シマノ『セフィアエクスチューン』から至高の追加モデルがラインナップ!!



昨年モデルチェンジされたシマノのハイスペックエギングロッド「セフィアエクスチューン」に今年度新たに2機種の追加モデルがリリースされる。1本はシリーズ最長の9ftを超えるロングレングスモデル。そしてもう1本は7ft台のパワフルなショートレングスモデル。果たしてどのようなシチュエーションにマッチするのか?シマノインストラクター・湯川マサタカ氏にそれぞれのモデルを解説して頂きました。

解説していただくのはエギングショア侍・JOE

【Profile】

湯川マサタカ(ゆかわ・まさたか)

和歌山県をホームフィールドとするエギングエキスパート。高い身体能力をいかした、多彩なシャクリでエギを操作しランカーを仕留める。今回紹介するセフィアエクスチューンを始め、シマノのエギング関連製品の開発テストも担当している。

セフィアエクスチューンとは?

総合釣具メーカー・シマノが誇るエギング専門ブランド「セフィア」。

同ブランドではエギングに関するロッドやリール、エギなど各種リリースされており、ロッドシリーズでは最高峰モデルに「セフィア リミテッド」、

次点に当たるのが最高峰に迫るハイスペックロッド「セフィア エクスチューン」なのだ。

※セフィアエクスチューンの詳細は下記記事もチェック↓↓

そして今年度セフィアエクスチューンから新たに特徴的な2つのモデルが追加される!



セフィア エクスチューンS79M

湯川「このロッドはショートロッド好きの方をはじめ、足場の低い磯場や、テイクバックが取りづらいエリア、またはシャローエリアをテンポ良くランガンしたい方にオススメ!また、Mクラスなので2.5号から4号クラス幅広いサイズのエギをバシバシとしっかりとシャクれ、且つ春のでかイカやレッドモンスターにも対応したパワーも持ち合わせています」

セフィア エクスチューンS92ML+

湯川「92は遠投が必要とされるサーフ、または足場の高い磯や沖堤、潮が高いときや風が強いときにもにも使いやすいモデルです。特徴としては長さはもちろん、MでもMLでもない『ML+』というパワー表記。これは遠投した先でも小型のエギから3.8号クラスのエギを、軽い力でしっかりと動かすことができます。春の藻場の多いような場所で、藻場の先に遠投してスラックジャークで移動距離を抑えつつイカを誘うのにもうってつけですね」

セフィアエクスチューン追加モデルの解説は下記シマノ公式Youtubeチャンネルや湯川さんの「JOESTYLEフリーチャンネル」でも公開中!

ルアマガプラス