春~梅雨エギングでアオリイカを釣るための基本アクション!



新年が明けて春が近付いてくると、徐々にザワついてくるのが『春エギング』。何でも春は、デカいアオリイカが釣れるらしい。でも…エギングってどうやってエギを動かせばいいの? そんなギモンを解消しつつ、今回は春~梅雨に釣るためのエギの基本アクションをザックリとお教えします!

エギの動かし方

基本は1度底まで沈めて上下のシャクリor左右のダート

エギはもともと漁具として生まれたものだが、現在のプラスチック製エギは『イカ釣り専用ルアー』と捉える方が自然で、モデルによってはさまざまなギミックが付加されている。

ただ、どのエギにも共通して言えることは、一般的なルアーと違ってリールを巻くだけでブルブル、ユラユラ動くことはなく、それだけではイカの興味を引くことはできない。釣り人自身がアクションを付ける必要があるのだ。

それぞれのエギに適した動きがあるので、コンセプトをよく確認したうえで自分のやりたい釣り方に合っているモデルなのかを確認してほしい。

シャクリタイプの特徴

アオリイカ用エギでは基本とも言えるベーシックなアクションで、上に跳ね上げる時にアオリイカに注目させ、その後沈む時にエギを抱かせるというもの。活性が高い、もしくはスレていないイカを相手にするなら、これでOK。



ダートタイプの特徴

ルアーとしての動きをより強く意識したモデルに多いアクションで、ロッドティップを下げて軽くトゥイッチすれば左右へと大きくダートし、スレ気味のイカからのリアクションバイトを誘う。沈める深さがあまり取れない、浅場でも使いやすい。

ダートエギ/シャクリエギの見分け方

釣具店などでエギを購入する際には、パッケージに「上下シャクリタイプ」「ダートタイプ」と明記されているハズだが、タックルボックスの中で混ざってしまうと見分けがつかないこともある…かも?

水切りを良くするために先端がスリムになっているのが「ダートタイプ」、一方で水を受け止めるために比較的ファットなのが「上下シャクリタイプ」だ。

上下シャクリ用エギはヘッド形状に幅があり、水を受けて上昇しやすく、沈みも遅い。一方の左右ダート用はヘッド形状が薄く、水を切り裂いて瞬時に左右へ移動する。

エギングの「シャクリ」をみっちり知りたい方はこちら!

『ルアーマガジン・ソルト』2023年1月号 発売情報

ルアーマガジンソルト2023年1月号

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン・ソルト 2023年1月号』

企画の目玉は、「アジング」と「シーバス」、そして「サーフ」の3大特集! 最新タックル情報に加え、エキスパートアングラーたちのテクニックも余すことなく紹介しています。

このほか、ヤマガブランクスのライトゲームプラッギングロッドや、モノクロページではサーフィッシング基本、ボートサワラフィッシングの基本なども掲載。エキスパートからビギナーまで納得の1冊となっています。

『ルアーマガジン・ソルト2023年1月号』は全国の書店・Web通販サイトでお求めいただけます。

  • 発売日:2022年11月21日
  • 定価:1,500円(税込)

ルアマガプラス