公式ストア

CATEGORYカテゴリ

公式ストア
バス釣り 2021秋のおすすめバスロッド祭り レジットデザイン(LEGIT DESIGN) レジットデザイン(ロッド) レジットデザイン(バスロッド) ミドスト スタンドアウト

君も専用ロッドの恩恵を感じてみないか? 『スタンドアウト SOS 65UL “Mid Strolling Special”(レジットデザイン)』レジット新シリーズロッド選りすぐりインプレ

ルアマガ+

ルアマガ+

2021.06.20



「ワイルドサイド」シリーズで大人気のレジットデザインが2021年にリリースしたバス釣り用ロッド『スタンドアウト』。価格こそワイルドサイドより安いものの、その性能が実は凄いという噂を聞きつけて、ルアマガ+のスタッフが実釣インプレッションしてきました! 今回紹介するのは、スピニングロッドでは珍しい具体的な用途のあるロッド『スタンドアウト SOS 65UL “Mid Strolling Special”』 です!

【Pofile】

フクシゲ

元ルアーマガジン編集部。ルアマガソルトに異動し、現在はルアマガ+に所属している。身長179cm体重100kgオーバーのくせにフィネスな釣りが好き。今回のインプレもそんなロッドを担当している。

ミドストスペシャルの名は伊達じゃない!

スタンドアウト SOS 65UL “Mid Strolling Special”

●全長:6ft5in
●対応ルアー:0.8~5g
●対応ライン:2~5lb
●価格:19,800円(税込み)

ベイトロッドの場合、巻き物用、カバー用、トップ用、みたいな感じでタックルごとに目的にあったものを選びますよね。

ましてボートみたいに持ち込めるタックルが多いと、ジャークベイトはこのタックル、ノーシンカーならこれ、クランクはこっちのタックル、といった具合で実質専用ロッドになっていくと思います。

ところが、スピニングロッドは皆さんどうです?

個人的には、リグを組むのがめんどくさいダウンショット用1本と、その他用で2本持ち込むことはあるにはありますが、まあ1本のことが多いんです。(ベイトの本数がかさんでその分減っているというのはあると思います)

そう考えると、スピニングロッドって、ちょっと無理くり汎用ロッドとして使われている場面が多いのかもしれないですね。

それじゃあ釣り方を特定する、専用ロッドってどうなんでしょう?

そんな疑問があって、ミドスト用ロッド『スタンドアウト SOS 65UL “Mid Strolling Special”』を使ってみたんです。

驚きでした。

それまで使っていた普通のフィネス用スピニングロッドとは一線を画していました。

もう圧倒的にミドストがやりやすかったです!

ラインが波打つように、ルアーの重さを感じないようにシェイクするとも言われるミドストですが、それが本当にやりやすかった!

ティップ(よりもっともっと入る印象です)が曲がるテンポがゆっくりになるんですよね。

そうすると、シェイクそのもののテンポもゆっくりですむわけですよ。

そしたらその分リグが沈む余裕ができるので、あきらかに浮き上がりにくく、しっかりと中層を通してこられるんです!

今まで普通のフィネス用スピニングでミドストもやっていましたが、専用ロッドの名前は伊達じゃないなとしみじみ思いましたよ。

しっかり曲がって投げやすい!

一般的なフィネスロッドの場合、ファスト~エクストラファストテーパーみたいに、ティップだけを使ってヒョイと投げるようなセッティングが多いです。でもこのロッドは、もっと根元の方まで曲がってくれる、つまりブランクス全体がしっかりと仕事をしてくれるわけでして、軽いウェイトのジグヘッドでも投げやすかったです!

専用ならではの特別な曲がり

いわゆるフィネスロッドの様にティップ先端部からスッと入る曲がりではなく、その少し後ろあたりから曲がる印象です。なので、竿が曲がっていない状況よりも、すでにロッドに負荷がかかっている状況でバイトが有ったほうが弾きにくいのかと思います。そういう意味でもこのロッドはラインスラッグのおかげで違和感を与えにくいミドストと相性がいいのだと思いました。



シャッドなんかのスモールプラグにも◎

ミドスト用とはうたわれていますが、スモールプラグにも良かったです! 特にシャッド系は巻きの釣りということで、先述したテーパーセッティングとの相性もいいと思います。ワームリグに比べるとハードルアーって抵抗が大きいわけですが、これだけ曲げやすい竿だと低弾道キャストで風の影響を抑えつつ投げられますよ!

コスパ抜群!

専用ロッドって、2本目、3本目、もしかしたらもっと遅い順番で手にするかもしれないわけじゃないですか。その理由の一つが価格だとは思うのですが、このロッドならアンダー2万円で手に入る。しかも専用といいつつ、プラッギングもできたりするわけなんです。ミドスト、ライトプラッギングと、先調子のフィネスロッドではやりくいけど覚えれば間違いなく釣果がよくなる釣りを覚えたいのなら、即買いがオススメです!

『ルアーマガジン』最新情報

『ルアーマガジン』2021年12月号は10月21日発売!

『ルアーマガジン』2021年12月号

まるでお宝鑑定団に登場しそうな、年代物を思わせる地図を前面に敷いた今月の表紙。コレ、某超メジャーレイクの湖沼図なのです。地図を見ると萌えるのは、生まれ持った人間の性。そして等深線の入った湖沼図を見ると妄想が止まらなくなるのはアングラーの性。釣行前にチェックして「ココ、釣れそー!」とイメージするだけで、眠れなくなります。バスフィッシングの基本は足元(岸際)を狙うことですが、手つかずの財宝は『沖』にあるかも! ルアマガからの、もうひとつの提案です。

『ルアーマガジン』2021年12月号は全国の書店・Web通販サイトでお求めいただけます!

●発売日:2021年10月21日
●定価:950円(税込)

ルアマガ+

ルアマガ+

2021.06.20

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。