「えぇー、うわーやめてー」アジ釣り中にドラグ鳴り止まず。まさかの大物に『ヤバいのきた…』と声が漏れる。

上園歩美さんの運営するYouTubeチャンネル「上園歩美の釣りチャンネル」にて公開中のアジング動画をご紹介。舞台となるのは錦江湾、ARメソッドを使ったテクニカルな釣行だ。

●文:ルアマガプラス編集部

2024 イカメタル特集

上園 歩美(うえぞの・あゆみ)

ダイワスーパーフレッシュアングラー(SFA)の釣りガール。テレビやラジオにタレントとして出演もこなす。多忙のなかYouTubeチャンネル「上園歩美の釣りチャンネル」を運営。詳細は、下記アイコンからチェック!

錦江湾で夜の釣り、ARメソッドでアジング!

今回の釣りはワームを使ったアジング、それも『ARメソッド』という手法を用いたテクニカルなアジングだ。仕掛けの詳細などは動画内で解説してくれているので要チェックだ!

【ARメソッドについてはこちらもオススメ】

ポイントに到着、釣行開始!

実はこの釣り、月が明るいと釣果が芳しく無くなる。暗い海で集魚灯をたいてターゲットとなる魚を集めるのだが、明るい月夜は集魚効果が薄れて魚が散ってしまうためだ。ちなみに今回の目標はアジ10匹だ。

集魚灯を入れて魚を寄せる。

仕掛けを海に投入し、着底したらリールを巻き上げポーズを取る。このときにワームを漂わせアジにアピールする。アタリはロッドの穂先に出るので集中力も不可欠だ。すると早速ヒット!

アジがヒットしたら巻き上げるだけとはいえ、アジの口は弱いので慎重さも求められる。そして海面から顔をのぞかせたのは狙い通りのアジ。幸先の良い1尾に暗闇のなかで笑顔が光る。

歩美さんにとって今シーズン初アジということもあり、喜びもひとしお。ヒットゾーンはボトムから5巻き目、これはパターンを絞るのも早そうだ。

パターン攻略完了!? その後も続々と釣り上げる!

同船の方もアタリが続き、次々とアジを釣りあげる。これは完全にパターンを取れている証拠だ。アタリが無い時間はワームがズレていないか細かくチェック。神は細部に宿るのだ。

ARメソッドは繊細なアタリを取っていく釣りなので、アワセが楽しい。そしてここでのヒットルアーは「月下美人 シラスビーム(DAWIA)」のカラーはブルードットグロー。パターンがハマって喰いが良いのでフッキング位置もバッチリだ。

予想外の大物がヒット!? ドラグが鳴り響く魚の正体とは

歩美さんだけでなく船全体で釣れ始め、アジの活性状態もヒートアップ。賑やかな船上でアジ祭りをしていると突然の大物がヒット。

魚をかけた瞬間「めっちゃ引く」と声を漏らす歩美さん、そしてジリジリとドラグが鳴りラインが出る。

海面まで巻き上げ顔をのぞかせたのは…と思った瞬間、水面をバシャリと一蹴。魚は海の底に向かって突っ込みはじめた。しかしまだハリが掛かったまま! ドラグがとんでもない音を鳴り響かせてラインがグングンと出される。

しばらくファイトしたあと、最終的にキャッチしたのはスズキ。とても良い引きをしていただけにグッドサイズだ。

最終的にアジは大漁。特別ゲストのスズキも入りクーラーボックスは賑やかになっていた。皆様もARメソッドを用いたアジングに挑戦してみてはいかがだろうか。


※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。