公式ストア

CATEGORYカテゴリ

公式ストア
チヌ(クロダイ) ちぬ倶楽部

『ちぬ倶楽部』2021年8月号

ちぬ倶楽部

ちぬ倶楽部

2021.06.18



産卵後の一服期間を経てチヌの活性が高まる夏。フィールド、釣り方を問わず誰もがチヌを満喫できる最高のシーズンです。『ちぬ倶楽部2021年夏号』は、そんな季節を満喫するためのノウハウを分かりやすくお届けします。

メイン特集は、かかり釣りとウキダンゴ釣り(紀州釣り)のダンゴについて。ダンゴの基礎から夏に威力を発揮する配合、マキエとサシエのマッチングなど、中級者はもちろん、これから始める人にもしっかり理解できる構成です。

フカセ釣りのエサ取り対策、落とし込み釣りのイガイ使い、暑い夏を快適に釣りこなすウエアカタログなど、盛りだくさんの内容をお楽しみください。

Contents1

P010 夕まずめの逆転劇

百合野崇の精神力が乗っ込みアフターの厳しい状況を切り裂く in 岡山県下津井

ジャパンカップ覇者の百合野崇さんが初めて竿を出した岡山県下津井は、あいにく乗っ込みアフターの厳しい状況だった。あらゆる手を使うが、一向にチヌのアタリが出ずに苦戦。しかし、夕まずめの一瞬にチャンスをつかみ、連打に持ち込むのであった。

P018 落とし込み炸裂! 精鋭5人で3ケタの連打

雨後の濁りで活性高い浅ダナを狙い撃ちin兵庫県神戸7防

堤防際から剥がれ落ちたエサを捕食するチヌの習性を利用し、日中の堤防で警戒心の強い好敵手を狙い撃つのが落とし込み釣り。まとまって降った雨の影響が吉と出た今回は、釣り開始から想像を絶する激釣モードに突入した。ただそれは、単に食いが立っただけでなく、5人それぞれの的確なアプローチがあったからだった。

P026 逃すな「浮きチヌ」

環付き脚長ウキのキープ力でワカメの際をじっくり攻略 鰰澤拓也 in 兵庫県家島

40cmオーバーがレギュラーサイズという兵庫県家島諸島を代表する沖堤防、真浦の波止に乗り込んだ鰰澤拓也さんだったが、セオリーの底狙いは音信不通。刻々と時間だけが過ぎる中、勝機を見いだしたのは堤防際のワカメの下だった。

P034 夏の若狭はタナで釣れ

ベストシーズンを迎える日本海のかかり釣り戦略 塩野弘幸

梅雨が終わりを迎えるころから福井県の若狭本郷はかかり釣りの好シーズンを迎える。数が釣れるが小型ばかりではなく40cm台もまじり年無しが顔を見せることも珍しくない。そんな楽しみなシーズンをどう釣ればいいのか? この釣り場をホームグラウンドのひとつとして通い込む塩野弘幸さんにその攻略法を解説してもらおう。

P040[特集]ダンゴの神髄

かかり釣り&ウキダンゴ釣りの釣果を伸ばす、高水温期の知識とレシピと使いこなし

海底付近を遊泳していることが多いチヌにサシエを確実に届けるために生まれてきたのがダンゴという存在だ。フカセ釣りにおけるマキエ同様に、このダンゴの使いからひとつで釣りを有利に運べるかどうかが大きく変わってくる。そして何よりもチヌを釣ることがこんなにも奥深く楽しいものになる。この特集では、釣り人にとって頼もしくも悩ましい存在をグッと掘り下げてみた。

  • P042 ナガオカサン、釣れるダンゴってホントにありますか? 長岡寬
  • P044 かかり釣りのダンゴのベーシックを再検討する 門馬孝太郎
  • P046 サシエの力をもっと引き出すダンゴのマキエワーク 兼松伸行
  • P049 かかりとウキダンゴ両方やるから分かったこと 笠見和彦
  • P050 名手&ジモティーのダンゴレシピ
  • P054 海底のアンコの具合に魚が執着 かかり釣りとウキダンゴ釣りにおけるダンゴ水中録

P059 かかり釣り3名手のタックル拝見

必要最小限に絞り込むか、想定されるすべてを用意して挑むか。それとも……。

イカダやカセの上にどっしりと構えてチヌと対峙するかかり釣りは、極論すればタックルや仕掛けなどを無制限に持ち込める。まるで「城」のように自分の釣りの基地を築き上げることも不可能ではないが、逆に荷物を絞り込むという考え方もでき、まさに釣り人の裁量が問われる部分だ。

  • P060 末吉一崇
  • P062 山本孝義
  • P064 横山大幸

Contents2

P067 エサ取り対策ベーシックマスター

夏のフカセ釣りはこれで完璧

水温が高くなるとエサ取りが活発に動く。しかし同時にチヌの活性も高く、エサ取りをうまく突破すればチャンスは大いにあるといっていい。ここではフカセ釣りのエキスパートに得意とするフィールドでの攻略法をみっちり紹介してもらった。

  • P068 君臨するエサ取りたち
  • P069 波多瑞紀
  • P073 東弘幸
  • P074 谷脇英二郎

P076 イガイ使い速修マニュアル

最盛期の落とし込み釣りを満喫する「決めエサ」櫻井英紀

チヌの活性が上がり落とし込み釣りは待ちに待った最盛期。堤防に付いたイガイ1本で存分に楽しめるシーズンだ。バラエティーに富むイガイの使い方をエキスパートの櫻井英紀さんがじっくりと解説してくれた。

P099 クロダイ狂に捧げる夏対応ウエア

速乾、冷感、通気性。UVカットに防虫機能まで

近年の暑すぎる夏を快適に過ごすためには、最新の機能を備えたウエアが大きな手助けとなってくれる。頭のてっぺんからつま先まで、フィールドに合わせたセレクトで快適にこの季節を乗り切ろう。

  • P106 夏の紀州釣り……前哨戦はライトに連発ショーで開幕 静岡県奥浜名湖の数釣りメソッド 福原義紹
  • P112 仙台湾に「燃える季節」がきた 有力! 宮城県田代島にベストシーズン突入の兆しをみた! 淺野俊彦


連載

  • P080 うみの研からこんにちは! 3rd
  • P082 茅渟神社 読者専用別院
  • P085 チヌ竿のうんちく【3】落とし込み竿とヘチ竿の特徴と違い
  • P086 黒鯛図書館
  • P086 拝見! マイ釣りルーム
  • P087 立ち寄り処案内所
  • P087 GO! GO! チヌCAR
  • P088 お悩み解決Q&A
  • P090 黒鯛情報局
  • P096 難解用語マスター
  • P098 編集後記
  • P118 ALL-NEW新製品ニュース
  • P120 チヌ料理バンザイIII
  • P121 バックナンバーガイド

『ちぬ倶楽部』2021年8月号 発売情報

『ちぬ倶楽部』2021年8月号

『ちぬ倶楽部』2021年8月号は全国の書店・Web通販サイトでお求めいただけます!

●発売日:2021年6月21日
●定価:1,760円(税込)

お詫びと訂正

『ちぬ倶楽部』2021年8月号の企画「クロダイ狂に捧げる夏対応ウエア」99ページに誤りがありました。「がまかつ/ゴアテックス ハンチングキャップ GM9885」の価格が4,100円になっていますが、正しくは7,300円です。読者の皆様、及び関係各位にご迷惑をおかけいたしました。訂正して、お詫び申し上げます。

ちぬ倶楽部

ちぬ倶楽部

2021.06.18

co

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。