【知られざる高比重ワームの秘密】ルアーマガジン7月号発売!【でかトップ&レインウェア】

これからの季節、圧倒的な武器になるのが高比重ワーム(しかもノーシンカーが多い気もする)!強力な実弾とも言えるそのジャンルを掘り下げるのが今回のルアマガのメイン特集となります。また、同じく絶好のシーズンを迎えるでかトップや、梅雨前には揃えたいレインウェアの特集も併せておおくりします!

●文:ルアマガプラス編集部

2024 イカメタル特集

特集1:知られざる高比重ワームの秘密

シンドラハン特別編:検証「ヤマセンコーの日は本当か?」
河辺裕和

4月の祝日といえば29日の「昭和の日」。ところが、1億2400万人の日本人の中で、たった一人4月23日
も祝日だと主張する人間がいる。彼の名は大場諒。祝日の名は「ヤマセンコーの日」。その真偽を確か
めに、河辺裕和さんと検証してきた!

高比重が釣れる理由、教えます
赤松健

一誠にて多くのヒットソフトベイトをプロデュースする赤松健。独特の感性で釣りをする赤松さんが考える、高比重のワームが釣れる理由とは。大ヒットルアーの沈み蟲や新作のAKパンチの使い方を交えて、その秘密を語ってくれた。

最新デプス高比重ワームの実力
安江勇斗

琵琶湖発のボトムジャークで全国のフィールドを席巻した高比重ワームの派生モデルが今春登場。関東のメジャーフィールド、霞ケ浦での活用法を、JBトップ50参戦中の若きデプス戦士、安江勇斗プロに聞いてみた!

バス釣りヘブンズドアーSPECIAL「高比重ノーシンカーの真実」
大津清彰

塩の含有率が高く、シンカーがなくともよく飛んで沈みの速いソフトプラスチックルアー“高比重ワーム”。世の中に登場して間もなく半世紀を迎えようとしている今、あらためて、その有効性を使い方と共に検証し、おさらいすると共に、この先のポテンシャルを考察します

今、ブラーもがキテるんです!
橋本卓哉 宮嶋駿介

2024年新登場のDAIWA製高比重ワーム『ブラーモ』。実はカスミ生まれのルアーであり、その実釣能力は驚くべきものらしい。不調も耳にするカスミ水系を攻略する二人のDAIWAアングラーに注目だ!

常備したい高比重ワームカタログ

バスがイージーに食べられるものを探すアフタースポーン時期から、カバーに依存するようになる夏場にかけては高比重ワームが活躍する場面が多い。ここでは、これからの時期におすすめの高比重素材を使用したワームを18種類に厳選して紹介する。

特集2:でかトップの底力

5賢人の証言 常勝でかトップの出しドコロ
NZクローラー/ヒラトップ/バンクフラター/デカダッヂ/ノタノタ

いよいよ本格シーズンを迎え、全国フィールドを賑わせている大型トップウォータープラグたち。臆するな、今こそ登板させよ。5人の賢人たちがその出しドコロを解説する

痴虫の新作が「ジョイントビッグベイトのダブルスイッシャー」である理由。

デカトップとフローティングのビッグベイトは本質的になにが違うのか?誰も答えを知らない問いを、痴虫は今日もぐるぐると考え続けている

フロッグプロダクツのでかトップ論
荒井謙太

水面に浮かぶ全長20センチを超える巨大プラグを、ねっとり&じっくりターンさせる。水面に描かれた静かな残像がアピールとなり、巨大バスが突如飛び出す。そんなエキサイティングなゲームが高確率で成立可能な水温上昇初期攻略を徹底解説!

こだわりハンドメイド でかハネセレクション

圧倒的釣果を追求するために、他の追従を許さないオリジナリティとディテールを追求するために…。徹底的に作り込まれたハンドメイドのトップウォーター3ブランドを紹介。個性爆発のトップ達をどうぞご覧あれ。

えぐり師チャーリーの「俺のでかトップ」

あの伝説のえぐり師が再び登場!チャーリーさんがこれまでえぐってきた中から大きめのトップルアーを厳選して紹介してもらいました。「大きくないルアーも入っているって? 俺的には全部大きいよ!」

特集3:雨の日は釣れる。

レインウェア最前線
雨の日は釣れる。

L.o.F design product by KiU/フォックスワイヤー/アフコ/シマノ/DAIWA/ルアマガ厳選レインギアカタログ

防水性能はもちろん、生地の厚さ、動きやすさ、シルエット、ポケットやファスナー、ドローコードの位置…。気に入ったレインウェアがあれば雨の日でもフィールドに行く足取りは自然と軽くなる。

特別企画

大江川ショートトリップ with NEWロキサーニ
仙石快

2024年シーズン、大幅なモデルチェンジで性能をジャンプアップさせたロキサーニシリーズ。そのヘビーユーザー代表「仙石快」が、ホームリバーの大江川へと、3台のNEWロキサーニを携えてワンデイトリップ! 軽快な足取りでバスを釣り、快適な使い心地を確認。釣果も快調!

365DAYSフリースタイル
奥田学

シーズン2を迎えたムービー連動の連載『365daysフリースタイル』の第2回目は、奥田学さんがいよいよ琵琶湖に降臨! 日本一広大な流域面積を誇るでかバスの聖地にして、奥田さんの現ホームグラウンド。そして季節は春。一発を期待せずにはいられないお膳立てだが…結果は如何に!

ウエイクライダーで楽しくイージーに初夏トップ!

ジョイントボディ&テールプロップを装備したデュエルのウェイクライダー。このルアーの特徴は、誰でも簡単に使えてよく釣れること。ここではウェイクライダーのコンセプトや使い方を詳しく解説していく。

デビダンス その釣れる根拠とは
加藤栄樹

バスにとって魅力的であること=釣れるクオリティを絶対原理に、充実のラインナップで製品をリリースし続けるルアーメーカー、O.S.P,inc。2024年にリリースされる注目の新素材トップウォーター「エビダンス」について、新進気鋭のJBトップ50プロ、加藤栄樹さんに聞いた。

ハートランド・エボリューション
村上晴彦

魚との駆け引きにおいて、竿の曲がりを存分に堪能できる“コダワリ”のブランド『ハートランド』。その仕掛人・村上晴彦さんによる徒然釣行記がスタート! 今回のターゲットは「春バス」。西日本屈指の有名河川・旧吉野川にて、師の為せる神業が炸裂。その模様を2回に分けてお届けしよう!

24ポイズンアドレナ「春の一発逆転ゲーム」
秦拓馬

6年ぶりのフルモデルチェンジを果たした完全実釣主義ロッド『24ポイズンアドレナ』(ジャッカル×シマノ)を引っ提げて、四国・愛媛の古豪リザーバーに降り立ったのは“俺達。”や“ダウザー”の愛称で知られる超人気プロアングラー・秦拓馬さん。既に春なのか、まだ早いのか。停滞する季節の進行を相手に、秦さんとアドレナが答えを解き明かす!

昼ナマズ入門
谷中洋一

自宅前の小水路でちょいと1時間♪お手軽、お気軽、超カンタン♡庶民派トップウォーターのススメ♬

連載

  • ルアマガBASE 山下健二郎
  • バスプロライフ 今江克隆
  • イチバス! 世界イチのバスを釣る カナマルショウジ
  • 菊元俊文のバス釣りQ&A「一刀両断」
  • アングラーズティップス/LMトピックボックス
  • LMスナイパー
  • お買い物手帳YTR

※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。