公式ストア

CATEGORYカテゴリ

公式ストア
ヒラメ 海釣り 高橋慶朗 ルアーマガジン・ソルト

サーフに突如現れるヒラメ釣りの好ポイント「ヘッドランド」とは? 効率的な攻め方とオススメルアーを高橋慶朗さんが解説!

ルアーマガジン・ソルト

ルアーマガジン・ソルト

2021.04.20

ヒラメは変化に付く魚。広大なサーフに突如出現する人工岬「ヘッドランド」は分かりやすい代表例だ。周囲の潮流に影響を及ぼし、エサとなるベイト(小魚)も溜まりやすく、ヒラメを狙う際のポイントとしては非常に優秀。ただし、注意点もいくつかある。

解説は「初代ヒラメ王」高橋慶朗さん!

【Profile】

高橋慶朗(たかはし・みちあき)

愛称はミッチー。ヒラメを始めとしたフラットフィッシュから、シーバス、ロックフィッシュなどあらゆるソルト魚種に精通するスーパーエキスパート。固定観念に捕らわれず、常に進化を求めるアグレッシブなスタイルに定評がある。グローブライド(DAIWA)勤務。

ヒラメ釣りの好ポイント「ヘッドランド」

ヘッドランドとは、砂浜から沖へT字型に突き出した特徴的な人工構築物のことを指す。

もともとは砂浜の侵食を食い止めるために設置されたものだが、のっぺりと広大なサーフ地帯の流れに大きな変化を生み出すため、各地でヒラメの好釣り場として実績が高い。見た目にも分かりやすい変化と言える。

左奥の消波ブロック帯とそこに連なる陸繋砂州が「ヘッドランド」。

高橋「流されてきた砂がT字の内側に溜まり、最終的には砂ごと埋没して機能を全うする。強い流れを生み出すため、場所によっては立入禁止の場合もあるので各自ご確認を。というより、砂浜から狙うほうが実はいい釣りができます」

ヘッドランドのヒラメは砂浜から釣るべし!

沖に突き出た構造物を見ると、ついその先端に行きたくなるのが釣り人のサガ。しかし、ヒラメ釣りの場合はそれが必ずしも正解とは言えない。

高橋「T字の両サイドがヨコに流れる波を集めて、タテ方向へと払い出す。ヘッドランドの周辺には、いわば人工的な離岸流が発生するんです」

離岸流はヒラメ釣りにおいて重要なキーワードだ。ベイトが沖から入り込み、それを捕食する活性の高いヒラメが差してくる場所となる。

ヘッドランドはこの離岸流を人工的に形成してくれるのだ。

ヘッドランドの両サイドではこのように潮が流れる。これら離岸流や反転流をうまく狙うのがヒラメ釣りのコツだ。

また、流入してきた砂が溜まるT字の内側はヒラメがベイトを追い上げる浅場を形成する。

高橋「茨城では両サイドの砂浜からT字の内側を狙ってザブトン(!!)を獲る例が多いですね」

こうした1級ポイントとなる潮流はヘッドランドに乗らなくても狙うことが可能だ。

高橋「確かに乗らないと撃てないような深場にもヒラメはいますが必ずしも活性は高くなく、狙いも絞りづらい。ならば浅場だけに絞り込んだほうが活性の高いヒラメがいるというわけです。ただし…」

注意すべき点もあるという。

高橋「海面上に見えるT字は氷山の一角と思ってください。水中には基礎が控えていることも忘れずに」

高橋「満潮のときにヘッドランドを見ると、T字がくっきり。しかし、タイトに狙おうとすると、ルアーは台形に水中に続く基礎の餌食になります(笑)。気をつけて!」

干潮時に形状を確認しながらの釣りがベターだ。しかしヘッドランド周辺の流れは常に強く、海難事故が起きやすい場所でもある。不用意なウェーディングは避けたい。

ヘッドランドにおすすめのヒラメルアー

強い流れを制する、強い動きと十分なウェイトが必要

高橋「流れの変化、それも強い流れの中を狙うのでミノーを軸に、ワームでもシンカーは重いほうが得策です」

高橋さんがヘッドランドで使うのは「ヒラメハンターZ120S」と「ロデム4」。ヘッドの重さは21~28gを用いるという。

フラットジャンキー ヒラメハンターZ120S(DAIWA)
フラットジャンキー ロデム4(DAIWA)

多くはこの2つで勝負が可能だが、「少し外れた沖側を狙う」際にはフォローアップとしてメタルジグが登板することもある。ジグの高い遠投性能があればヘッドランドに乗らずとも沖を撃てるのだ。

ルアーマガジン・ソルト

ルアーマガジン・ソルト

2021.04.20

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。