【激レア魚が釣れる!!】オーストラリアの怪魚が今年も放流!!やっぱりス〇ナ〇がよく釣れる!?【ファイト動画あり】

群馬県にある管理釣り場・宮城アングラーズヴィレッジは冬はニジマス、夏はブラックバスをメインターゲットとして様々な仕掛けで楽しませてくれる釣りのテーマパーク。昨年、大きな話題となったあの魚が2024年も放流!しかも今回は去年よりも釣りやすくなっている…!?

●文:ルアマガプラス編集部

2024 チニング特集

「宮城アングラーズヴィレッジ」とは

群馬県は前橋市、赤城山のふもとに位置する老舗管理釣り場。

大小4つのポンドからなりたっており、メインの「中池」は冬季にはニジマス、夏季にはブラックバスを大量かつ定期的(週2以上!?)に放流。フレッシュな魚がコンスタントに釣れるだけあって、平日でも賑やかな大人気釣り場だ。

池の中にはバスの隠れ場となるようなポイントが随所に設置され、まるで釣りの教科書のようなシチュエーションでバス釣りを楽しめる。それでいて根掛かりしてもルアーが回収しやすい設計になっているから驚きだ。

そんな宮城アングラーズヴィレッジ、通称MAVの夏季の中池では「ストライパー」も放流。バスよりも激しいファイトと、高い難易度で楽しませてくれる名物ターゲットとしてお馴染みだ。

そして2023年に新たな試みとして、オーストラリアの怪魚「マーレーコッド」も放流さた。

マーレーコッドはときに1メートル近くまで成長する大型肉食魚であり、自然界であればオーストラリアでしか釣れない貴重な魚。そのため、昨年はマーレーコッド放流のアナウンス後すぐに大きな話題となっていた。

今年もマーレーコッドを放流!昨シーズンより大型個体も!?

4月20日より、メインターゲットがニジマスからブラックバスへとリニューアルしたMAVではあったが、当初は水温や水質の都合で、マーレーコッドの放流は行っていなかった。

独自のファイト、可愛らしい顔つき、そしてその希少性。

マーレーコッドの様々な魅力に取りつかれたMAVファンの多くが再びの放流を心待ちにしていたに違いない。

そしていよいよ6月15日、宮城アングラーズヴィレッジでは2年目となるマーレーコッドの放流を行った!

昨年からの成長個体と、新たに放流した個体。

どちらも魅力的なサイズで、中には10ポンドオーバーのモンスタークラスも放流されているという。

今年はマーレーコッドを釣ってその釣果をSNS投稿すると、先着50名にオリジナルキーホルダーもプレゼントされるとのことだ。

マーレーコッドの釣り方?をご紹介!

2023年と2024年、ともに最速マーレーコッドをキャッチしたルアマガ記者がマーレーコッド攻略方法を語ってくれていたので紹介しよう。

マーレーコッドは比較的水深のあるエリアにいるようなので、中池中央にある噴水へキャストが届くエリアが理想的なのだという。

多くの来場者のヒットルアーはスピナーベイト。

沖に投げて、ボトム付近をゆっくりと引いてくるのが強い。

それ以外にもバイブレーションやジャークベイト、小型スイムベイト、ノーシンカーリグなどでも実績は出ている。

同じ中池で釣れるストライパー程は激しい引きではないので、タックルはミディアムパワー前後のタックルでOK。とはいえバスに比べると明らかにハイパワーなので、くれぐれも油断しないことだ。

参考までにルアマガ記者が昨年今年と最速マーレーコッドを釣り上げたタックルを紹介しておこう。

●ロッド:デストロイヤー F4-65Xワンテンスティック(メガバス)
●リール:ゼノンLTX(アブガルシア)
●ライン:アブソルートAAA 12ポンド(バリバス)

それからひとつの傾向として見られているのが、定期的な「時合」。

誰かがマーレーコッドを釣ると、他の誰かも続々とマーレーコッドを釣り上げるのだ。まだまだ放流されて間もなく、管理釣り場のターゲットとしての研究が進んでいないマーレーだが、昨年から確認されている明確な傾向なので、ぜひとも参考にして欲しい。

早速2度目の放流も!でも扱いは丁寧に!

なお、希少なマーレーコッドをより多くの来場者に釣ってもらうために、MAVではマーレーコッドの取扱いに関する注意喚起を行っている。

・歯が鋭いため、バス持ちはNG。

・肌が弱いため、ラバーネット使用の徹底

・肌が弱いため横持ちNG。写真撮影の際はフィッシュグリップを使った縦持ちか、ネットごと。

これらのことに関して留意して楽しみたい。

そしてマーレーコッドは6月29日に再び放流を予定!!

フレッシュな反応で高確率に釣れるこの日を見逃すべからず!!

またMAVはレンタルタックルも揃っているので、初心者やファミリーも大歓迎!スタッフが懇切丁寧に教えてくれるので、バス釣り体験をしてみたい人にもオススメだ。

宮城アングラーズヴィレッジ

〒371-0241群馬県前橋市苗ヶ島町1950
TEL/FAX 027-283-0161


※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。