バスアングラーがハマる!気軽に楽しむタイラバゲーム【バスタックルで高級魚真鯛をゲット!?】

NO IMAGE


バスもいいけど・・・・たまには違う釣りもしてみませんか??・・・・

様 々なジャンルがある釣りの中で、老若男女気軽に手軽に楽しめるのがバスフィッシング。そのゲーム性の高さゆえに、専門で楽しんでいる方も多いはず。今回はそんなバスフィッシングファンに向けて、ぜひともオススメしたい釣りがある。そう、近年海釣りの中でも人気急上昇中の「タイラバ」である。
タイラバはその名の通り、ターゲットは「真鯛」。船に乗り、専用のラバージグで鯛を釣るオフショアソルトルアーフィッシングなのだ。真鯛は日本各地に生息しており、西日本で始まったこの釣りも、今では専門の遊漁船も増え、全国各地で楽しめるようになっている。

今回は、普段週末にはバス釣りばっかり行っている営業O木がウィークエンドバスアングラーを代表し、鯛ラバにチャレンジしてみた。
そして今回はルアーマガジンソルトともコラボレーションした企画としてタイラバの名手でハヤブサプロスタッフの庄山英伸さんに押しかけ弟子入り!これからタイラバを始めたいと考えているビギナーに色々とアドバイスをいただいた。

庄山英伸(しょうやま・ひでのぶ)あらゆるオフショアの釣りに造詣が深く、近年はタイラバの名手として知られる船釣りマスター。北部九州をベースに全国を飛び回り、優れた手腕を発揮すると共に分かりやすい解説がアングラーの共感を呼ぶ。

バスタックルを流用できる!?

今回タイラバを初挑戦にするにあたりどのような道具が必要なのか、釣行1週間前に事前に庄山さんに聞いてみた。
庄山リールはバス用のものの流用でOKです!糸はPEラインに巻き替えて、0.8号を200mほど巻いておいてください。あとリーダー(「PEラインに付ける先糸」は3号(12lb)を5m結んでおいてください。)
O木 ロッドはバスロッドでも大丈夫ですか??
庄山「ロッドはバスロッドでも出来なくはないのですが、専門のものがベターです。タイラバは等速巻き(一定の速度でルアーを巻き続ける)が基本となります。だから竿先がぶれることなく巻き続けなければいけないので、
ハンドルを持つ右手(左手)
支点を抑えるフロントグリップ
竿を脇で固定するエンドドグリップ

以上の3点支持によって等速巻きを行います。バスロッドではエンドグリップが短く脇に挟むことができなくて、仮にフロントグリップのみの固定で等速巻きをしたとしてもタイラバの重みで安定せず、魚が掛かったときは手首に相当な負荷がかかってしまいます。
最近ではリーズナブルなタイラバロッドも各メーカーよりリリースされているので一度店頭で実際に触ってもらえればと思います。

今回は庄山さんのご厚意でシマノの炎月BBを貸してもらえることに!!店頭でも1万円前半とかなりリーズナブルです!!

炎月BBとO木のバスリール(クロナークCI4+)で組み合わせて今回は初タイラバに臨んだ!!

いざ実釣!!タイラバの釣り方とは!?

当日はルアーマガジンソルトの取材も兼ねていたので、まずは庄山さんが海の状況を把握すべく実釣スタート、そしていち早く潮の変化を見つけヒット!!いとも簡単に高級魚の真鯛をあっさりゲットしてしまった。

庄山 「さあO木さんも竿を出して、今釣れるよ!」
O木も実釣開始
庄山「タイラバの基本動作は、タイラバを海底まで落とし、着底させ、巻き上げて落とし、また巻き上げては落とすの繰り返し。いわゆるバーチカル釣法です!」
ポイントは
①しっかり着底を把握すること。
②巻き速度を意識すること。
③アタリがあっても合わせず巻き続けること!
たったこれだけ!!
あとは船長より魚の反応があるタナ(海底から〇m)と指示があるので指示のあるレンジを何度も巻き落としをして下さい。指示がなければ着底から15m(メータマーキングPEでは2色分)程巻き上げればよいと思います。あらかじめ自身の使うリールのギア比及び1回転の巻上長(O木のクロナークなら1回転66cm)を把握しておくとよいですね。
ジギングのように激しいジャークなどもいらないので女性や子供、または年配の方もできます!!親子3代で楽しめる釣りなのですよ♪
でもシンプル、だからこそ奥が深くて、新たな釣法やアイテムも今どんどん開発されてますからね、中級者以上の方はルアマガソルト8月号をぜひ見てくださいね♪



バスフィッシングとの共通点!ルアーローテーションによるゲーム性の高さ!!

実釣開始から1時間、中々反応を得られず、苦戦を強いられるO木。どうしたものか。

庄山「O木さん、リトリーブスピードを速くしてみましょうか!あとヘッドの重さやネクタイは反応がなければ、どんどん変えていってくださいね!!」

ヘッドの重さを最初は庄山さんに習い90gにしていたが、徐々に軽くし、60gまでダウン。スカートもアピールの強い、トリプルカーリーにチェンジ。巻きスピードもスタートは1秒につき1回転だったが、1秒につき2回転と速めた。

そして遂にO木の竿が弧を描いた!!竿を叩いているような真鯛独特の引きを堪能しつつ、人生初タイラバ真鯛フィッシュをゲット!ルアーローテーションから辿り着いた正解だった!!

タイラバの動作は一見巻き落としの繰り返しで単調にも見えるが、船は今回ドテラ流し(潮の流れ、風の流れに任せて船を動かす流し方)だったので巻き落としの度に水深や地形が変わっていくので、まるでバス釣りのテキサスやチャタ―でのアシやカバー撃ちのような感覚だった!!

庄山さんはこのドテラ流しの中でラインの角度の調整や巻き速度、地形の変化を見つけ、カラーやネクタイのローテなど、庄山さん自身の「マイゲーム」を展開していた!!

庄山「タイラバゲームはエントリーもしやすいですが、追求していけば自分にしか取れない魚もたくさん出てきますよ!」

タイラバを選ぶときはどーすれば??

タイラバは「ヘッド」「スカート」「ネクタイ」「フック」の4つのパーツを組み合わせて使うのだが、各アイテムのカラーやタイプ、重量など種類がとても多い!!

今回、ロッド以外にもタイラバ一式ハヤブサさんより「無双真鯛フリースライド」シリーズを借りさせて頂いたが、そのタイラバのラインナップの数が半端ではない!!
今回同船して頂いたハヤブサスタッフの岳原さん曰く、

岳原「今ハヤブサで出てるタイラバのラインナップを組み合わせると推定1000万以上の組み合わせが出来ますよ!」

※写真は神奈川県屈指のタイラバの品揃えを誇るポイント横浜港南台店の売り場の1部

もはや鯛に逃げ道はない!?そんな多岐にわたるラインナップの中で初心者はどう選べばよいのか??

庄山「色は好きなものを1色選んで、浅場や深場に対応できるように各重さのヘッドを揃えてください。(3~5パターンぐらい)。
ヘッドは初めてならオレンジが無難。赤、オレンジはソリッド色なのでシルエットがはっきり見えるカラーがよいでしょう。
スカートやネクタイは形状違い、色違いなどバリエーションを持っておいた方が良いです。色やアクションよって反応が変わったりしますので!!あと魚にちぎられたりもするのでスペアは必須ですね!」。

ハヤブサのフリースライドシリーズはヘッドからフックまですべてついたコンプリートモデルから、ヘッド単体、スカート、ネクタイ、フックと各パーツごとに販売されている。

O木は今回の釣行を踏まえ、次回の釣行を視野にいれて釣具店で買い揃えてみた。

うーん、次回の釣行が楽しみ過ぎます!!!ww

タイラバ初釣行を終えて

今回タイラバを初体験させてもらい、感じたことが、「真鯛という魚が身近な存在になった」ことである。自身が元釣具店店員だったころは船での真鯛釣りは難しいイメージがあり、中々挑戦しづらい部分があった。しかし、ライトなタックルで、時にバスタックルを流用して、釣れるのならば一度挑戦してみる価値があるだろう!!そして何より、真鯛という美味しい魚を楽しくルアーで釣れるのならば、もう言うことはなし!!

庄山さんは元バスプロでもある、タイラバゲームのゲーム性の高さをまだまだ模索している。現在積極的アワせていく「掛けの釣り」「フォールでの釣り」「キャスティングでの釣り」なども確立しており、まだまだ釣法やルアーは進化していくとのこと。

バス釣りファンもこのタイラバゲームに魅了されること間違いない!!

鯛以外にもカサゴやホウボウなど美味しいゲストもたくさん釣れ、普段バス釣りではない「お土産」も持って帰れるので家族も大喜び間違いなし!!

取材後、O木が釣った魚以外にも、鯛やカサゴをたくさん頂いたので、ルアマガムービーのマシモPにもおすそ分け。後日美味しく調理された画像が送られてきましたww

煮つけ、鯛茶漬け、鯛めし、粗汁、どれも美味そう!!さすがマシモズキッチン!!

[釣りPLUS]>> HOME


ルアマガプラス