「えぇ…釣れすぎだろ…」ここはどこだ? チカメキントキ・尺アジ・レンコダイ・アコウ・アマダイ・ヤズ。大爆釣にも程がある!

5月18日(土) 夕方5:30から放送の「THEフィッシング」は、オフショアジギングで新たな注目を集めている山陰沖が舞台。そんな海に挑むのはベイトジギングの名手・小中孝浩。今回は大爆釣を魅せるようだが…!?

●文:ルアマガプラス編集部

2024 イカメタル特集

「THEフィッシング」爆釣!高級魚 山陰五目ジギング

いまオフショアジギングで新たな注目を集めるのが “山陰沖”。根魚から青物まで様々な魚種が楽しめる激アツのフィールドだ。

アングラーは小中孝浩。多彩なロッドワークを武器に対象魚を攻略するベイトジギングの名手だ。

朝まづめに向かったのは隠岐の島南部のエリア。

最初のターゲットはチカメキントキと宣言した小中。ジグをフォール中に誘うアクションで狙う。するといきなりのヒット! 引きを楽しみながら慎重に引き上げると、宣言通り30㎝オーバーのチカメキントキ。鮮やかな赤い体色が眩しい。

続けて尺アジ、良型のカサゴやレンコダイがヒット。その後、波が高くなるとジグを重たくして、よりシャープな動きを演出。「今度はヒラメを狙う」と宣言。すると竿が引き込まれる大きなアタリが!重量感を楽しみながらリールを巻くと、水面に現れたのは70㎝オーバーのヒラメ。狙い通りの一尾に小中の笑みが止まらない。

2日目は小中のテクニックがより冴えわたる。ジグのチョイスとロッドワークがうまくハマり、アコウ、アマダイと高級魚を連発!

恐るべし山陰のポテンシャル。気づけば10種目以上の釣果が!

ジギングの楽しさと奥深さがつまった30分。どうぞお楽しみに!


※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。