公式ストア

CATEGORYカテゴリ

公式ストア
ちぬ倶楽部

『ちぬ倶楽部』2021年5月号

ちぬ倶楽部

ちぬ倶楽部

2021.03.24



沖の深場から浅場へとチヌの群れが接岸し、あちらこちらでにぎやかな釣果が聞かれる季節となりました。『ちぬ倶楽部・春号』は、いまもっともアツいフィールドの実釣ルポをはじめ、近年ますます注目を集めるネリエ使い、この春チヌ釣りを始めようという人はもちろん、ベテランも納得するセカンドタックルなど盛りだくさんの内容でお届けします。

ラインブレイク覚悟の速攻 FUKASE GAME


堤防際の支柱狙いは低活性のチヌを導き出す必然の戦略。しかし、ハリスをぶっ飛ばされる覚悟で挑まなければならない。そんな難攻のチヌに立ち向かう谷脇英二郎さんの棒ウキ戦法と先手必勝のやり取りをご覧あれ。

イエローサプライズでスイッチを入れろ


銀ピカの乗っ込みチヌが好機を迎えている清水港のかかり釣り。パターンにはまれば勝負が早いエビの釣りを武器に一文字堤へ繰り出した久保和也さん。だが生きエビは瞬殺。さて、いかに切り抜けるのか…。

“渚ダンゴ”でさらなる可能性をみた


紀州釣りのエキスパートが新天地を開拓している。それは渚である。紀州釣りには似合わないシチュエーションだが、そのメリットは数々ある。さて、そんなネオともいえる”渚ダンゴ”の威力はどこにあるのだろうか。



[特集]エサっぽくないけれど釣れる、その基礎知識から応用テクニック、そして…ネリエの戦術


オキアミや貝、あるいは虫エサなどのサシエでチヌが釣れるかどうか不安に感じる人はあまりいないだろうが、ネリエを使うことに抵抗を感じる人は、まだ少なからずいる。しかし、使いこなせば強力なサシエになることは、いろんな場面ですでに実証済みだ。ここでは、これからネリエを使ってみたい人、そして食わず嫌いな人に向けて、ネリエを使った戦術をご紹介していこう。

フカセ釣りにおけるネリエのベーシック/中西毅
落とし込み界を賑わせたドッグフード!?/櫻井英紀
ネリエメインのフカセ釣りの組み立て方/百合野崇
フカセ釣りの奥の手「オキネリ」/生駒浩史
養殖コワリの大型に勝つ大事なのは目先を変える展開/山本孝義
「魚玉」開発者が語る変遷と未来/長岡寬
“遠矢流”の継承者が語るネリエとくわせダンゴの関係/林賢治

その名はスサノオ


汽水湖といえば静岡県浜名湖が有名だが、チヌをフカセ釣りで狙うとなると狙えるポイントは限られてくる。しかし、島根県の境水道から中海に、そこにつながる大橋川にかけては、どこでも竿が出せるほど釣り場に恵まれ、釣れる魚は大きくて強い。それはいつしか「スサノオチヌ」と呼ばれるようになった…。

ベテランも納得のエントリータックル


チヌを釣るためのタックルは、何もハイエンドモデルだけがすべてじゃない。それに、いろんな場所にいて、あらゆる釣り方で釣れるチヌだから、いま話題のバーサタイル(汎用)タックルなども視野に入れることができる。この特集では「エントリー」を意識しながら「あなどれない」「何でも使える」「気軽に買える」をキーワードに注目のタックルを集めてみた。

Contents

広角一本で大型と対峙 兼松伸行 in 福井県仏谷
汽水湖をつなぐ河川に潜む山陰のストロングチヌ 中西毅/沖永吉広/波多瑞紀
棒ウキ全層釣法ベーシックタクティクス 平山康弘流のフカセ釣りテクニック
フカセ釣りの2大仕掛けをきっちり使いこなす イチから分かる半遊動と全遊動
清水港かかり釣り今昔
Part.1 名釣り場の歴史をひもとく
Part.2 インタビュー:原金つり船船長/吉原浩二
うみの研からこんにちは3rd
茅渟神社 読者専用別院
チヌ竿のうんちく【2】かかり竿はなぜ短くて繊細なのか?
黒鯛図書館
拝見!マイ釣りルーム
立ち寄り処案内所
GO!GO!チヌCAR
お悩み解決Q&A
黒鯛情報局
ハワセ釣りで乗っ込みの”はしり”を連打
千葉県富浦湾のかかり釣り
難解用語マスター
編集後記
かかり釣りの巨匠が語る愛機と思い出 私のリール遍歴 工藤昇司
張らず緩めずの底攻めで違和感なく… 大知昭 in 山口県周防大島
ALL-NEW 新製品ニュース
チヌ料理バンザイIII
バックナンバーガイド

ちぬ倶楽部

ちぬ倶楽部

2021.03.24

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。