【逃がしで動きすぎない!】ライブスコープサイト対応!? ゲーリーのワームが最新テクニックに対応して新登場!

国内外問わず、バス釣り用ワームのトップメーカーとして誰もが信頼を置くゲーリーヤマモト。その多くのアイテムがシンプル形状であり、いつまでも変わらない釣果をもたらしてくれる安心感があるといえるだろう。そんなゲーリーから、バスフィッシングの最新シーンにアジャストした新作ワームが登場する!

●文:ルアマガプラス編集部

2024 新製品情報

3″SCOPE SHAD(3インチ スコープシャッド)

●全長:3インチ●価格:未定

三角形の断面を持つ細長いグラブのようなボディに、フィンテールが付いたデザインのビジュアルは、ゲーリーワームにこれまでありそうでなかったビジュアルと言えるだろう。

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

全長3インチで単体重量は3.8g前後。

同じく3インチのファットヤマセンコーに比べるとかなり軽いウエイトの印象を受けるが、それもそのはず。ゲーリーワームといえば、高比重までリアルの印象が強いが、スコープシャッドには浮力の高いマテリアルを採用しているのだ。

ライブサイトを想定したデザイン

トーナメントシーンで席巻しているライブスコープなどのFFSとの併用(いわゆるライブサイト)を想定したスペックとなっており、ジグヘッドリグと組み合わせれば頭を下にした姿勢で素早くバスのいるレンジに到達させることが可能となっている。

ライブサイトにおけるテクニックとして「逃がし」と呼ばれるショートトゥイッチがあるが、その際にも派手な動きを見せず、小さなダートと繊細なフィンテールの動きでバスをしらけさせないデザインになっている点も見逃せない。

また、浮力の高さを活かしてダウンショットリグやキャロライナリグで漂うような演出が得意なのも大きな特徴といえるだろう。

〈次のページは…〉グリパンにウォーターメロン…定番が揃ったスコープシャッドのカラー一覧