

簡単に使って最大限の効果が得られる【巻き上げの向こう側】を体感してみませんか

上 →グラビティ1.65g(ディープパラドックス)
下 →グラビティ1.35g(ディープパラドックス) [写真タップで拡大]

1.65gと1.35gのシルエットは同じ。ウエイト差は板厚違いで演出している

キャンタ「自分が開発するスプーンはすべて板厚違いでウエイト差を出しています。理由は同じ動きのまま、速度だけを変えたいからです。シルエットを変えてカップ形状を変えてしまうと、動きの質まで変わってしまいます。例えばグラビティ1.65gで釣れていた場合、同じ質の動きで速度だけ落とせれば、長時間釣り続けることは難しくありません。釣りをキレイに繋げたい! そのために自分は板厚違いでウエイト差を出しています」 [写真タップで拡大]

グラビティ1.65gは2024年1~2月発売予定。1.35gは1.65g発売後に順次発売予定。 [写真タップで拡大]

取材の1尾目でこのサイズ こいつは幸先いいですね~ [写真タップで拡大]

グラビティ×カラーラインナップ

カラーは現在最終調整中。そのため今回の取材で撮影したカラーは全てプロトカラー [写真タップで拡大]

キャンタ「カラーには絶対の自信があります。グラビティに関しましては、自分考案のカラーだけではなく、ディーパラのテスター陣のカラーも積極的に定番色に入れていく予定です。具体的には塩野充のソルティマジョーラ、渡辺元気のゲンチャンセカンドなどの人気カラーも定番カラーに入れる予定です」 [写真タップで拡大]

グラビティ×フックセッティング

ノーマルフックはMKフックシャープ#7(ヤリエ)もしくはAGフック#7(ヤリエ) [写真タップで拡大]

ハニカムTフック#6(ロデオクラフト)にローテする場合

ハニカムTフック#6にフックローテすることによって、速い方向の速度域の幅を広げることが可能。

AGフック#8 #7(ヤリエ)にローテする場合

「MKフックシャープ#7でフッキングしにくい状況のときには、AGフック#8か#7にフックローテします。スローな場合は#8。MKフックシャープ#7と、同速度域で、フッキング率を上げたい場合は#7です」

(写真右)
■ロッド:フォーナインマイスターキメラ603L-e(ロデオクラフト)
■リール:18イグジストLT2000S-P(DAIWA)
※チューニング:LEチューン(レビテーションエンジニアリング)
※ハンドル:RCカーボンハンドル44ミリ(ロデオクラフト)
■ライン:スーパーエステル0.3号(バリバス)
■リーダー: スーパートラウトエリアマスターリミテッドVSPフロロリーダー0.5号(バリバス)
(写真左)
■ロッド:フォーナインマイスターキメラ603L-e(ロデオクラフト)
■リール:18イグジストLT2000S-P(DAIWA)
※チューニング:LEチューン(レビテーションエンジニアリング)
※ハンドル:ファンネル45ミリ(リヴァイブ)
■ライン: スーパートラウトエリアVA-GS0.5号(バリバス) [写真タップで拡大]

最新エリアトラウトにはこの1冊!『ルアーマガジン鱒王』

『ルアーマガジン鱒王vol.5』2024年

エリアトラウト究極本…ニジマス管理釣り場の入門とアドバンス!

  • 発売日:2023年12月21日
  • 定価:1980円(税込)

※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。