スピナーベイトとブレーデッドジグ(チャター)それぞれの特徴とその使い分けは? 【バス釣り初心者必読|菊元俊文直伝Q&A! 特選一刀両断】



ルアーマガジン本誌で最長期連載を誇る「菊元俊文のQ&A一刀両断」コーナーから、選り抜きの名回答をお届け。特に初心者にピッタリなクエスチョンを菊元俊文さんが一刀両断! 今回はこれから訪れる巻き物シーズンで気になる話題。スピナーベイトとチャター系の使い分けを菊元さんが解説!

【Profile】

菊元俊文(きくもと・としふみ)

『SOUL OF BIG BITE』をキャッチフレーズに、ダイナミックなバスフィッシングでマグナムサイズを追求する、魂のアングラー。1997年初代JBワールドシリーズチャンピオン以降コンペティターとして活躍。現在はトーナメントを離れTVや雑誌などで、そのストロングスタイルを伝道中。大阪府出身、エバーグリーン開発スタッフ。

Q Dゾーンとジャックハンマーの使い分けを教えてください

根がかりのしやすさと水色が使い分けのカギ

スピナーベイトの『Dゾーン』とブレーデッドジグの『ジャックハンマー』の一番簡単な使い分けは、引っかかるものがあるかないかです。 

モード Dゾーン(エバーグリーン)

実戦で磨きこまれた 釣れるスピナーベイトの代名詞

清水盛三さんがプロデュースした名作スピナーベイト。破損の可能性よりもでかバスの実釣性能を追い求めた競技モデル。

水中に見えない枝があるような時、キンチャクの際、あるいは浮きゴミの際、まばらなアシの隙間などはDゾーンの方が根がかりのストレスが少なく使いやすいです。素早くバンクをサーチして行きたい時は、Dゾーンの方がキャストに自信がなくても根がかりなどは少ないと思います。また岩などのハード系の障害物や杭などに当てて、ヒラウチさせてリアクションバイトを狙うのもDゾーンの得意技です。

Dゾーンに限らず、スピナーベイトは一定の速度で巻くのが基本になります。風が吹き出したタイミング、カレント(流れ)が出だしたタイミングなどはDゾーンが威力を発揮することが多いです。シャローをテンポよく、岸や障害物ギリギリを狙う時には極力着水音を消すキャストを心がけ、巻き始めでのバイトを狙います。

また表層がよくない時にはDゾーンを時折ボトムに当てながらのスローローリングなどで使うこともあります。

モード ジャックハンマー(エバーグリーン)

本場アメリカでも高い人気を誇るブレーデッドジグの決定版

清水盛三さんとアメリカ・トーナメントプロのブレット・ハイトが生みだしたブレ―デッドジグ。本場のトッププロにも愛用者は多い。

一方、ジャックハンマーはDゾーンより根がかる心配がない場所で使いますが、カッ飛んで食わせるパワーを持ったルアーだと思っています。ジャックハンマーは比較的速いリトリーブに対しても直進性が高いブレーデッドジグなので、「ここで食わせたい!」という時にリーリングを速巻きにチェンジしたり、ロッドワークでジャークすることでイラティックアクション(いわゆるチドる動き)を演出するのも有効です。

またグラス(ウィード)などを切る時の飛ぶ不規則で瞬発的な動きでもバイトを誘ってくれます。

Dゾーンは一定速度で巻くことがほとんどで、モノに当ててリアクションバイトを誘う動きを出します。対してジャックハンマーでは時折、急に早く巻くことで飛ぶ(抵抗が消えてフッと違う方向へ飛ぶ)動きでリアクションバイトを誘えます。モノに当てずに不規則な動きを出せるのです。

またピックアップ寸前でジャックハンマーの軌道が上方向へ差しかかった時にボート際の足元でバイトすることも多いので、最後まで気を抜かないようにしましょう。

ジャックハンマーもDゾーン同様、風、カレント発生のタイミングで爆発力があります。また普段クリアな場所が濁った時には強烈な波動が物凄く効くイメージがあります。特に大雨の後で普段ほぼ流れていない小さな流れ込みから、濁った水がドバドバ出ているような時はジャックハンマーがいい感じです。菊元的には濁りにはジャックハンマーの方が実績が高いです。 

逆にDゾーンは僕が「ジャックハンマーを使うにはクリア過ぎるかな」と思う水色ではよりバイトを誘えると思っています。超が付くほどクリアな場所では見切られないためにあえてDゾーン3/4ozを速巻きガーグリングで使うこともあります。

さらに、新しく出たジャックハンマーステルスブレードは動きの強さを抑えたモデルなので、クリアウォーターでも効くと確信しています。またDゾーンも動きの強いインディアナブレードモデルは、より濁った水で効果を発揮します。

ブレーデッドジグ(チャターベイト)であるジャックハンマーは、強い波動と意図的に園主できるイレギュラーなアクションが持ち味。


関連記事はコチラ

『ルアーマガジン』2022年11月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2022年11月号

今回の表紙は「る○ぶ」をイメージしています。って、言わなくてもわかりますかね(笑)。旅をテーマに特集を考えていたときに真っ先に浮かんだイメージがコレでした。楽しそうでいいですよね~。実際、内容のほうも非常にバラエティ豊かなものになっています! ガチで使えるハウツーはもちろん、冒険心をくすぐる実釣企画、たくさんのお役立ち情報…。「る○ぶ」のように皆さまを楽しい旅へと導きますよ!

  • 発売日:2022年9月21日
  • 定価:990円(税込)
ルアマガプラス