公式ストア

CATEGORYカテゴリ

公式ストア
ショアジギング LSJ(ライトショアジギング) DAIWA ジグキャスターライトMX 青物 サーフ ロッド 初心者向け! 堤防釣り ルアーマガジン・ソルト DAIWA サーフ ショアジギング ジグキャスターライトMX ライトショアジギング ルアーマガジン・ソルト ロッド 初心者向け! 堤防釣り 青物

大人気のライトショアジギロッドを『ジグキャスターライトMX(DAIWA)』をインプレ!前編

ルアーマガジン・ソルト

ルアーマガジン・ソルト

2019.09.02

ルアーマガジンソルトにて連載中の名物企画「タックルハンターNEO」がルアマガ+にも掲載スタート!!ルアマガソルトスタッフが話題のアイテムを現場(釣り場)にて徹底インプレッション!!今回インプレするアイテムはショアジギロッドのジグキャスターライトMXをご紹介。このロッド通常のショアジギロッドとはちょっと違う・・・・・前編では主なスペックをご紹介!!



インプレするのはこの2人!

西村

O木

今回はDAIWAがリリースする「本気」で楽しいライトショアジギングロッド

ジグキャスターライトMX(DAIWA)

誰でも楽しく遊べるライトショアジギロッドのエントリーモデル

40gまでの小型ジグの使用をベースに作りこんだ、DAIWAのショアジギロッドでもっともお手軽なシリーズ。遠投性や操作性をとことん追求し、ティップ側は曲がりこむが戻りが早く、バット側は粘り強く設計。軽い力でイージーにジグを跳ねさせることができる。

ガイド

強度、感度、軽さ、ともに納得の高品質のものを使用。モデルごとに吟味して設置されており、軽快な使用感に寄与。

ブランク

X45と高密度HVFカーボンを採用し、ロッドの変形を防いでパワー、操作性、感度を向上。レンジンを減らした高密度カーボンが筋肉質的で粘りのあるパワーを発揮させる。

グリップ

リールシートはダウンロック。グリップ全体を長めに設定してあるので、脇に挟んでのシャクリやファイトがしやすい。

ジョイント

ジョイントは段差のない並継。バットからロッドを曲げても綺麗なベントカーブを描き、使用に関して全く問題のない品質。



スペック

品名全長継数仕舞自重ルアー重量ライン(ナイロン)ライン(PE)本体価格
89L2.67m2本138cm145g5~30g6~16lb0.5~1.2号2万3500円(税抜き)
93ML2.82m2本145cm165g10~40g8~20lb0.6~1.5号2万5000円(税抜き)
98ML2.95m2本152cm170g10~40g8~20lb0.6~1.5号2万6000円(税抜き)

89L:3本の中でもっともしなやかなモデル。女性アングラーやキッズでもジグを遠投してアクションさせることができる、高い操作性が自慢の1本。

93ML:ライトショアジギングの入門にピッタリの1本。軽めのメタルジグや重めのプラグを沖まで飛ばし、小型青物や根魚など、あらゆるターゲットを狙える。

98ML:9ft8inという使いやすい長さで、軽めのジグを沖まで飛ばせる。長さを感じさせない軽快さで、長時間の使用でも疲れにくい。ショアスローにも対応。

1stインプレッション

ちゃんとした装備でショアジギをしたことがない完全な素人。このロッドを持った印象としては、軽くて使いやすそうなライトなシーバスロッド。ショアジギロッドはライトなロッドと言えどももっとごついイメージがあったのですが、このロッドはバットまでスリム。青物を掛けて曲げ込んだときにどこまで働いてくれるか楽しみです。

ショアジギはたまにやっていましたが、ここ数年はご無沙汰。ライトショアジギは今回が初!まずロッドを持った印象はとにかく軽い!ここまでライトな設計でショアジギを楽しめるなら、本当にショアジギの釣りの印象がガラリと変わってしまいそう。ジグを思い切り大遠投して延々動かすこの釣りでも、これなら全然疲れなさそうです。

次回の後編ではライトショアジギングの醍醐味を体感!!!もう今までのショアジギングには戻れなくなってしまう!?乞うご期待!!


この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はこちら!

DAIWA サーフ ショアジギング ジグキャスターライトMX ライトショアジギング ルアーマガジン・ソルト ロッド 初心者向け! 堤防釣り 青物
ルアーマガジン・ソルト

ルアーマガジン・ソルト

2019.09.02

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。