公式ストア

CATEGORYカテゴリ

公式ストア
ショアジギング 海釣り ジーク(Zeake) ショアジギ S_BIT Z_BIT ショアスロー タチウオ グルーパー S_BIT Z_BIT グルーパー ショアジギ ショアジギング ショアスロー ジーク(Zeake) タチウオ 海釣り|ソルトフィッシング

ジークの新作ジグきた!Z_Bit!でオールレンジ攻略!? エ◯メスもびっくりのショアスロー対応ジグが登場!

深谷 "フカポン" 真

深谷 "フカポン" 真

2019.08.30

イワシイミテーションのR_SARDINE、ショアスロー系新定番、S_BITとただいまメタルジグ市場でスマッシュヒットを連発中のジーク(Zeake)から、新作ジグが登場ですとっ! これは気になります!開発者に聞いちゃいましょう!ミノ◯スキー粒子散布用意っ!

最強の2本に新兄弟??

R_SARDINEとS_BITの2本を持っておけば、取り急ぎショアジギをやるには困らないと言わしめるほどヒット中のジークのメタルジグ。で、新作ジグZ_Bitですけど、あれ?ショアスロー?? S_BITと被らない??

「Z_Bit(ズィービット)は、亜鉛合金を採用したショアスロー対応のメタルジグです。S_BITが鉛をメイン素材に使っていましたので、フォール速度がそもそも違いますね。ショアからタチウオを狙ったりする場合はノーマルタイプ(リアにトリプルフック、フロントにちらしのダブルフック仕様)、グルーパーなどの根魚を狙う場合は、Ver.2(フロントにティンセルのダブルフック仕様)を選んでください」

なるほど、フォール速度が違うのですね。同じショアスロー系でも使い分けが可能ですね!

「鉛に比べると、そういったフォールスピードがスローにできるメリットはあるのですが、どうしても飛距離は落ちてしまう。そこで同じフォール系ではあるのですが、よりS_BITより後方重心設計にして亜鉛合金ゆえのディスタンス性能低下というデメリットを打ち消せるように設計しました」

ということは、素材を変えた同じ型ってわけじゃないんですね。

「もちろんです、比べてみるとわかりますが、少しフォルムは細くなっていますよ」

こちらが新作のZ_BIT Ver.2(30gと40g)縦アイなのも特徴。そして、、、、
出展:ジーク HP S_BIT
こちらS_BITでの記者の釣果。リアル系R_SARDINE(ジーク)。ショアスロー系S_BIT(ジーク)、巻き系はヒラメキジグ(LML)と三段構えで用意するのが自身のトレンド。これにZ_BIT(ジーク)が加わるのか??

そしてまさかの1、2、3gもラインナップ! このサイズでは業界初の亜鉛合金製

「30gと40gがメインラインではありますが、Z_BITのマイクロタイプも用意しました。1、2、3gの3種類です。亜鉛合金を使っていますので、従来のマイクロジグタイプより、やはりスローフォールになります。こちらもショアスローモデルですね」

さぁ、気になる釣れ筋ジグ、9月には店頭に並ぶとのこと。S_BITもR_SARDINEも釣れると口コミで広まっていて人気ですから気になりますね!

S_BIT Z_BIT グルーパー ショアジギ ショアジギング ショアスロー ジーク(Zeake) タチウオ 海釣り|ソルトフィッシング
深谷 "フカポン" 真

深谷 "フカポン" 真

2019.08.30

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。