「とんでもねぇ…」釣りって深海1000mでも可能なのか…釣り上げた魚はまさかの高級魚!

2024年5月11日(土)夕方5:30から放送の「THEフィッシング」は、驚きの水深1,000mでの釣行。ターゲットとなるベニアコウに挑むのはる田渕雅生と石塚広行。通常の釣りでは、まず目にすることがない深海で釣れるのは果たして?

●文:ルアマガプラス編集部

2024 新製品情報

【THEフィッシング】狙うは水深1000m!深海に潜む高級魚ベニアコウ

今回は水深1000mに潜む高級魚、ベニアコウに挑む!

フィールドは、相模湾。日本三大深湾に数えられており、最大水深はおよそ1600mと言われている。

アングラーは、深海釣りを得意とする田渕雅生と、沖釣りを幅広くこなす石塚広行。

出船から1時間、ポイントに到着。仕掛けが絡まないように船長の合図で順番に投入する。

「1000m超えましたよ!カウンターで」

電動リールのカウンター表示が1000mを超えた。釣りの対象魚としては、最も深い水深に生息するベニアコウ。他の釣りでは、まずお目にかかれない表示だ。その後、カウンターは1090mでようやく止まった。

着底したら糸フケをとるため、30mほど巻き上げて、スプールを押さえてテンションをかけながら底をとる。

ここまでかかった時間は15分。ベニアコウ釣りは、一投一投に時間が掛かるため、1日で4〜6回しか投入できない。わずかなチャンスをものにするため、竿先を見つめてアタリを待つ。

「アタった!水深1000mでもアタリが出るんですよ!」

竿先がわずかに震えた。1キロ先の仕掛けについているのは、果たして本命ベニアコウか?

沖釣り師の間では、幻の魚とも呼ばれるベニアコウ。船中1尾出れば良しとされており、滅多にお目にかかれない魚だ。

珍しいだけでなく、食べても美味い!番組後半では、絶品ベニアコウ料理もご紹介!どうぞお楽しみに!


※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。