ライトリグ操作感に感動『スタンドアウト SOS63UL(レジットデザイン)』レジット新シリーズロッド選りすぐりインプレ



「ワイルドサイド」シリーズで大人気のレジットデザインが2021年にリリースしたバス釣り用ロッド『スタンドアウト』。価格こそワイルドサイドより安いものの、その性能が実は凄いという噂を聞きつけて、ルアマガ+のスタッフが実釣インプレッションしてきました! 今回紹介するのは、抜群の操作感でフィネスの釣りが上手くなったと勘違いしてしまいそうなスピングロッド『スタンドアウト SOS63UL』 です!


【Pofile】

フクシゲ

元ルアーマガジン編集部。ルアマガソルトに異動し、現在はルアマガ+に所属している。身長179cm体重100kgオーバーのくせにフィネスな釣りが好き。今回のインプレもそんなロッドを担当している。

ライトリグの操作感に特化!?

スタンドアウト SOS63UL

●全長:6ft3in ●対応ルアー:0.9~5g ●対応ライン:2.5~5lb ●価格:19,800円

自分が使ってみてもっとも感動したのは、ライトリグを操作したときの精度の高さでした。ルアーが意図したとおりに動くんです!

「これだけシェイクしから、ボトムでは50cmくらい移動してるかな?」みたいに、イメージの通りにリグを動かせました。

もちろん感度も言わずもがなで、この価格帯で思ったとおりに水中を動かせて水中の様子がよく分かるってとんでもないと思います!

様々なリグに対応するので、初めてのスピニングロッドでコレを選んだら、かなり長い間不満を感じることは無いと思いますよ!

ノーシンカーリグも投げやすいティップ!

ティップ部分のパワーが絶妙で、感度は高いのに柔らかい。おそらくバイトに対してもスムーズに追従してくれると思います! ここのおかげでノーシンカーリグも投げやすかったですよ!

組み合わせるリールでその性能を活かしたい

リールはレボMGX(アブ・ガルシア)、ラインはエクスレッド3.5lb(東レ)を使いました。軽いロッドに軽いリールを合わせたことで、ズル引きのときもタックル全体でボトムを感じることが出来ましたよ!



シェイクがめっちゃしやすい!

シェイクがまた快適なんです! バットからベリー部分が余計に動きすぎることもなく、ティップ部分を意識して振ることが出来ました。そのため、流行りのホバストにもバッチリでしたよ!

空気抵抗の大きいルアーは投げにくいかも

写真ではダブルハンドですが、シングルハンドでのキャストが快適でした。なお、ルアーのウェイトに空気抵抗が勝ってしまうもの(1g以下のスモラバとか)はちょっと投げづらい印象でした。

『ルアーマガジン』2022年11月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2022年11月号

今回の表紙は「る○ぶ」をイメージしています。って、言わなくてもわかりますかね(笑)。旅をテーマに特集を考えていたときに真っ先に浮かんだイメージがコレでした。楽しそうでいいですよね~。実際、内容のほうも非常にバラエティ豊かなものになっています! ガチで使えるハウツーはもちろん、冒険心をくすぐる実釣企画、たくさんのお役立ち情報…。「る○ぶ」のように皆さまを楽しい旅へと導きますよ!

  • 発売日:2022年9月21日
  • 定価:990円(税込)

ルアマガプラス