「アカン、売れてまう…」もはや最強か? 新型SUVが釣り人にベストマッチ!

2024年にマイナーチェンジが実施され、さらに魅力が高まったヴェゼル。グレード体系&装備仕様の変更のほか、e:HEV車を中心にパワートレーン&遮音性能も強化され、すべての面でパワーアップ。ルアマガプラス編集部にも旧モデルのヴェゼルに乗っている編集部員がいる。そんなヴェゼルを”釣り車”の視点から紹介していこう。

●文:ルアマガプラス編集部

2024 新製品情報

そもそも、ホンダ・ヴェゼルってどんな車なのだろうか。

ホンダ ヴェゼル e:HEV Z(FF)
全長×全幅×全高(mm):4340×1790×1590
ホイールベース(mm):2610
最低地上高(mm):195
車両重量(kg):1380
乗車定員:5名
WLTCモード総合燃費:25.3km
最小回転半径(m):5.5

ヴェゼルはホンダが発売するコンパクトSUV。SUVでありながらもスポーティなビジュアルとどんなシチュエーションでもマッチするボディサイズから人気を博しているモデルだ。

2024年に実施されたマイナーチェンジでは、e:HEVモデルにおいて、ダッシュボード、ルーフ、フロアの各遮音材と防音材の厚み、配置が最適化され、静粛性が向上。また、エネルギーマネージメント制御を見直すことで、エンジン始動回数、停止頻度を大幅に低減するとともに、アクセルレスポンスがアップするなど、基本性能の底上げがされている。

ホンダ・ヴェゼルの釣り車としての実力とは

釣り場に向かう途中に狭い道に出くわすことはあるあるだ。ヴェゼルは狭い道でも苦にならないコンパクトなボディサイズながら、積載性も高い。普段使いと、釣りなどのアウトドアと両立が高いレベルでできるモデルだ。

後部座席は6:4で倒すことができ、フラットな荷室空間に変身。ワンピースロッドなどの長物や大きなバッカンも余裕の積載性。

実際に道具を積んだ例。この量でも荷室にはまだまだ余裕がある。ロッドの収納は、タウンユースの際にも邪魔にならない脱着が簡単なロッドホルダーがおすすめ。

釣り車として積載性も大事だが、釣りに行くにあたり、気になるのは燃費性能。e:HEVモデルならどのグレードの4WDを選択しても20km/ℓを超えるため、走行性能と燃費の両立が可能だ。

また、今回のマイナーチェンジでアウトドアテイストの強い「HuNTパッケージ」が登場。ルーフレールや専用アルミホイールなどを装備しているほか、エクステリアとインテリアも専用色となっており、クルマの個性を重視するアングラーにはぜひ選んでもらいたいモデルだ。


※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。