公式ストア

CATEGORYカテゴリ

公式ストア
エバーグリーン(EVERGREEN) 2021秋のおすすめバスロッド祭り バス釣り ルアーマガジン エバーグリーン(ロッド) エバーグリーン(バスロッド) 編集部インプレ 菊元俊文

巻きも撃ちもこなす“新機軸”ベイトフィネスロッド『コンバットスティック・オライオン OCSC-67ML デジェル(エバーグリーン)』【菊元俊文バスロッド最高傑作をインプレ】

松島秀樹

松島秀樹

2021.06.22



2020年にエバーグリーンインターナショナルから発売されるや、約7万円というハイエンド価格ながらあっという間に初回生産分が完売してしまったという驚異のバスロッド『オライオン』。菊元俊文さんがその持てる知識と経験を総動員した『オライオン』から5本をルアマガ編集部でお借りしてインプレしてみたぞ! 前回までの2本はパワーゲームスペシャリティだったけど、今回登場するのはオライオン的ベイトフィネスの解答だ。

インプレするのはこの4人!

【Profile】

カミィ

フライフィッシング、エリアトラウト、デイナマ、キャンプ、マラソン、さのまる……と興味の方向性が多岐にわたる本誌編集長兼サブカル男子。先日ロケ中に負傷した足をおしての気合の参戦。バス歴30年。

【Profile】

マツ

近所の江戸川ちょい釣りを加えると、去年の年間釣行日数は80日をオーバー。今年もすでに35日に達しているが……それでもなお関東で50アップを釣ったことがない記録を更新し続ける永遠の中級者。バス歴40年。

【Profile】

ティーチャー大場

バスフィッシングが好きすぎて、昨年、10年勤め上げたまっとうな職からルアマガチームに逆ビズリーチしてしまった熱血漢。陸王ダービーにも参戦しており、休日のほぼすべてを釣り場で過ごす。バス歴15年。

【Profile】

マイケル

冬はエリアトラウト、シーズン中は時間があれば琵琶湖に浮きまくる、「釣り雑誌の編集者は釣りしてナンボ」を地で行くルアマガプロデューサー。最近は東京湾のキビレゲームにもご執心なようす。バス歴35年。

巻きも撃ちもこなすベイトフィネス機正体は攻めのライトウエイトバーサタイル

インプレ第3弾は『オライオンOCSC-67MLデジェル』。

オライオンには6ft7inの長さで、ML、ML+、Mの3モデルが用意されています。全長が同じでも、たとえばL、M、Hといった具合いにアクションの振り幅が広ければ、用途や使い分けもはっきりと異なってくるでしょう。でも、オライオンのロクナナ・ラインナップの場合、パワー表記を見る限りそれを数字で表すなら1段階ではなく0.5段階で刻んでるようなイメージ……それぞれに明確な違いはあるのでしょうか? そのあたりもきっちり検証すべく3本すべてをエバーグリーンさんからお借りして現場に持ち込み、使い込んでみました!!

『オライオンOCSC-67MLデジェル』

●全長:2.01m
●継数:1
●標準自重:106g
●パワー:ミディアムライト
●ルアー範囲:3.5~21g
●ライン範囲:6~16Lb
●価格:69,300円(税込)

ティーチャー大場「今回テストした5本のうち、一番欲しいのがコレです

このロッドの1番のおすすめポイントはシャッドや小〜中型ミノーのトゥイッチやジャークでの操作性の高さ! これを可能にしているのはレギュラーテーパーに設定されたMLパワーのブランクス。これってもしかして…私が溺愛しているメガバス・ワンテンスティックF4-66(Mパワー・レギュラーテーパー)をよりライトに寄せたようなロッドじゃないか! と気付き、妙に納得。

マイケル「ベイトフィネス系だけど、ワームよりハードルアーの釣りに使いたい

ミディアムライトでややレギュラーテーパーな感じです。ワームならノーシンカーや1/8~3/16ozのテキサス&フリーリグ&リーダレスダウンショット。込み入ったヘビーカバーの中を釣るというよりはボトムの変化やウイードを釣る感じかなと。3/8ozまでのハードルアーを巻いたりトゥイッチしたりに向いてると思います。シングルハンドで振り抜ける長さとテーパーなので、ハードルアーを投げるのも楽しかったです。ふつうならキャストにコツがいる軽めのポッパーも、ティップが曲がってしっかり乗せてくれるのでラクに投げられましたよ。

カミイ「スモラバはさすがに無理でしょ…と思いきや、いい意味で予想を裏切ってくれました

1.8gのスモラバを合わせてみたら、これがふつうに使える! ボートゲーム想定になるけれども、ピッチングもキャスティングもこなしてくれる。とくに、ライトラインとの相性はよく、よく飛んで感度も冴えて、タックルバランスの重要性を感じさせる。また、小型プラグが使いやすく、小さすぎるか…と思ったドゥルガがベストマッチ! 巻き感度はいわずもがな。ノリの良さを試せてないのが残念…。

マツ「ロッドワークが気持ちいい竿

95mmのハードコアミノー“flat”が、実にリズミカルに、テンポよくトウィッチできる! という点でティーチャーと意見が一致。それはバットがしっかりしているから。ベイトフィネスモデルと謳っているけれど、対応ルアーの幅はあまりにも広い。食わせの釣りが中心になる釣り場なら、これ1本で事足りるはずです。



『コンバットスティック・オライオンOCSC-67MLデジェル(エバーグリーン)』インプレまとめ

1.3gスモラバ+トレーラーのベイトフィネスから3/8ozスピナーベイトの巻きの釣りまで…ライトウエイトルアー全般に優れた適応力を発揮しながらも、すべてをアングラーの意のままに操る攻めのベイトフィネスを完遂するためのロッド…これがエバーグリーン公式サイト上での紹介文。 

ハッキリいって、このうたい文句に嘘偽りはございません。「テクニカル」という言葉がぴったりなベイトフィネスロッド、それが『デジェル』なのです。

次回はロクナナ(6ft7in)シリーズ3本のうちパワー表記で真ん中に位置する『コンバットスティック・オライオン OCSC-67ML+ライトニングストライク』のインプレです。乞うご期待!

『ルアーマガジン』最新情報

『ルアーマガジン』2021年10月号は8月20日発売!

『ルアーマガジン』2021年10月号

『ルアーマガジン』2021年10月号は、ローカルに収まらないニッポン代表タカシカナモリ! 艇も上手いがやっぱり陸!! ということで、地元中国地方でオカッパリをしてもらうと……こんなグッドルッキングバスを釣ってしまうんですね。カメラマンが半身水浸しになって捉えた歓喜の渾身カット、いかがですか?

『ルアーマガジン』2021年10月号は全国の書店・Web通販サイトでお求めいただけます!

●発売日:2021年8月20日
●定価:950円(税込)

他のオライオンロッドインプレ記事ははこちら!

エバーグリーンの情報一覧

多くのレジェンドアングラーが参画した数々の名ルアー・名ロッドを排出。また、シーバスやエギング、ライトゲームなどソルトルアーフィッシングシーンにおいても常に話題となる老舗ルアーメーカー。エバーグリーンの情報一覧はこちら!

詳しくはこちら

松島秀樹

松島秀樹

2021.06.22

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。