「やば、ヤバイこれ」「デカい、デカいよ」「ハンパじゃない」夜の堤防で起こった奇跡に驚愕…

今回紹介する動画は、『まさに秘境!? 離島のバンガローで3泊4日釣り企画』シリーズの中の一本。夜の堤防でぶっこみ釣り。ターゲットは50lbのリーダーをボロボロにする強敵。「かかるのはかかるが獲れるか獲れんか」という助っ人の言葉にビビるとくさん。結果はいかに?

●文:ルアマガプラス編集部

2024 チニング特集

釣りいろは

佐賀県、長崎県をホームに全国各地の堤防、磯、船、川を舞台に釣りや調理動画を配信している人気ユーチューバー。リーダーのとくさんの気取らず飾らず、等身大でみせる夢とロマンと笑いあふれる動画は必見だ。

かけても獲れるか!? 2kgの魚体で体が持っていかれるほど強烈に引く魚に挑む

今回の動画は、とくさんが夜の堤防でタマン(ハマフエフキ)を狙うという企画。タマンは強烈な引きが魅力で専門に狙う釣り人も多い。動画は現地で知り合ったマー君とそのお友達のマーちゃんという頼もしい助っ人の紹介からはじまる。仕掛けや釣り方は、漁師で大物ハンターのマー君が伝授。

とくさん「タマン、見れるかな?」

マー君「ていうか、かかるとは思いますよ」

とくさん「マジで! 獲れるか、獲れんかってこと? かかったらパワーファイト?」

マー君「ゴリ巻きっす。引きがカンパチに似てる。速くてパワーがある。2kgくらいでも体持っていかれるんでね」

とくさん「タマンのぶっこみは初めて。怖ぇー」

仕掛けを作りながらこんな話題が…ドキドキの実釣がスタートをきる。

PE3号にリーダーは50lbという堤防釣りとは思えない太糸仕掛け。ハリは専用のタマンバリ。エサはキビナゴやイカ。身が軟らかいキビナゴは投入時に身切れしないように背骨にハリを通すのがポイントだ。

同行者のしん君とマー君と三人でサオを並べるが、この場から離れることはできない。

マー君「アタリがきたらシュポーンッと持ってかれる」

それはいつくるかわからない持久戦。サオ尻にロープはマストだ。誰にくるかわからない緊迫感もたまらない。だが実釣開始から1時間経っても魚の反応はなく、2時間経ってもまったくアタリがない。集中力が切れ、マー君はエギングに。

とくさん「おいもエギングしたか。1投だけしてこうかな」

エギングに気もそぞろでタマンは諦めモードに?

とくさん「よーし、きた! まあまあよかよ。最高っありがとう」

エギを投げると早速、良型のアオリイカをキャッチ。このサイズが出るなら、エギングしたか、ととくさんが言うのもわかります。

しん君「もう誰もサオに張り付いていないという…タマン、諦めモード?」

とくさん「いや諦めとらんばい。明日の夜もあるとばい」

今夜ではなく、とツッコミたくなる諦めモードを打ち消すようにしん君のサオにウツボがヒット。

とくさん「持って帰って食べるか!」

温暖化の影響で大量発生しているウツボを駆除するだけでなく食す。ウツボも本懐を遂げられるでしょう。

実釣開始から4時間、最後のイカエサに突如獲物が喰いついた!

実釣開始から4時間経過。タマンのアタリなし。エサのイカは最後の1杯という状況だ。

とくさん「マー君、ウツボでぶつ切りで釣れんかな」

マー君「沖縄だけじゃないですか? ここでは聞いたことないし、やったことない」

提案は虚しく却下され、今使っているエサが無くなり次第終了のピンチ。

とくさん「誰も(タマンの置きザオに)張り付かずエギングに…うわぁぁっ」

と叫びながら慌ててサオに駆け寄るとくさん。

かけても獲れるか!? …は本当だった? 足元でまさかのリーダー切れ! 50lbでもダメなの…

とくさん「アタった。喰いよる。咥えとるかもしれん。放したかも…いやっ!」

体を仰け反るように強烈なアワセを入れると、それに対抗する重量感のある引き。

「おうおうおうっ、これはきたんじゃないですか!」とカメラマンも大興奮。

「ゴリ巻き、ゴリ巻きっ」と外野からも声が飛ぶ。パワーファイトでとにかく浮かせるのみ。足元まで寄せたタマンも負けじとドラグを唸らせラインを引き出していく。

とくさん「でかい!」

足元の攻防を何度か繰り返し、タマンが疲れをみせる。勝負あり! と思われたがランディングネットに収めるためにロッドで魚体を誘導すると、タマンが最後のあがき。ブチッ! の異音とともに一瞬でロッドから重みが消える。ここまできて、まさかのラインブレイクか…!?

奇跡! ミラクル! アメージング! マー君がとくさんの夢とロマンを掬い獲る!

50lbのリーダーがブチッと切れた瞬間、奇跡は起こった。マー君が逃亡寸前のタマンをネットインのスーパーファインプレー。

とくさん「マー君、ナイスキャッチ! マー君、マー君、でかぁ~い、やったぞ! マー君」

4時間以上アタリがなくラスト1個のイカエサを喰うという奇跡が、さらなる奇跡を呼ぶ。

釣り上げたタマンは全長70cm超。50lbのリーダーはご覧のようにチリチリになって切れていた。

奇跡の瞬間と歓喜のシーンは動画をチェック!

とくさん「最後までえらい引いた!」

マー君「初めてで正直、獲れるとは思わなかったですね」

と、マー君は本音をポロリ。

とくさん「やった、タマン、獲ったぁ!」

仲間のサポートで達成感あふれる釣果。やっぱり釣りっていいなぁ、行きたいなぁと思える一本です。


※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。