北陸ロックは、磯場で良型を狙え! ドクトルニシニシが、新潟の磯ロックゲームを解説!

北陸エリアの人気ターゲットであるキジハタフィッシングを、ドクトルニシニシこと西村均さんが徹底解説! 磯場から大きな個体を狙うのが西村さん流で、ベイトタックルの優位性とその魅力も合わせて紹介していこう。

●文:ルアーマガジンソルト編集部

【西村 均(にしむら・ひとし)】
ドクトルニシニシの愛称で親しまれている、新潟県・中越エリアの凄腕アングラー。ロックフィッシュの他にアジング、青物、シーバスなど季節に応じたターゲットをベイトタックルオンリーのスタイルで追求する。 [写真タップで拡大]

北陸地方のキジハタは「春は良型、夏〜秋は安定した釣果」が楽しめる!

キジハタ(アコウ)は、ロックフィッシュゲームで人気のターゲット。 [写真タップで拡大]

新潟のあらゆるゲームフィッシュを知り尽くす西村さんに、今回はキジハタをメインに狙ってもらうことに。まずはキジハタのシーズナルから解説していただこう。

西村「キジハタは春にスポーニングを迎え、そのときに荒食いをするのでハイシーズンを迎えます。産卵を控えたデカい個体がエサを食べにシャローに差してきて、夜の間に岩場で甲殻類を食べたりするんです。今年の春もデカいのがボコボコに釣れましたよ」

ボコボコですか…⁉

西村「そのパターンが5月から6月中旬。その後にアフター回復のために豆アジを捕食するようになります。真夏になって水温が上がると、大きい個体は沖に出てしまうので、ショアから釣るのは難しくなってきますね」

西村さんが磯でのロックフィッシュゲームで愛用するのが、フィッシュマンのブリストコンパクト8.0MH。4ピースで携行性が高いのが特徴だ。 [写真タップで拡大]

キジハタは夏の釣り、というイメージもあるが?

西村「もちろん、夏から10月頃まで釣ることはできますが、やはりサイズは落ちますね。小〜中型のキジハタは、ゴロタ場や消波ブロック、漁港周りなどいろいろなエリアで釣ることができます。ターゲットとしてはお手軽でどこでも釣れる魚ですよ」

ただ、注意したい点もある。

西村「グルーパーと呼ばれるハタ類は、他の魚類に比べて成長速度が遅い。だから、資源保護のためにも小さいサイズはなるべく釣りたくないんですよね。なので、自分は磯場からワームも大きくして、小型はなるべく避けて、大型狙いをしています。釣りとしても、そのほうが楽しくて好きですし」

磯場のロックフィッシュはサイズが良く、豪快なファイトが堪能できる!

ロックフィッシュは夜のうちにシャローに差してベイトフィッシュを捕食することが多い。なので、岸際のえぐれや根の上などもしっかり狙うようにしよう。水深が数十cmしかないような浅場でも朝のうちはチャンスがある。

水中の複雑な根回りにグルーパーはついてる可能性がある。朝は、比較的シャローエリアにも入ってきてるので、足元付近も要チェック! [写真タップで拡大]

岩礁帯が沖の水中にも広がっているエリアは西村さんにとってのロックフィッシュゲームの本命スポット。特に朝はシャローに差していることも多く、ショアアングラーからもっとも遭遇率が高くなるタイミングでもある。

日が昇った時間帯、ファーストヒットはカサゴ! [写真タップで拡大]

周囲が明るくなってきて待望の1尾目をキャッチ。リーダーレスダウンショットにヒットしたのはカサゴ。ショートバイトが続いた後に、ようやくヒットに持ち込んだ。狙いのキジハタではないが、嬉しい1尾。

ロックフィッシュだけじゃない! 磯場は多彩なターゲットも狙えるのが魅力!

メタルジグにヒットしたギガアジ。これも、新潟の磯場でキャッチしたもの。 [写真タップで拡大]

磯場は季節やベイトフィッシュの寄りに応じていろいろなフィッシュイーターがやってくる。根魚を狙っていて、フラットフィッシュやマダイが食ってくるということも。さらに、ジグを投げれば青物やギガアジまで釣れてしまうのが、新潟の豊かな海だ。

マダイ [写真タップで拡大]

ヒラメ [写真タップで拡大]

マゴチ [写真タップで拡大]

青物 [写真タップで拡大]

西村「今年は春にカタクチイワシが大回遊したり、今でもカニを食べていたりとちょっとイレギュラー。だから、夏もからもうひと盛り上がりあるかもしれませんよ!」

ドクトルニシニシ使用タックル

ロッド:BC4 8.0MH(フィッシュマン)
リール:フルレンジPG73L(テイルウォーク)
ライン:PE2号
リーダー:フロロカーボン6号 [写真タップで拡大]

ルアーマガジン・ソルトDX Vol.2(7/21発売)

ルアーマガジンソルトDX Vol.2

『ルアーマガジン・ソルトDX Vol.2』の目玉は、「ショアキャスティング」と「アジング」の2大特集企画! 人気の2魚種の実釣企画に加え、最新タックル情報もたっぷり紹介しています。

表紙と巻頭グラビアページにはヤマラッピこと山田ヒロヒトさんが登場! 和歌山県南部にて行われた実釣取材でjは、見事2340gのアオリイカをキャッチしています!

『ルアーマガジン・ソルト』は配信の舞台を『ルアマガ+』に本格移動。海のルアーフィッシングの最前線をWebで展開しています!

『ルアーマガジン・ソルトDX Vol.2』は全国の書店・Web通販サイトでお求めいただけます。

・発売日:2022年7月21日
・定価:1,500円(税込) [写真タップで拡大]


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス