公式ストア

CATEGORYカテゴリ

公式ストア
2021新製品 2021ルアー バス釣り ゲーリーヤマモト(Gary_YAMAMOTO) ゲーリーつり部

ゲーリー新作『ヤマタヌキ』はインスタ発の「釣れる」バス釣りマルチルアー! あらゆるリグに対応可能なバルキーワームだ!

ルアーマガジン

ルアーマガジン

2021.04.15

アングラーの技量を問わず、バスとの出会いを確約してくれる心強い味方、我らがゲーリーワーム。そのさまざまなラインナップを、もっともっと有効活用するために、ゲーリーファミリーのそうそうたる面々が基本からシークレットまでをルアマガ読者に公開しちゃいます!!

今回の解説者は#ゲーリーつり部・部長の河辺裕和さん。総帥自らお出ましの理由は、ゲーリーの新作ワーム『ヤマタヌキ』を皆さまにご紹介するためだ。

まさしく「タヌキの尻尾」な形状でプルプルうごめくヤマタヌキ。それでは、その魅力を思う存分語っていただきましょう!

解説は河辺裕和さん!

【Profile】

河辺裕和(かわべ・ひろかず)

ゲーリーインターナショナル代表。ソフトベイトゲームの第一人者であり、レッグワームやヤマセンコーなど名作の開発者としても知られている。そんな氏の手掛けたヤマタヌキには期待しかない!!

みんなの要望がカタチになった『ヤマタヌキ』

「みんなが本当にほしいのはどんなワームですか?」と、インスタグラムで訊ねたことが、『ヤマタヌキ』を作ったきっかけです。

みんなから集まったコメントをまとめると、川、池、湖と場所を問わずどこでも有効で、オカッパリで扱いやすく、そのうえ使い方が自由良く釣れるワーム(要望多過ぎw)。これを熟考し、トライ&エラーを繰り返して形にしたのがヤマタヌキなのです。

ヤマタヌキ(ゲーリーヤマモト)

【スペック】

●全長:2.5in
●重量:約5.3g
●カラー:全12色
●入り数:10本
●価格:1100円(税込み)

ボディは4inグラブのそれを極限までマッチョにして全体のバランスを崩さないようにシェイプし直し、さらにフッキングを考慮してスリットを設けました。

テールはボディのロールアクションとは別の動きと波動を出せるよう、独自の形状を煮詰めて設計しています。これにより、プルプルとした今までにない波動を生み出すことに成功。動きすぎずに、静と動の自在な演出が可能となりました。

自発的なボディロール&テールアクションと釣り人の意思をしっかりと水中に拡散する強制的ヤマタヌキ・プルプルアクションによって、どんな場所でもアプローチでき、どんな個体にも興味を抱かせる万能アイテムができたと思います。

こんな釣れるワームを作ってしまって、バスさん、ごめんなさい。

リグごとの特徴を知れば得意ワザが増えるハズ!

具体的にどんな使い方をするのかというと…

これはもうアナタしだい!! 

パッとイメージするのは、ノーシンカーでしょうか。ええ、もちろん大アリです。約5.3gの自重を生かしてのロングキャスト、フォール、ズル引き、トゥイッチ、ブレイクの傾斜や流れを利用して転がすもヨシ、ステイもヨシ。

ノーシンカーリグ(※フックはスゴイフック#1/0)

そのシルエットと高比重素材であることからシンカーとの組み合わせを敬遠しがちですが、パーツがないぶんカバー貫通能力に長けているというのもメリットのひとつ。なのでテキサスリグに仕立てると、ボリュームアピールとテールアクションで誘いをかけ、アシ際やブッシュ、浮きゴミなどといったカバー内でその威力を発揮してくれます。

テキサスリグ

また、ジグヘッドリグのズル引きではヨシノボリ系にもエビ系にも変身し、プルっとした自発的テールアクションでバイトを促します。

ジグヘッドリグ(ジグヘッドはモノガードラウンドジグヘッド[ケイテック])

フリーリグとの相性もバッチリ。シンカーが底に着いてから、ヤマタヌキは水平になり、フォールスピードの変化と姿勢変化でスレたバスをも魅了。

フリーリグ

意外に思うかもしれませんが、ネコリグにも合うんだな、コレが。フック縦付けで、テールアクションを活かした軽いシェイクが効果的、流れのなかでステイさせてテールに流れを当てると任意にプルプルアクションを発生←コレ、マジで効きます!!

ネコリグ(※フックはワイルドモスキートダブルガード#0[グラン])

ジグヘッドワッキーリグでは、頭に近い場所にジグヘッドをセットするのがオススメ。それでボトストを行なうと、ボディのロールアクションとテールのプルプルアクションの融合がYABAIデス。

ジグヘッドワッキーリグ

もちろんキャロライナリグやスプリットショットリグでも、フォール、ステイ、ずる引き、トゥイッチと、任意の操作に応じて食わせのベイトにもリアクションベイトにも成り得ます。

キャロライナリグ

さらにはスモラバのトレーラーとしてもGOOD。飛距離アップやテールアクションでかなりの効果が期待できてしまいます。

テールをカットしてイモとしても使うのもオススメ。

そしてタックルはベイトでもスピニングでもOK!!

春のオススメリグはというと…フィールドにもよるし、日並みとともにバスの状態がころころ変わる時期なので難しいところですが、あえてひとつだけ挙げるのならノーシンカーリグ、かなぁ。もうちょい季節が進めば、ジグヘッドリグも外せないけれど、ね。

なお、ネコリグやジグヘッドワッキー等、ボディにフックをチョン掛けする場合、掛ける位置で、スイミング姿勢を水平に近づけたり立たせたりできるので、まずは足元で確認してからキャストしましょう。

とにかく自由な発想で、ヤマタヌキをかわいがってくださいませ!!

ヤマタヌキの水中アクションをFacebookでチェック!

ゲーリーインターナショナル公式フェイスブックではヤマタヌキの水中アクション&リグを大公開中! ゲーリーファミリーから続々と上がってくるヤマタヌキの好釣果を確認できるほか、テスト時代の情報も!

気になる人は要チェックだ。

ルアーマガジン

ルアーマガジン

2021.04.15

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。