【えっスゴイ】快適最新リールで釣果連発!値段を超えたその実力を体感!

2024年シーズン、大幅なモデルチェンジで性能をジャンプアップさせたロキサーニシリーズ。そのヘビーユーザー代表「仙石快」が、ホームリバーの大江川へと、3台のNEWロキサーニを携えてワンデイトリップ! 軽快な足取りでバスを釣り、快適な使い心地を確認。釣果も快調!

●文:ルアマガプラス編集部

2024 チニング特集

仙石快
せんごく・かい/1998年生まれ。岐阜県を拠点として様々なメディアに出演。若手プロフェッショナルアングラーのトップランナーの一人。2022年には陸王U-30を制して初代王者の座に就いた。釣りだけではなく、パフォーマンス力にも優れていて、人気と実力を併せ持つ逸材。ピュアフィッシングジャパン・プロチーム

朝飯前の7時半にファーストヒット!

岐阜県大垣市出身の仙石さんにとって、今回のロケ地「大江川」は、ホームフィールドだ。

池をつなげて川にしたという、特殊なフィールドで、岐阜県の南部に位置する。バスの歴史は古いが、ここ数年で人気が復活!アングラーズパーク」と呼ばれる釣り人専用駐車場も複数箇所あり、釣りの環境が整っている。入漁券は海津市漁協へ。

仙石「なかなかホームで取材ってないんですよ。だから楽しみですね。本当は長良川のほうが調子いいん
ですけど、オカッパリだったら大江川ですね」

いつもさわやかな仙石さんは、ほとんどネガティブなことは言わない。最初のポイントは上流域、車をアングラーズパークに駐めて新緑の土手を歩きつつ、手前の岸際にテキサスリグを落とし始めた。狙いは立ち並ぶ杭と岸の間のゾーン。ここにギルが浮いていると、この釣りが強いらしい。

ブルーギル侵入パターン!
朝イチに入ったのは、岸と平行に杭が並ぶ人気エリア。仙石さんは、その岸際にブルフラット4.8インチのテキサスリグを撃ち込んでいった。仙石「杭と岸の間にあるゾーンにギルがいるとバスが食ってくるんです。だから、ギルが杭の外から入ってくる瞬間を演出します」

仙石「これだけ浅いと、バイトが強烈なので、本当に面白いんですよ」

リールはNEWロキサーニのBCHS8。ドラグ力が9キロあるので、突然の負荷にも余裕で対応できる。

仙石「ビッグベイトも余裕で投げられます。ハンドルも90ミリと長くなったので、ゴリゴリ巻けるようになりました」

結局、新緑眩しい田園風景には出会えたものの、バスには出会えなかった。状況の変化を求めて、一気に下流域のアングラーズパークへ。ここではスピニングタックルも持ち出した。

橋のたもとから川岸へと降りて、サカマタシャッド5インチのジグヘッドリグをキャスト。ボトム近くの中層を泳がせると、ラインが横に走った。

仙石「来ました!」

下流域に移動。岸際のシェードを狙って、サカマタシャッド5インチのジグヘッドリグを投げ、ふわふわとミドストしていたら、このバスが食った! とりあえず、ロキサーニのスピニングモデルはクリアした!

まだ7時半だ。幸先のいい1本目。

ロキサーニSP 2500SH(アブガルシア)

基本性能&使いやすさの両面が進化
メインシャフトの接触摩擦を低減させる支持構造「フリクションフリー」搭載。コンパクト化、軽量化を突き詰めた左右非対称ボディ採用。シンカーストッパーや、太番手対応のラインクリップなど役立ちパーツも充実。

仙石「フリクションフリーで巻き心地がかなりアップしてますね。回転が軽いし、重量も軽くなってます。だからどんな釣りにも有利です。ドラグの効きも良くて、このバスは小さいけど、長良川で2500グラム以上のバスをバンバン上げてますよ」

とりあえずスピニングで釣れたから、仙石さんはベイトに持ち替えて、しばらく2つのスピナーベイトを見比べた。ペイフォワードのKIDとボトムアップのビーブルだ。悩んだ末にビーブルを結び、更に上流のシェードの中へと投げ込んだ。

任務は午前中でクリアロキサーニ、いい感じだ

スピナーベイトが着水すると、仙石さんはすぐにクラッチを入れて、ゆっくりとハンドルを巻き始めた。スピナーベイトが姿勢を整えて、飛行機が着陸するように緩やかにカーブフォールする速度だ。カーブスローロールと呼ばれる、スピナべサイトで使われる演出法に他ならない。これをブラインドで使っているわけ。

すると、何者かが乱暴に吸い込んだ!

仙石「こりゃでかい!」

仙石さんが後ずさりして、橋の中から空のもとに出てきた。

仙石「オッケー! ホッホーイ」

ランディングしたのは、納得の45センチ。

長身の仙石さんは、橋の下で身をかがめながら、腰を入れたアワセ! ミドストで1本目を釣った後の、スピナーベイト2投目だった。大暴れの末に抜き上げたバスは、満足サイズの45センチ! リールはロキサーニBC HS8。お見事です。

実は、カーブスローロールのためにスピナーベイトをビーブルにしたという。これで、ベイトのロキサーニBCSH8でもバスを出せた。

ロキサーニBC HS8(アブガルシア)

全面的に初代モデルを上回るスペック!

ボールベアリング3個増加によって回転をより円滑化。フレーム素材をC6カーボンに変更するなどして、16グラムの軽量化に成功。ハンドルも90ミリに伸長。初代を凌駕するスペックを誇る、新生ロキサーニ!

仙石「NEWロキサーニはベアリングが3つも増えて、軽量化も進みました。そのおかげで、巻き心地が素晴らしくなりました。それが一番ですね。それからハンドルが長くなったので、アクションもつけやすくなったし、ゴリゴリに巻けるようになりました」

残るはベイトフィネスモデルだけ。

まずはジグヘッドワッキーでハードボトムを攻めていった仙石さんだったが、反応はなし。次はブ
ッシュからの「吊るし」の釣りでカバーの魚を狙った。

仙石「リーダーの分だけ水中に入れている感じですね。だからリーダーの長さで大体の水深を把握します。まあ、40センチから1メートルくらいですね」

しかしこれも不発。

ここで風が吹いてきた。

仙石「風裏に行きましょう」。

こうして、東大江川と西大江川の合流点エリアにやってきた。ここは水面が穏やかだ。しかも、水
面にギルがぷかぷか浮いている。仙石さんは迷わずベビーアビノ―70Sを選択。するとすぐにバスが
チェイスしてきた。しかし、このバスは食いぞびれて消えた。それから2投目、再び姿を現したバス
は、今度は失敗せずにしっかりと食った!

西大江と東大江の合流点、完全に強風がブロックされたエリアで、ベビーアビノ―に反応続出! ついにこのバスが襲い掛かった! これでNEWロキサーニ3台すべてでバスをゲット。時計を見ると、まだ午前10時だった。

仙石「嬉しいなあ!」。

ロキサーニBC BF7(アブガルシア)

汎用性、拡張性が高いベイトフィネス
BC HS8と同様のフルモデルチェンジを遂げたベイトフィネス機。先代に比べてギヤ比を7.3に落としハードベイトにも対応。また、ドラグ力9キロはベイトフィネス最強クラスだ。HS8とのスプール交換も可能。

仙石「とにかく7.3というギヤ比が使いやすいですね。巻きものだけではなく、カバー撃ちだって7.3あれば十分です。ベイトフィネスでもドラグ力が9キロあるので、パワーはあります」。太いラインでのパワーゲームも可能なのだ。

これで3台のNEWロキサーニで結果を出した。

時計の針を見ると、まだ10時半。まだ1日は始まったばかり。バスはなぜかこの3匹でおしまいだったけど、そのあとの夕方までのショートトリップも楽しかった!

仙石快のタックル

上から順に
●リール:ロキサーニBC BF7(アブガルシア)
●ロッド:ベルサートVERC-68L+BF(アブガルシア)
●ライン:ヴァニッシュレボリューション10ポンド(アブガルシア)

●リール:ロキサーニBC HS8(アブガルシア)
●ロッド:ベルサートVERC-68MH(アブガルシア)
●ライン:ヴァニッシュレボリューション14ポンド(アブガルシア)

●リール:ロキサーニSP 2500SH(アブガルシア)
●ロッド:ベルサートVERS-68ML(アブガルシア)
●ライン:PE0.6号+リーダー8ポンド


※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。