公式ストア

CATEGORYカテゴリ

公式ストア
ダブルエッジ インフィニ リューギ(RYUGI) B.A.S.Sエリート B.A.S.S. 木村建太(キムケン) オフセットフック フック 伊藤巧

“世界で活躍する”オフセットフックの次世代スタンダード『ダブルエッジ&インフィニ(リューギ)』

ルアーマガジン

ルアーマガジン

2021.06.09

本場アメリカB.A.S.S.バスマスターエリートシリーズでも活躍する伊藤巧さんと木村建太さんが、両氏のプロデュースしたリューギのオフセットフックを解説。使えばわかるその刺さり具合は、レベルの高い現在のアングラーであればすぐにわかるとふたりは口を揃えた。

ダブルエッジ(リューギ)

小さい力でもしっかり掛かる細軸ナローゲイプ

まさに諸刃の剣と呼ぶにふさわしい、攻めた軸線径とナローゲイプ。そして外向きフックポイントが特徴。遠距離やカバー越しなど、フッキングパワーが伝わりにくい状況でこそ力を発揮する。

【スペック】

●サイズ/入り数:2(8本) 、1(8本)、 1/0(8本) 、2/0(7本)、 3/0(6本)、4/0 (5本)、5/0(4本)
●価格:374円(税込み)

ダブルエッジを解説して頂くのは世界で戦う“Taku Ito”

【Profile】

伊藤 巧(いとう・たくみ)

1987年生まれ。国内外を問わず活躍し、類稀なるフィッシングセンスで世界の頂点に挑む。あらゆるタックルに対して強いこだわりを持ち、フック一本にも決して妥協しない。

理想の機能性を保つギリギリのセッティング

ダブルエッジとは“諸刃の剣”を意味する。すべての状況にマッチせずとも、このフックでないと対応できない状況は存在する。遠投した先や、カバー越しでラインが屈折しフッキングパワーが十分に伝わらないシチュエーションでも、このフックはしっかりと機能する。

伊藤「ナローゲイプなのでバルキーなワームは向かないですし、細軸なので超接近戦のカバー撃ちにはおすすめできません。しかし、中〜遠距離でのカバー絡み、オープンウォーターでの釣り。ベイトフィネスでの接近戦、スピニングでのバーサタイルなライトリグなどでは、小さい力でサクッと刺さってくれるこのフックの性能が活きてきます」

フックポイントがオープンになっているというのも大きな特徴だ。

伊藤「内向きのフックポイントだと、ラインアイが口から抜けて、ハリ先が口のまわりに刺さる。でも、外向きのフックポイントは口の中でもハリ先が立って刺さるんです。ナロー形状ですが、フック全体を綺麗な弧を描くように設計することで、力が分散されて曲がりにくくなっています。スプリングバックという、力が加わったときに戻ろうとする作用も相まって、深く刺さり込んでいきますよ」

個性的なアイテムではあるが、性能を理解すれば大きな武器になることは間違いない。

伊藤「まずはベイトフィネスでのヘビダンなどで使ってもらえたら、このフックの良さがよくわかるんじゃないでしょうか。細軸で軽いから、ワームがナチュラルに動くというメリットもありますよ。それで気に入ったら、いろいろなリグで試してもらえたらいいと思いますね」

Photo by B.A.S.S.

伊藤「遠距離やカバー越しなどアングラーが不利な状況こそダブルエッジの出番です」

インフィニ(リューギ)

美しいベンドカーブを描くオフセットの新基準

あらゆるワーム、あらゆるリグにマッチする性能はまさにオフセットの超スタンダード。刺さりと強さを両立し、フックが深く掛かることでバラシを軽減する。

【スペック】

●サイズ/入り数:2(9本) 、1(8本)、 1/0(8本) 、2/0(7本)、 3/0(6本)、4/0 (5本)、5/0(4本)、6/0(4本)
●価格:374円(税込み)

インフィニを解説して頂くのは世界で戦う「琵琶湖野郎」

【Profile】

木村建太(きむら・けんた)

ストロングかつアグレッシブなフィッシングスタイルで人気のエリートプロ。タックルプロデュースにもその才能を発揮し、リューギではピアストレブルやインフィニの開発に尽力。

あらゆるワーム・リグに対応するオフセットの完成形

インフィニが求めたのはスタンダードなオフセットフック。使用条件を選ばないワイドタイプで、フッキングのパワーロスのない形状を追求した。ハリ先が鈍りにくく剛性が高いので、超近距離のヘビータックルでのフルパワーフッキングでもへこたれない。この出来栄えには木村さんは絶対の自信を持つ。

木村「ワームはストレートからバルキーまで、リグはオフセットフックを使うものならなんでも使います。フックをセットするときは、薄皮一枚残してワームの中に平行に沿わすのがコツです。自分のオフセットフックのベースになっていて、これ以上のオフセットを作れと言われても無理ですね。やはり釣りの要はハリ。いくら良いロッドを使っても、ハリが悪ければ刺さりません。ハリがタックルバランスを左右しますから。そう言った意味で、このフックはこれまでの構造概念を覆す、進化したものになっていますよ」

プロト段階から、その異次元の刺さりに木村さんは驚いたという。

木村「TCコートとやや外向きのフックポイント、スムースなアール形状で、テストのときから驚異的な刺さり具合でしたね。今までありえなかったところにガンガン刺さるというか。やや外向きのフックポイントなのでバスの口の奥にガッツリ刺さって、一度掛かればもうバレない。使ってもらえばわかると思いますが、エグいところに刺さるんですよ。よっぽどしょぼいフッキングをしない限り刺さりますよ。これでミスしたら自分が原因です」

Photo by B.A.S.S.

木村「オフセットは一生これしか使わない、それくらいインフィニには不満がないです」

『ルアーマガジン』最新情報

『ルアーマガジン』2021年7月号発売中!

新刊情報ご案内

『ルアーマガジン』2021年7月号が発売!

毎年次々に市場へと投入される各メーカー自慢の新製品あるいは巷で話題&大人気のタックルたち。その実力のほどは正直どうなのよ? ということでルアマガ編集部がメディアの特権を乱用し、さまざまなメーカーの注目タックルを現場でがっつり使い込んできました!!
そして今、鬼のように後悔……なぜなら欲しいものだらけになってしまったからであります(半笑)。
そんなルアマガスタッフ&関係者渾身のインプレ大特集! レジェンド陸王・金森隆志さんと国内若手ナンバーワン・藤田京弥さんが火花を散らした2021陸王開幕戦もお見逃しなく!!

『ルアーマガジン』2021年7月号

発売日:2021年5月21日
価格:950円(税込)

全国の書店&釣り具店、Webストアで発売中!

ルアーマガジン

ルアーマガジン

2021.06.09

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。